【親子丼】15歳年下の妻と結婚→8歳年上の義母とJK義妹と同居することになったんだけど・・・

35歳の投稿者は15歳下の新妻とデキ婚。8つ年上の義母、女子高生の義理の娘ができ、4人で暮らし始める。そして人生初のモテ期ともいうべき夢のような生活が始まるのだった・・・。

俺は35歳。

15歳も年下の妻とデキ婚になったせいで、8つ年上の義母を持つ羽目になった。

妻が高校生の時に父親が病気で他界し、それ以来母親と2つ下の妹との3人暮らしだったという。

幸いにも父親が入っていた保険などのおかげで、生活の不自由はなく暮らしていた。

元々俺に結婚願望はなく、蓄えもあまりなかったので籍だけ入れ、女ばかりのその家に転がり込んで妻とその家族との生活が始まった。

結婚願望がなかったとはいえ、好きでもない女と寝たわけではない。

むしろ、15も年下の小娘が俺とそういう関係になるとは思ってもいなかったので、愚息が中に入った時、あまりの興奮と快感で暴発してしまい、それが見事に当たってしまった。

子供ができたと判った時も、妻は慌てる事はなく、俺に結婚を迫るでもなく、純粋に喜んだ。

ただ、1人でも産むと固く決意していたので、そんな妻を放っておける訳もなく、籍を入れた。

妻と妻の家族との生活は心地よかった。

義母は誰にでも親切で、義妹は近所でも評判の模範的な高校生だった。

姉妹は男の好みも似るのか、それとも父親がいない環境で、年齢より老けて見える俺が父親とダブって見えたのか、義妹も何かと甘えてくるようになった。

それなりの真面目さだけが取り柄だった俺が、急にそんな人生初のモテ期を迎えると、舞い上がらない方がおかしい。

「お姉ちゃんには申し訳ないけれど・・・あたし、お義兄さんの事、好きなんだ」

俺と2人っきりの時に、こっそりとそう言われてしまうと、俺の下半身はすぐにむっくりと起き上がり、そのまま義妹のベッドで挿入となった。

姉よりも細身の義妹は、締め付けも激しくて、あっと言う間に爆発しそうだったが、中ではさすがにマズいと思い、抜こうとしたものの、抱きつかれてそのまま妹にも出してしまった・・・。

「洋ちゃんマズいよ・・・」

「お義兄さん、大丈夫」

そう言いながらお口でお掃除をしてもらうと、俺はすぐに復活してしまい、再び中へ・・・。
そこへ、義母が帰ってきてしまった。

コメントを書く