【衝撃】中学の時に毎日見ていた痴漢される巨乳女子大生がエロ過ぎた・・・・・・・・・

投稿者が中学生の時にいつも乗る電車で痴漢されている巨乳女子大生がいた。その痴漢行為は日に日にエスカレートしていたが、ある日、人身事故で電車が遅れて超満員電車になった時がすごかった・・・

俺が中学生の頃、同じバス停から乗る女子大生かOL風の巨乳姉ちゃんがいた。

その巨乳姉ちゃんとは、駅からの電車も同じ方向で同じ車両に乗り合わせる事もあった。

東京方面の上りはかなり混雑するけど、子供心に巨乳姉ちゃんとの密着を楽しんだりしていた。

ある日、斜め前に立っていた巨乳ネーチャンの「やめてください・・・」という低い声が聞こえた。

見ると、巨乳姉ちゃんの服のジッパー(前開きのワンピース)が腹の辺りまで下ろされ、男の手が姉ちゃんの胸を揉んでいるのが見えた。

その手を振り払おうとする姉ちゃんの手がオッサンの手を掴んでいた。

姉ちゃんが反対の手でジッパーを上げようとすると、別な手がそれを阻んでいた。

どうやら複数の男に痴漢をされているようだった。

俺は、ブラジャーの上から見えるネーチャンの白い胸の膨らみに心臓はバクバク、チンポはビンビン状態だった。

そのうち、姉ちゃんの「あっ」という小さい声がして片乳がブラジャーから飛び出していた。

色白の巨乳で、何より綺麗な乳輪と乳首に目が釘付けになった。
当時エロ雑誌で見る巨乳は、乳輪がバカでかかったり黒々していたりで、巨乳の乳は汚いイメージがあった。

それが初めて見る生乳があまりに綺麗で、まじで発射しそうになった。

その日以降、その巨乳姉ちゃんへの痴漢攻撃はそれは凄まじいものがあり、どんどんエスカレートしていった。


毎朝姉ちゃんの美巨乳を拝ませて貰ったが、服装によっては眺めが良くない日があったりで今ひとつであった。

やはり、あの日の前開きワンピースが一番と思っていた。
あの日から2週間程度経ったある日、バス停で巨乳姉ちゃんと一緒になった。

その日の服は例の服ではなかったが、ノースリーブのワンピースで肩の露出やバスの中で吊革に掴まって見えた脇の下がなかなかだった。

駅に着くと、やけに人が多かった。
人身事故の影響で電車に遅れが出ているようだった。

ただでさえ凄い混雑なのに、電車が遅れている時は地獄のような車内なので憂鬱になった。
ともかく姉ちゃんの近くを確保しなければと思い、すぐ後ろに並んだ。

しばらくして来た電車は予想通り凄い混み方だったがどうにか乗る事ができ、巨乳姉ちゃんと間に人が半分入ってる感じですぐ近くに乗れた。

駅を出ると電車は、すぐに止まってしまった。
早くも姉ちゃんへの攻撃が始まったようで、

「やめてよ・・・」

という小さい声や、姉ちゃんが痴漢の手を払っているのが見えた。

コメントを書く