【驚愕】教え子と浮気していた妻にマジキチすぎる制裁・・・・・・・・・・・・

【体験談】高校生の家庭教師をする投稿者の妻。真面目そうな学生だったので大丈夫と思っていたがある日いつもより早く帰れる日があったのでこっそり帰り覗いてみると衝撃の光景が・・・。

piza

私は孝弘、45歳になるサラリーマンです。
妻はるり、37歳で家庭教師ををしています。

結婚して10年を越えたころですが、子供はいません。
2人で暮らしています。

いちおう仲良く生活しているとお互い思っています。
ただ、性生活は最近淡白で、月1,2回程度義務的な行為になっていました。

お互い仕事していて、私のほうは年齢的に役職もつき帰りが遅く、それどころではないということも原因の1つではあります。
妻は、今は曜日で高校生2人を教えています。

週2回づつ4回教えています。
1人は女子なのですが、1人は男子を教えていて、しかも2人とも私の自宅に通ってきています。
つまり、その間、妻と男子高校生は2人きりなのです。

幸いその生徒はまじめそうな子で、ちょっと安心していました。
しかし、その安心が崩れ去ってしまったのです。

ある日、いつもより早く帰れる日があり、びっくりさせようと黙って帰ってきました。
でも本当は彼と何かなっていないかをこっそり確認しようと思っていたこともありました。
帰ってみると、やはり、彼の靴が玄関にあり、来ていることは確認できました。

私はいつも勉強に使っている部屋にこっそりと向かいました。
そこには見てはいけない光景がありました。
もちろんこんな早く帰ると思っていないようで、部屋の扉は開いています。

私は息を潜め隣の部屋に行き、そこからベランダへと進みます。
2部屋がベランダでつながっており、カーテン越しに様子を確認しました。

彼は、裸にされ椅子に固定され両脚を広げていました。
その間に食いつくようにこれまた裸の妻が、彼の立派なちんちんを奥深く咥え込んでいました。
一生懸命に絶える彼と、幸せな表情で咥え込んでいる妻を見て、私は怒りより、興奮していました。

しかし、ばれないように声を上げることなく、様子を見続けることにしました。
結果予想通り、この後彼のおちんちんを妻は、おまんこに迎え入れ、2人は果てていきました。
私は気づかれないように、外へと出て行き、彼が帰るのを待ち、帰宅しました。

私は、ひょっとしたら、今日1日のことかもと思い、様子をさらに見ることにしました。
次の彼の日には、隠しカメラを用意し、後でじっくり確認することにしました。
最初の1時間は、普通に勉強していましたが、その後突如この間と同じ様なことになってきました。

妻がまず、彼を裸にしていき、それから、彼が妻を裸にし、この間と同じ行為が繰り返されていました。
私は、妻に罰を与えることを決意しました。
それは、この前の興奮というより、さすがに怒りが上回ってしまったのです。

私は、計画を立て実行に移しました。
もちろん2人の家庭教師の仕事については、私から、丁重にお断りし、2度と来ないようにしました。

さらに、私は妻が買い物に行っている間に、すべての下着やパジャマを鍵のかかる箱に隠しました。
この間隠し撮りしたデータを、DVDデッキに準備しました。

妻は買い物から帰ってきました。
いつもどおり、冷蔵庫に食品をしまい、何気にリビングに来ました。
私は別の部屋に隠れていて、DVDは時間のセットで自動で再生を始めました。

妻は声を失い、じっとテレビに映し出されている自分の行為を見ています。
私は、リビングに入っていきました。

「るり、これ一緒に映ってるのあの高校生だろ、俺とやるときよりずいぶん気持ちよさそうじゃないか?どっちのおちんちんがすきなんか?」
「ごめんなさい、孝弘さん、1回だけなの、、、本当にごめんなさい、、、許してください」

「こたえになってないなあ、、。しかも、1回だけというのも嘘だし!ちゃんと答えろよ!」
「孝弘さんのおちんちんが大好きなの!だから許してください、、、もう二度とこんなことはしませんから、、、。」

「まあ、残念だけど、2人とも俺から二度と来ないように断ったから、、、。あいつはもう来ないよ!」
「えっ、、そんな、、、」
「何だよ、未練ありありだな」
「そんなことないです、、ほんとに、、、」
「じゃあ、とりあえず全部脱げよ、裸になるんだよ!」

裸になった彼女から、服を取り上げ、用意していた貞操帯を彼女に取り付け、鍵をかけた。
「今日から、反省の色が見えるまでは装着したままだぞ!ちなみに下着も、パジャマも取り上げたから、外に出るときは、服を着てもいいが、家にいるときは、これ以外は着用禁止だ!」

妻のるりには、私とのSEXすら禁止し、禁欲生活を強制した。
自分で慰めていることはあるようだが、満足に触れることもなく、1週間で十分に異常な状態になっていった。

毎夜、やりたいとせがまれ、今まで聞いたことのない、やらしい声で迫ってきますが、さらに放置し、2週間目が過ぎた。

そんなある日、るりの貞操帯をはずした。
貞操帯にはるりの2週間分の愛液がべとつき、においも染み付いていた。
るりは、私とSEXができると思い、ようやく許してもらえたと安どの表情をした。

しかし、私は裸になったるりを玄関先に連れて行き、ロープで手足を縛り、身動き取れない状況にした。
さらに、るりの横には大きめの画用紙を置き、「私は、家庭教師をしていた高校生のおちんちんを食べて、夫より罰を受けています。2週間お預けをくらっている、ぐちゅぐちゅおまんこに硬いおちんちんを入れてください!」

るりの顔は再びこわばり、これから何が起きるのか、不安でいっぱいです。
私は、奥の部屋に行き、まずは、ピザの出前を頼みました。

お金は1万円るりのくくられた脚に挟み込みました。
30分ほどして、配達の学生バイトらしきやつがやってきました。

もちろん目が点になり、硬直しています。
しかしるりは、彼に懇願してきました。
「お願いだから、あなたのおちんちん私にぶち込んで!お願い!」
配達の彼とのSEXを、るりは涙を流し、堪能しています。

さらには、新聞の集金のおじさんを呼びました。
同じくまたもや、深々とおんちんをくわえ込み、2人は同時にいきました。

さらには、水道屋さんを呼びました。
おっさん2人できました。
もちろん2人ともやっていきました。
口とおまんこと両方ふさがれ、激しくあえいでいました。

結局その日1日で、見知らぬ4人の男性にるりは犯されて行きました。

るりはそれでも、私と2度とほかの人とはSEXしないと約束し、反省をしました。
しかし、罰が激しすぎたのか、ただのおちんちん好きのエロ妻になってしまい、食事中から、お風呂から、寝室から、始終わたしのおちんちんを咥え込む痴女に成り下がってしまいました。

 

管理人のたわ言(´・ω・`)
いや、怖くてやらねーよ・・・。

コメントを書く