【マジキチ】小学生の時、叔母(28)とお風呂に入った結果→衝撃の結末が・・・・・・・・・・・

【体験談】投稿者男性が初体験した時の話。小学生の時に叔母が法事で家に泊まりに来る。お風呂で背中を流して欲しいと頼んでくるのだが、この話にはとんでもない裏が・・・。

僕が始めてセックスをしたのは小学5年のときでした。
我が家で法事があることになって、そのおばさんは三日ほど前から家に泊まりにきていました。
おばさんの名前は彩香。

独身でしたが、彼氏はおり、当時28歳くらいでしょうか。
水商売をしていると聞きました。
その日は僕以外の家族は買い物にでていました。
おばさんがお風呂にはいっていました。

そしておばさんが僕をよびました。
「けんちゃん、背中洗って」というのです。
僕は恥ずかしかったけど素直にお風呂に行きました。
「ばかね、裸になってきてよ」と笑いながらいいました。

僕は裸になって腰にバスタオルをまいてお風呂にはいりました。
おばさんがせなかを向けていました。
「おねがいね」とにこにこしながらいいました。
「は、はい」
僕は初めて見る大人の女性の体に興奮しました。

振り返ったときにおばさんのおっぱいのふくらみがみえ、僕の息子は興奮してしまいました。
僕はそれをきづかれまいとして、あわてておばさんの背中に石けんをぬって、背中を流してあげました。
背中越しにちらちらみえるおばさんのおっぱいのふくらみをみて、僕の息子は興奮したままでした。

「ありがとう、今度はけんちゃんの番ね」
おばさんはそういってくるりと立っている僕のほうへ向き直りました。
おばさんの顔がタオル越しにテントを張ってる僕の息子の目の前にせまりました。
「ふふ、どうしたのかな」っていいながら、おばさんは僕の腰のタオルをとってしまいました。

僕の精一杯勃起しているけれど、まだ亀頭の先だけ顔出している息子がおばさんの目の前にあらわれました。
おばさんがにこっとしながら、それを口にふくみ、舌でちろちろしました。
僕はうまれて初めての快感が体中を襲ってくるのを感じました。

「ああ、だめ、でちゃう」
「いいのよ、このまま出して」
「ああ。だめー、おばさん、ごめん」
僕の体を快感のしびれが電撃的に襲いました。
どびゅっつ、息子の先からはじめて精液が発射されました。

げほっ、おばさんはその勢いがあまり強かったのでむせて、僕の息子がおばさんの口を離れた瞬間、第二弾がどびゅっ、どびゅっとおばさんの首から胸へかかりました。
僕は気持よくて放心状態で立っていました。

「こんなにすごいなんて、さすがね」とおばさんは、にこにこしながら、僕の手をおばさんの胸にあてました。
とてもやわらかいふっくらとした胸でした。

「ね、前のほうもあらって」
おばさんは精液のついた首筋から胸をあらうようにいいました。
僕はあわててタオルでおばさんの体を拭き始めました。

「そうそう、もっと下までふいて」
おばさんは僕の手を胸からおへそ、そしておへその下の黒いしげみに導きました。
「みたい?」
おばさんは僕の耳元でささやきました。
僕はぽーっと体中が赤く熱くなるのを感じました。

おばさんは両手をうしろについてM字型の両足を広げました。
僕の目の前に黒い茂みの間のたわしのようなあそこが現れました。
僕の息子は一気に固くなりました。

妹とは幼稚園までお風呂一緒にはいっていましたからみていましたが妹の直線的なピンクのそれとちがって、たわしの間の赤貝が古い刺身のような色をしていました。

おばさんは、赤貝を自分の指で広げました。
なかからつやつやしたまるいピンク豆があらわれ、そのすぐ下に小さな穴らしきものがあり、そのすぐ下にピンクの襞でおおわれたオマンコがあり、そのすぐ下にお尻の穴がみえました。
おばさんはオマンコを広げました。

妹のは穴があいてるだけでしたがおばさんのはピンクの襞がごちゃごちゃしていて中がみえませんでした。
おばさんのオマンコをみていると、僕の息子はますますいきりたってびんびんに固くなってきました。
「いれていいよ」
おばさんは、オマンコを僕のほうへずずっとよせてきました。

向かい合って座るかたちでオマンコへ僕のチンポをちかづけていきました。
僕のチンポをおばさんのオマンコにいれようとしましたが小さいのと角度が悪くてなかなかはいりません。
「じゃあ、そこに横になって」
おばさんのいうとおり僕は風呂マットに横になりました。

