【衝撃】ぽっちゃり好きの俺が興味本位で出会い系で自称「激ポチャ」の女と会った結果・・・・・・・・・・・

【体験談】出会い系のプロフを甘く見てはいけない・・・

出会い系で女性と待ち合わせた投稿者。ぽっちゃり女性が好きなのでプロフィールで「激ポチャ」の女を選んだ。太った女性を見て探す。しかし待ち合わせ場所に来たのは想像を絶する女性だった・・・。

その女は「テル」といった。
出会い系で知り合った。

プロフィールでは「激ポチャ」とあった。
おれは、まあ、普通に「太っている」のを大げさに書いているのだろうと思っていた。
好みとしては、どちらかというとぽっちゃりした女なのだ。

駅前のコンビニで待ち合わせた。
「別イチ」で話はついた。

おれは、約束の時間より少し早めに駐車場に車をつけた。
ミラー越しに、どんな女が来るのか探していた。

「あれか?」
まあそこそこ太目の女が歩いてくる。
「あれくらいなら許せるな」
しかし、その女はわき目も振らず、通り過ぎていった。
「違ったか」
反対方向から、原付に小錦が乗っかったようなのが来た。

「あ、あれかぁ」
サドルというのか座席が肉に隠れて見えない。
原付が、痛ましいくらいに思えた。
コンビニの駐輪場にすいっと止まって、肉が降りた。
おれは、逃げたかった。

ヘルメットを取るというより、覆面レスラーよろしく面を剥ぎ取るように顔があらわれる。
「痩せてれば、美人なのになぁ」
残念である。
お肉がおれの車のほうに、ためらいもなくやってきた。

「こんにちはぁ」
「あ、どうぞぁ」
ドアをあけて、テルさんが入ってくる。

「おじゃましまぁす」
ずしっと、車が傾いた。大丈夫だろうか・・・
周りの客も怪訝そうに見ているではないか。
早く出発しよう。

「じゃあ、行くね」
「はい」
車は重そうに発進した。

「南インターのほうでいい?」
おれはホテル街のある場所を訊いてみた。
「まかせるわ」
「じゃ」

しばらくして、
「あたしね、逃げられちゃうことも結構あるのよ」
「はぁ」
「こんなデブ、嫌だよねぇ」
「そ、そんなことないですよ。おれ、ぽっちゃりしてるの好きだから」
限度があるっちゅうに・・・口は、しかし、適当なことをしゃべっている。

「ちなみに、何キロあります?」
余計なことを・・
「ふふ、何キロあると思う?」
大きな目でいたずらっぽく反対に訊かれた。

「そ、そうねぇ、100キロくらいか・・な」
「ブッブー」
「多かった?」
「遠慮しなくていいのに。120キロちょい越え」
あわててブレーキを踏みそうになった。

話題は豊富なほうで、おしゃべり好きだった。
これで暗い子なら、どうしようかと思った。

あけすけというか、自信を持ってるんだろうな、そういう意味で好感が持てなくはなかった。
とはいえ、どうやって「いたす」のか?
普通の体位は無理そうだった。

「まあいいや、なんとかなるやろ。何事も経験や」
そう自分に言い聞かせていた。

行きつけのホテルのノレンをさっさとくぐって、隅のほうに車を停めた。
今日は、幸いすいている。
彼女が降りると、車が伸びをしたように傾きが元に戻った。

 

