【獣姦】子供のころ隠れて読んだ鬼畜エロ漫画の内容がヤバすぎた・・・・・・・・・・・・・・・

【体験談】衝撃的な内容が子供心に焼き付いて・・・

投稿者男性が幼いころ、床屋へ行くのが楽しみだった。その理由は床屋においてあるエロ本が読めることだった。そして投稿者の性嗜好に影響を与える一冊の本と出会う。それは文字ばかりのエロ雑誌だったのだが・・・。

tokoya

子供のころ床屋に連れて行かれて楽しみだったのが店に置いてあるエロマンガが読めることでした

大人向けの雑誌で表紙はエロくなくほとんどが文章でしたが、
表紙からしたら普通なので親の前で隠れ読むのもスリルでした

しかし中に2作品ほどエロマンガが掲載されていたのです

もう30年以上前の話ですからなんという雑誌か作者かわからないのですが
自分流にちょっとアレンジして書きます

 

令嬢が気が付くと地下室?らしい部屋の中です
全裸で犬の首輪、なぜ?どこ?

ドアが開き初老の男が手に牛乳とパンと犬用の皿を持ち入ってきます
記憶が目覚めます、アメリカ留学中両親が事故死して帰ってきたのです

令嬢は会社を狙うこの男が犯人だと疑っていたのです
男は、パンをさらにちぎり入れ牛乳をかけおなかすいたろうと進めます
女とはいえスポーツ万能の令嬢は襲いかかります、初老の男はわけもなくくみ倒されてしまいます

両親を殺したのはあなたね!
しかし体に衝撃が走りのけぞり立場は逆転します、

男の手にはリモコンのスイッチが
令嬢の股間には電極が取り付けてあったのです、

激しい痛みなら精神力でカバーできたでしょうが
気持ちがいいのが逆に難点で令嬢はピクピクと痙攣しながら倒れこみます
わざと隙を作り攻撃させてから逆転して遊んでいたのです

男は令嬢の体を撫で回します、

なぜか的確です令嬢の感じるところを攻めてくるのです

たまらず令嬢は喘ぎだします、

どれだけ時間が立ったでしょうか
恐ろしいほどの精神力で令嬢は今だ堕とされず頑張っています

しかしそれも限界です、令嬢は婚約者の名前を叫びごめんなさい!・・・・堕ちません
令嬢は気が付きます、逝くのを耐えたのではなく、男に焦らされていたのです

精神力の糸が切れた令嬢は早く逝って楽になろうとしますが、
紙一重の神業のようにギリギリのところで愛撫をやめられ逝かせてもらえません、
もう精神的に崩れてしまってなすがままの令嬢に男は語り始めます

「母親とそっくりだな」男は語ります、母と男は愛し合っていて父に見つかり母は男を助けるために
自動車事故で無理心中をしたと言うのです、もう一度令嬢に反骨精神がよみがえります

「嘘よ!絶対に信じない」という令嬢に証拠とばかりに本人すら知らない性感帯や攻め方で攻めよがらせまくります

「お前の母もこうされるのが好きだった」
信じられない快感に堕ちそうになりますが男は逝かせてくれません
「気が狂いそうです、どうにかしてください」
令嬢は陥落しましたが男は何をどうしてほしいのか具体的にお願いするように命じます、

「〇〇さんごめんなさい、お・・おちんちんが欲しいの」

男は高笑いをして四つん這いになり尻を掲げるように命令します、

令嬢は素直に従います

背中に毛布のような感覚を感じると同時に令嬢の股間に焼き鏝のような熱い衝撃が走ります
犬です、でかいシェパードが令嬢を女にしようとしているのです

驚いた令嬢は全力で逆らいますが犬にはかないません、

「わしはインポなんだよこいつがわしのイチモツじゃ」

「※」インクを落としたコマが描いてありました、

その時は破瓜の血とか知りませんでしたが

令嬢は処女を犬に捧げてしまいます

 

泣きじゃくる令嬢に男はお前の母もかわいがってもらっていたんだと 、

令嬢はそれが真実だと悟ります、

とてつもない嫌悪感のあとは、 地獄のような肉慾の疼きを勝手知ったる何とやらと手際よく犬は追い詰めていきます

母と同じ性感帯をもつ自分の性感帯をこの犬は知り尽くしているのです、

あっという間に上り詰める令嬢

換気の声を上げ上り詰める令嬢、喜びの表情で肉慾の苦しみから解放された後は とてつもない罪悪感と嫌悪感に襲われます、

婚約者にすら許していなかった処女をこともあろうに犬に捧げ喜び絶頂間に歓喜の声まで上げてしまった、

泣きじゃくり婚約者に許しを請う令嬢

しかし、彼女は終わってしまったことですが 犬にとってはこれから始まりにすぎないのです長い長い交尾の始まりです

たちまち更なる喜びへと導かれる令嬢、婚約者の事はもう頭にありません
歓喜の声を上げ薄れる視界のなかで男は高笑いをしています

 

数か月後、末場のストリップ劇場

「本当に〇〇子さんがこんなところに」
「まあとりあえず入ってみましょう」
行方不明の令嬢を探す婚約者です

汚い劇場、ゲロと酔っ払いのたむろする下世話なところです

しかし舞台の女性は掃溜めの鶴、こんな美しくプロポーションです
女性は踊り終わると犬と遊び始めました

男たちが沸き立ちます

犬は女に命令するように一声吠えます女性は従順に従います
四つん這いになり、オナニーショーで濡れた股間を犬に捧げます

手慣れた様子で女とつがる犬、男たちの下品な歓声が飛びます

世の底辺に属する男たちが一生絶対相手にできないようないい女が犬畜生に喜ばされるのです
犬の方もこのいい女を服従させている優越感のようなものを感じているようです、

犬の獣じみた激しい攻撃が始まります
女も獣じみた声で応じ激しい腰の動きで応じます、獣の激しさだけでもものすごいのに
女の腰使いとの相乗効果はすごいらしくあっという間に女は逝かされまくります

逝って逝って逝きまくる女、男たちの歓声が上がります
一方的に女を攻めまくるかに見えた勝負ですが女を襲う絶頂の大波は犬のペニスを痙攣し締め上げ犬を道連れに逝かせて倒れこみます、見物の男たちは大喜びです

女神のような美しい女が犬っころに逝かされて支配されているのですから底辺に住む彼らのうっぷんを晴らします

犬は後ろ向きに降り女と尻をつがえる格好になります
女は横向きに横たわり足を大きく広げて見せびらかす様に、まだ亀頭球が萎み切らず抜けない股間を男たちに見せつけます

肉慾から解放され女のぼやけた視界が開けてきます、驚いたように見つめる男とあの初老の男

○○さん!

絶望する婚約者の傍らでほくそえむあの初老の男でした

end

 

この作品はトラウマで、大人になってからも獣姦ものにはまりました
古本屋とか探そうにも多分無理ですね
送還されてた雑誌すらないと思います

 

管理人のたわ言(´・ω・`)
よく覚えてるなぁw

コメントを書く