修学旅行で部屋に遊びに来た男子とクラス一可愛い子にいたずらした結果・・・・

高校の修学旅行でクラスで一番可愛い女の子と同部屋の投稿者女性。夜中に男子が一人で遊びにくる。その男子が可愛い女の子にいたずらしだしたので・・・

私が高2の時の話です。

修学旅行で私(アリサ)はマヤという子と2人部屋でした。

最終日の夜23時頃、私たちの部屋にO君という男子が一人で来ました。

彼は部屋のメンバーがみんな寝て、退屈だったのでこっそり脱け出してきたようです。

私たちの部屋に来た理由は、ノリがいい、2人とも可愛いなどと言ってました。

マヤはクラス一に違いない可愛さです。

私は自信はなかったけど結構可愛いと言われる感じでした。

さて、O君はベッドに座るマヤの背後に行き、Tシャツの上からおっぱいに触りました。

「やめてよ・・・」

と言うのも気にせず、柔らかく触り続けます。

「ダメって、もう・・・」

と口で反抗しても、顔が徐々にほころんでいってました。

「マヤ、アリサ、夜だし・・・脱ご」

と言われたので、私はブラ、パンツの姿になりました。
しかし、マヤは全く脱ごうとしないので2人がかりでTシャツ、ズボンを脱がせました。

マヤはブラを着けておらず、早々におっぱいを晒してしまいました。

O君もそそり立つちんこを自慢するかのように全裸になりました。


マヤのおっぱい攻めは続き、次第にハードになっていきました。
マヤは背中にちんこを擦り付けられながらおっぱいを揉まれてました。

だんだんシチュエーションと手つきに興奮してきたマヤ。

乳首がピンと勃ち、ピンクのパンツにシミが出来ました。
私もその光景を見ながら興奮し、パンツに湖を作ってました。

マヤのおっぱい攻めが一通り終わり、次のターゲットが私に。
O君ご自慢のちんこを口に突きつけられました。
私も躊躇することなくソレにかぶり付きました。

苦くて入りきらない、硬い棒を必死に舐め回し、自分の手はおまんこを弄ってました。
「アリサ、いいよ、もっと激しく!」

と確実にO君の興奮が見れて嬉しくなりました。

口の中でさらに膨張するちんこ。
私も亀頭を舐め回すと、口に突然の射精。
「アリサ、ごめん、気持ちよすぎて出ちゃった」

と言われました。
私は精液をトイレに吐き出しました。
マヤも興奮していて、

「マヤのここくちゅくちゅしてっ」

とO君に手マンを求めました。
クラス一の美女に手マンをお願いされるO君は男子の恨みを買うかもしれません。
パンツは脱がずに指はマヤのおまんこに沈んでいきました。

マヤの美貌とエロの混じる姿はまさに興奮そのものでした。
マヤの手マン中、マヤの高くて可愛い喘ぎ声を聞きながら私は自分でオナニーしてました。

コメントを書く