「行こうか」
「はい」
精一杯、かわいく装っているではないか。

おれは一番手ごろな部屋を選んだ。
こういったホテルのエレベーターは狭い。
彼女が乗ってブザーが鳴りはしないかと気が気ではない。
大丈夫だった・・・

狭い間口を、おれが先に入った。
後ろから肉をこすりつつ、押し込んでくる。
靴を脱ぐシーンなど見る気もしなかったので、さっさと部屋に入った。

「ふぅ。やっと」
テルは、赤い顔に玉の汗を浮かべて部屋の間口で仁王立ち。
ひっつめ髪と濃い眉が印象的で、どこかタヒチの女を髣髴(ほうふつ)とさせた。

「ゴーギャンだね」
「あたし?言われるよ。よく」
「知ってるの?」
「絵は見たことあるわ」
少しは学があるのかもしれない。

「お風呂するわ。座ってて」
バッグをソファに置くと、テルは体をゆらして消えた。

風呂の湯が張られる間、テルとベッドにならんで座り手をもてあそんだ。
さほど大きな手ではなく、ただやはりまるっこい指で短かった。

熱いくらいの体は、触れなくても熱気を発散している。
テルは気持ちが盛り上がってきたのか、キスを求めてきた。

おれは、厚い唇に自分のそれを合わせた。
タバコの香りがする口だった。
喫煙するとプロフィールにあったっけ。

口の中は舌で隙間がないくらい詰まっている。
とにかく、肉で充満している体のようだ。
テルの手がおれの股間に伸びる。

「硬くなってるね。あたしだと立たない人もいるんだよ」
なんか、よほど好き者だと見透かされたみたいで恥ずかしかった。

「うれしいよ。あたし。こんなに硬くしてくれて・・・」
続けてそう言ってくれた。

「おれの、小さいだろ?」
「ううん、そんなことないよ。十分だよ」

低い声で、ほめてくれてもうれしくないが。
「お風呂、止まったね。入ろう」
おれは、テルから離れた。

先に入って、湯船で温まっていると、どかぁんという感じで肉塊がバスルームを侵害してきた。
裸体とは思えなかった。
何か、別のオブジェのようだった。
間接照明に照らされて、その陰影が浮かび上がる。

「シャワーするね」
どこを洗っているのか俄かにはわからなかった。
肉と肉のあいだの皺を洗っているらしい。
どこが谷間で陰部なのか?
お乳も巨乳には違いないが、胸囲なのかもしれなかった。
乳輪は濃かった。

「いっしょに入っていい?」
無理だろう。
「ああ」
足が上げられ、バスタブの縁をまたぐときに、陰毛に飾られた裂け目を垣間見た。

腰を下ろすが、湯があふれ出て、変わりに肉の風呂と変わり果てた。
おれは隅におしやられ、つぶれそうになっていた。
「やっぱり、だめね。上がろう」
いまごろ、そう言われても。

バスタオルで体を拭いてやった。
おれは、力士のしたく部屋で横綱の世話をする下っ端という感じだった。
「ありがと。助かる」
「どういたしまして」

とにかくベッドインした。
山に登る感じで、腹に乗っかった。
そしてキスを交わした。
トトロとメイの一シーンが脳裏をよぎった。
乳首に吸い付き、しゃぶった。
テルが跳ねるように身をよじらせる。

「ああん、いい」
落ちるよ・・・おれはしがみついていた。
大波のように肉がうねるのだ。
体位を入れ替えて、クンニをしてやることにした。
舐めるべき目標を見失いそうだ。

頭を挟まれたらひとたまりもない巨大な腿(もも)。
そこに果敢にも頭をつっこんだ。
きれいにしているのか、思ったほど匂いはなかった。

舌を伸ばしても届かないところに、クリがあった。「谷間の百合」だ、まったく。
「もっと足を開いて」
そういうしかなかった。
ぱっかりと開かれ、おれは楽になった。
べろ、べろと舌を大きく使って、陰裂を舐めあげた。

「うあっ。気持ちいい。いっちゃう、いっちゃうって」
吠えるような太い声でテルが訴える。
もう、登り詰めているのか?

「も、もう入れてぇ。あんたの太いの」
AV女優みたいな台詞を吐いた。
おれは、立ち上がって、薬で硬くしている自慢のペニスをぽっかり空いた洞穴に差し込んだ。

「いやぁん、入ったぁん」
粘っこい語尾でテルがよがる。
下付きなので、正常位は抜けやすい。
何度も外れた。
「ば、バックでいいかな」
「あたし、バックのほうがいい」
と、言うではないか。

テルも寝返りをうつように返り、巨大な尻をおれに向けた。
バックがいいとは言っても、この尻肉を押し広げて、腰を入れなければならない難関が待ち構えていた。
おれの粗末なペニスでは届かないんじゃないか・・・
行くしかなかった。

