【恐怖】子供と行ったキャンプで家族全員裸で過ごしてたら・・・・・・・・・・・・・・

川へ家族でキャンプへ行く投稿者一家。人気のない静かな場所をみつけた。水着がないのに裸で泳ぎだす子供たちと旦那。酔っぱらって寝ていたら、旦那にお前も裸になれと促され・・・

家族四人で、子供達の夏休み中に、川へキャンプに行って来ました。

その川はあまり川幅の広くない、中洲のある川で、誰かがバーベキューをしたあとはあるけど、誰もいない橋から離れた場所でした。

さっそくみんなで手分けして、テントをはったり、テーブルを組み立てたり、バーベキューの準備をしたりしました。

私が「あなた、よくこんな場所見つかったわね、静かでとってもいいところねー凄く気に入ったわ」
『いいだろう、誰もいないから開放的だし』
「そうね開放的になっちゃうね」
『たまになんだからゆっくりして、ビールでも飲みなよ』
「ごめんね、運転手は飲めないのに、じゃあせっかくだからちょっとだけいただくね」

その後、子供達が(川で遊びたい)と言って川に入って行っちゃったので,
「着替え無いから膝までにしてねー」
と言うと夫は、
『誰もいないんだからスッポンポンで入っちゃえ』と言って川遊びをし始めました、

私は少し酔っちゃったので、テントで休んでいたんですが、夫に、
『おーい、なにしてんの、いっしょに遊ぼうよ』と呼ばれたので、じゃあ足だけでも入ろうかなと思って、夫のところへ行くと、夫も子供達といっしょになって、スッポンポンで川に入っていました。

『なにボーッとしてるの、誰もいないんだから、お前も脱いで入ろうよ気持ちいいぞ』と言うので、
「えー無理無理、誰か来たら大変」と断ると、
『今来ないんだからもう誰も来ないよ、大丈夫大丈夫』と進めるので、
「ほんとにー?」と、言いながらもちょっと好奇心で脱いじゃおうかなーとおもってる自分もいたけど、

「やっぱ無理でしょ、子供達もみてるし」
『大丈夫気持ちいいぞ、この開放感、照れることないよ、お風呂だって子供達と一緒に入ってるじゃないか』
「じゃあ脱いじゃおうかな、ちょっとだけ、入ろう」
『おーイイね、抜群のプロポーション』
「やめてよ、恥ずかしい」
『脱いだ服はその辺に置いといて、早く入ろう』
「きゃー意外と冷たいんだねー、でも開放的で凄く気持ちいいかも」

『お前アソコの毛薄いから割れ目が丸見えだよ、しかも自然の中でスッポンポンなんて、ほんとムラムラしてきちゃったよ』
「やだやめてよ、子供達の前よ、て言うか、なんでそんなにおっきくなってるのよ」
『だってお前が凄くセクシーだから』
「恥ずかしいからそんなにじろじろ見ないでよ」

『川の中の裸体も凄くいいよ』
「ダメだってばやめて」
『お願い少しだけ触ってもいい』
「ダメよ、あっ、ダメ、子供達いるんだから」
『そこの木陰なら見えないよ』

「イヤ、ダメよ、あっダメだったらもー」
『いやがってるわりには、もうこんなにヌルヌルだよ』
「ダメだってばぁもうやめて、子供達に見られちゃうよ」
『大丈夫全然こっちなんか気にしてないよ、木陰にいくよ』
「あっだめまって」
『まてないよ』

「あっダメそんなに急がないでよ」
『ここなら見えないよ、少しだけいれていい?』
「ダメよ、それは無理よ」
『大丈夫だよここなら全然見えないし、水の音で声も聞こえないよ』
「でも子供達大丈夫かな?」
『大丈夫だよまだ夢中で遊んでるよ』
「あっイヤダメ、あっほんとに入れちゃったの、声が出ちゃうよ、凄く感じちゃう」
『俺も気持ちいいよ』
「あっあなた、凄いわぁ、いつもより硬いわぁ」

コメントを書く