おばさんは僕の上にまたがるようにしてのっかりました。
するっつと僕のかわいいチンポがおばさんの中にはまりました。
ああ、僕はおばさんの中がこんなにあたたかいものとは知りませんでした。
おばさんが腰を大きく動かすとすぐに抜けるのでおばさんは腰をぐりぐり廻し始めました。
しばらくすると、とてもまた気持ちよくなってきました。

「ああ、でるー」
「いいのよ、そのままだして」
「ああっ」
僕の体をふたたび電撃的な快感が襲いました。

どぴゅっ、どぴゅっ。
僕のチンポはおばさんの中で何度も何度も痙攣し果てました。

僕は快感の波にゆられて横になったままでした。
しばらくそのままにしていたおばさんは、僕にキスしてから、僕のからだ全体をやさしくキスしてくれました。
やがて僕のちいさくなったチンポをまたやさしくなめはじめました。

くすぐったい気持がだんだんと気持ちよい快感にかわっていきました。
おばさんは向きを変えてお尻を僕の顔にむけました。
オマンコが目の前に来ました。

「なめて、けんちゃん」
僕はおそるおそる黒い毛に囲まれたオマンコに口をあて、舌でなめました。
「もっと奥までなめて」

僕はオマンコの中へ舌をさしいれるようにしてピチャピチャなめました。
僕の舌に栗の花のような匂いのする液がからみつきました。
僕の精液でした。

おばさんのオマンコから愛液とともににじみ出てきたのです。
僕は夢中でおばさんのオマンコをなめました。
僕のチンポがまたむくむくしてきました。
おばさんが今度はマットに横になりました。
そして両足を広げて、僕の両肩にかけました。

「こんどははいるわよ」
僕はおばさんのオマンコにねらいを定めて、ぎんぎんにいきりたったチンポをあてがいました。
もうぼくのチンポは皮をかぶってはいませんでした。
いきりたったチンポがおばさんの中にめりこんでいきます。

またおばさんのあたたかいオマンコの中にはいったのです。
今度は僕がピストン運動をしました。
かなりながくもったと思います。

すりむけるような感じがするくらいまでピストン運動をしました。
やがて三度の快感がやってきました。
どぴゅっどぴゅっとチンポが痙攣しました。
が、さすがに空うちでした。
でもとても気持よかったです。

こうやれば妹ともできるなと思いました。
そうこうしているうちに家族が帰ってくる時間になったので身支度をととのえました。

「絶対に誰にも内緒よ」
「は、はい」

おばさんとはその後、いっぱいえっちの仕方や愛撫の仕方などいろいろおそわりました。
ただ、全部なかだしでしたので僕のあかちゃんを妊娠しました。

僕はおばさんに謝りましたが、おばさんはこれで結婚できるからと笑って許してくれました。
1年後、おばさんは彼氏と結婚し、あかちゃんをうみました。

あかちゃんをうんだ後、また、おばさんと僕は関係を持ち、本当のことを話してくれました。
彼氏が結婚してくれないので、できちゃった結婚を狙ったそうですが、彼氏はたねなしの可能性があり、彼氏と血液型が一緒の上、子供の頃のすがたが似ていた僕の精液であかちゃんをつくってできちゃった結婚に持ち込んだそうです。

でも、おばさんは僕のことも大好きだよ、このあかちゃんはわたしとけんちゃんの大切な子供だよといってくれました。
僕はじぶんがおとうさんになった自覚はありませんが、とてもうれしかったです。
それからまたすぐにおばさんは妊娠し、あかちゃんをうみました。

その後、おばさんは子供を家に預け、彼氏とどっかに行っちゃいました。
なので僕は妹と近所の綺麗なお姉ちゃんとセックスしています。
二人とも処女でしたが、僕がしっかりとセックスを教えてあげました。

学校が帰ると三人で子供の世話をしています。
最初、この子達が僕とおばさんの間に生まれて子供だと知って驚いていましたが今はいっぱいかわいがってあげています。

おばさんは二、三ヶ月に子供の様子を見るために帰ってきます。
子供の様子を見た後は僕となかだしセックスをいっぱいしてまたどこかへいっちゃいます。

 

管理人のたわ言(´・ω・`)
最後おかしいだろwなんで子供置いていくんだよ・・・。

コメントを書く