「来て。早く」
「う、うん」

先が膣に触れた。
もっと、押し込まねば。
何とか入った。
すっごく締まる。今まで寝た女の誰よりも。
名器だった。

「ああ、入ってるわぁ。奥まで」
お世辞かもしれなかった。
おれは、それでも、締まりを堪能すべく、ゆっくり動いた。

「あっ、あっ、いい、そこ、すごく・・」
テルの息が上がってきている。
本当に感じてくれているようだ。

じゅぶ、じゅぶとテルの穴から粘液があふれてきていた。
まだ三十半ばだと言っていた。
体は熟れて、一番いい時のはずなのだ。

おれは、肉に差し込んでいた。
動きをどんどん激しくしていった。
ペニスが痛痒くなるほどに。

それほど、テルはぎゅうぎゅうと絞ってくるのだ。
「あ、おれ、やばいかも」
「外、外にお願い・・・」
コンドームをしていなかったから、当然の要求だった。

こんなのを妊娠させたらえらいことになる。
すんでのところでおれは腰を引き、テルの背中めがけて放った。
あまりの快感に、かなり長く放出した。
テルの広い背中に二本の白い筋が走った。

「あはあ、出たぁ」
おれは、後ろに正座する形で虚脱していた。
汗まみれで。
テルはというと、べったり伸びて、枕に顔を押し付けて、ときおり、ひくっと振動していた。

回復するまでしばらく飲み物を飲んで感想を述べた。
「よく締まるいいおめこだったよ」
「そうお?」
「言われない?」
「あんまし・・・」
「彼、いるの」
「うん」
意外だった。いるのだ、こんなデブ好きなのが。

「彼、知ってるの?こんなこと」
「知らないと思う。お小遣いがいるのよ」
「わかるけど」
「あたしね、猫をたくさん飼ってるから、えさ代とかいるのよ」
やさしいところがあるのだ。
捨て猫を放っておけない性格なんだとか。

「ね、もう一回」
テルから、求められた。
「おれ、まだ小さいまんまだよ」
「なめたげる」

テルのフェラがまた上手だった。
おれは、今度は寝ているだけなので、楽だった。
肉のいっぱい詰まった口で舐められるのは最高だった。
動く膣だ。まったく。
すぐにおれは硬くなった。

「どう?」
「うまいよ。どこでそんな」
「彼に教えてもらったの」
「うらやましいな、そいつ」
「うふふ」

彼なんて、うそかもしれない。でもいいじゃないか。
「そろそろ、いいんじゃないか。口に出しちゃうよ」
「そうね」
「上に乗らないか」
われながら、無謀なことを言った。

「だめ、だめ。つぶれちゃうよ。120キロなんだから」
「そうだった」
「さっきみたく、バックからお願い」
「じゃ、そうしよう」

すばやく、テルは四つんばいになって、尻を向けた。
慣れたおれは、尻肉を左右に手で広げて、上を向いた分身を宛がった。
ずぶり・・・
簡単におれを飲み込む、やさしい怪物。
「はうん・・・」
低いうなり声が枕のほうから聞こえた。

余裕でおれは突き上げた。
少々、乱暴なほうがいいらしい。
ばんばんと肉が当たる音がするくらい、激しく打ち込んだ。

「ぎゃっ、いぐっ。いい、ああ、たまんないっ」
「ほら、ほら、どうだ」
「もう。だめ」

びくびくと肉の筒が振るえ、ペニスをつかむように絞ってくる。
未婚だからか、そんなに内部が広がっていないのだ。
太っていても、膣は普通の女と変わらない。
しかし、周りに充満した肉が絶え間ない圧力を加えてくるのだ。

やはり、名器に分類されるだろう。
デブ専は、これだからやめられない。
後ろからでは難しいのだが、できるだけ密着して腕を伸ばし、乳房をもみしだいた。

「あっ、くっ、やだ、いっくぅ」
びくびくと体を撃ち震わせて、テルが一瞬硬くなった。
おれも限界が近かった。
ペニスに集中して、腰を入れる。
ずっぽ、ずっぽ、ずっぽ・・・

「だめ、もう、だめぇ!」
「いくぞ、いくぞ」
「中は、だめよ、中はぁ」
「わかってるって」

しゅぱぁっと、ペニスを肉塊から抜きざまに薄い精液を撒き散らした。
震える尻肉に飛まつが散った。

もう、しません・・・

 

管理人のたわ言(´・ω・`)
わろたw

コメントを書く