看護師の私がイケメン患者の剃毛の時にペニスを傷つけてしまった結果・・・・・・・・・・・・・・

看護師の女性からの投稿。彼女の病院は若い男性の入院患者も多く、盲腸の手術のために入院してきたイケメンモデルの剃毛をすることに。看護師たちはクジで剃毛役を決めるほどテンションが上がっており、剃毛役をゲットした投稿者も緊張してしまい、傷を付けてしまった。お詫びにと彼の傷口を舐めると・・・。

私の病院は、比較的若い男性が入院することが多く、
病棟の看護師は新たに来た入院患者を見ては、
点数をつけるのが当たり前になっています。

でも、そんな毎日に訪れた変化は、
私たちにとって衝撃的な体験となったのです。

モデルの仕事をしているという男性が入院したある日。
確かに、見るからにオーラが違うと口々に言っていたのがぴったりなほど、
見ているだけで心が奪われそうな青年が病室にはいたのです。

誰もが振り返るようないい男。
そんな男性が入院しているだけでも、看護師たちのテンションはアップ。
しかも、その彼は盲腸のopeをしなければならないので、
誰かが剃毛をしなければならないのです。

密かに病棟で用意したくじ。
それは、誰が剃毛を担当するかというものだったのです。
だって、あんなに顔の綺麗な男性のアソコが見れるのですから、
うっぷんが貯まっている女性であれば、食いつくのは当たり前です。

平等にくじを引いて当たったのは何と私・・・!?
思わず「えーーーー!!」って叫んじゃいました。
でも、心の奥底では喜びのガッツポーズ。
だって、気になる男性のアソコが見られるのですから。

予定となった日。
その日は朝から落ち着かない気持ちでいました。
どのように剃毛する科のシミュレーションをしてしまうほど、
私は平常心を失っていました。

でも、それが裏目に出てしまったのです。
男性の毛を剃っている時、ほんのわずかな気の迷いから、
性器の近くに傷を負わせてしまったのです。


それを必死で誤った私は、
思わず病室のドアを閉めてしまいました。
そして、体でお詫びをすることにしたのです。

少しだけ血がにじんだ男性の性器の根元を持ち、
ゆっくりと奥まで咥えこんだ私は、
そのままゆっくりとフェラをしながら消毒をしてあげました。

その様子を見ながら、男性は私の頭を軽くなでると、
今度は咥えきれないほど奥まで、私の頭を押したのです。
そんなプレイは今まで体験したこともなかったのですが、
不思議と冷静に男性のペニスを受け入れて、
そのままネットリと咥えこんだのです。

コメントを書く