【近親相姦】不倫していた母親を脅してレイプ → その後も調教し続けた結果・・・・・・・・・・・・・・・

高校受験を前に成績が下がりストレスがたまっていた投稿者男性。無事進学するが、第一希望の高校でなかったため、父親からはお祝いの言葉もなく母親からは皮肉な言葉が出る。そんなある日、友人から母親と友人父親が不倫していると聞かされ、今までのうっぷんを晴らすべく母親を問い詰め・・・。

祥子(母:40歳)と俺は近親相姦をしている。
事の始まりは3年前になる。

高校学受験を控えた俺は、成績が思う様に上がらず苛立っていた。

中学2年までは、学年でも上位にいた俺だったが、3年になると辺りが上がったと言うか?
俺の成績も落ち込み始めていた。

親父は地元の進学校に進む事を期待し、それ以外は眼中に無いと言った感じ。
母も親父と同様の考えだった様だ。

俺なりに頑張ったんだが、第一志望の高校へ入る事が難しいと先生に言われ、渋々第二志望へ
落とす事になった。

親父は呆れ顔で、話をする事も無くなった。

毎日のストレスに俺は心が破裂しそうだった。

受験と同時に親父の海外勤務が決まり、俺は母と2人で暮らす事になった。

ランクを落とした事で受験は上手く行ったが、父からは”おめでとう”の言葉も無かった。

受験ストレスから解放され、俺は古い友人(3人)と遊ぶ毎日。

そんな俺に母が”そんなダラけてたら高校でも成績が落ちるわよ。また失敗したいの?”と言う
言葉に俺の中で何かが外れた感じがした。

<春>
高校の入学式を終え、教室で新しい担任の挨拶と顔合わせが行われている中、廊下で母がPTAの役員を頼まれていた。専業主婦だった事もあり、母は役員になった様だ。

それから数か月が過ぎた6月。高校で仲良くなった友人が強張った顔で俺の所に来たんだ。

 『驚くなよ。これ見ろよ』
 『なんだよ!急に』

友人が見せて来たのは、母が見知らぬ男性とホテルに入る所の写真だった。

 『これ!お前の母ちゃんだよな』
 『あ~どうしたんだよ、これ?』
 『男なぁ…俺の親父なんだ』
 『嘘だろう!』
 『本当だよ!最近PTAとか言って夜出るから、おかしいなぁと思ってたんだ』
 『付けたのか?』
 『偶然!友達と遊んだ帰りに、親父が見知らぬ女と歩いていて…気になって後追ったら』
 『マジかよ』

あんなに綺麗ごとを言っていた母が浮気していたなんて…春に言われた”失敗”と言う言葉が蘇り
母に対し苛立ちを覚えた。

友人も親父の浮気で家庭崩壊は困ると言うし、何とかしないと…そう思っていた。

その日の夕方、俺は友人を家に招き母に浮気の事実を追求しようと思っていた。

母をリビングに連れて来て、写真を見せると体を震わせ”違うの…”と一言。
友人と罵声を浴びせ、浮気について話させると、全てを語り始めた。

もう二度と友人の親父と会わない事を約束させ、更に俺は母に”裸になる様に命じた”

 『出来る訳無いでしょ』
 『じゃ、親父に報告するだけだよ』
 『それだけは…』
 『親友に迷惑かけたんだから、それくらいして謝罪の意を見せてよ』
 『でも裸って…』
 『友人の親父に散々見て貰ったんだろう!さっさと脱げよ』

諦めたのか母は、服のボタンに手を掛け、少しづつ服を脱ぎ始めた。
押さない時に見てから、母の身体は何年と見ていない。

身長156cmと小柄で人妻らしい肉付き、胸はEカップ程あり、色白肌だ。
脱いだ母をソファーに押し倒し、俺は友人と母を襲った。

初めは抵抗もしていたが、世間体も考えたのか?大声を出す事も無く、俺と友人の肉棒を受け入れたのだ。
初めての女性が母だった俺は、マンコの気持ち良さに母を女としか見れなくなっていた。

友人が帰った後も、俺は母と一緒に風呂に入り深夜まで母の身体を弄んだ。

”こんな事は駄目なのよ!親子でSEXは駄目なの!分かるでしょ”
そんな事を言い続けた母も、俺の肉棒を挿し込まれると”あ~…ダメ!”と言いながら息を荒らし最後は
”凄い気持ちイイ!ダメ変になっちゃう”と息子の肉棒に狂わされ逝き捲っていた。

 

一線を越えた2人は、もう元に戻る事が出来ないのは当たり前で、俺は毎日暇を見ては母の身体を
求め、友人も時々来ては母と一線を交えていた。

半年も過ぎると母は完全に俺の性処理奴隷となっていた。

色々な道具責めで、完全に母は痴女に変わり自ら俺の上に跨り腰を動かす程だ。
家を訪れる友人も2人に増え、母に色々なプレーを求めていた。

気づけば母は3穴同時に責められる程で、数か月前の清楚なイメージは無くなった。

そんな事とは知らない親父は、海外から時々電話を掛けて来る。

半年に一回程帰って来る親父だったが、母にはSEXしない様に言いつけて有る。
元々、夫婦の営みも少なかった様だし、父も向うで良い事しているのだろう!

1年も過ぎると、俺が帰宅すると既に友人が来ていて、ソファーに縛られた母が極太バイブを前後に
入れられ、喘いでいる事も多々。

友人は配達員が来ると母にエッチな姿で出向かわせるが、危険が漂うので俺は注意している。

母の陰毛は数か月前に除去され、肉棒とバイブを挿し込まれ続けちょっと黒ずみが濃くなっている様に感じる。

母と出かける時は、カップルの様な感じで、昔の親子よりも仲が良くなったと思う。

母も俺の事を恋人として接しているし、俺の奴隷である事を認識しているから、何処でも俺の指示に従う。

早い物で、母と関係を持って3年が経過した。
今でも親父は海外勤務。母と2人毎日楽しく過ごしている。

 

管理人のたわ言(´・ω・`)
完全にエロ小説w

コメントを書く