【エロ体験談】中学の時、付き合ってた子とその母親ともヤリまくってた話・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【初体験談】彼女の家に行くと母親しか居ない。上がって待てと言われ・・・・

僕の中学3年のときの、まさかそんなことという思い出です。

今からだともう20年ほど前のことになります。

部活で、水泳部に所属していて、そのときの同級生の奈緒美と、仲良くしていました。

もちろん中学生なので、一緒にコンビニに寄って帰るとか、日曜に一緒に勉強するとか、そういう仲良しです。

部活でもお互い、そんなに速く泳ぐというわけでもありませんが、一応県大会には進出するくらいで、泳ぎについてもよきライバルでした。

それが、中3になり引退が近づくにつれ、なんとなくそれ以上をお互い求めるようになり、付き合うようになりました。

受験があるというのに、勉強が手に付かず、彼女の部屋で横にくっついて座り、中学生レベルでのイチャイチャ感を出していました。

キスはいっぱいしてましたし、お互い、おっぱいとおちんぽを服の上からですが、触りあいもしてました。

ただ、彼女のお母さんに気付かれていたとは少しも思いませんでした。
お母さんは何も知らないフリで飲み物やお菓子を運んでくれました。

そして、ある夏休みの日いつもどおり、彼女の家に僕は向かいました。

彼女は家にいると思って、連絡なしで向かいました。

しかし、対応してくれたのはお母さんで、奈緒美は習い事の日が変わって、今そっちに言っているとのこと。

しかも、2時間は帰ってこないといいます。

僕は、いったん家に帰ることを告げましたが、せっかく来たんだしと言われなぜか、彼女の家で一人で勉強することになりました。

僕は、彼女の部屋に通され、待っていると、お母さんは飲み物と、お菓子を運んでくれました。

ただ、いつもと違うのは暑い夏のせいなのか、お母さんの服装がちょっと露出が激しく見えたのです。

奈緒美のお母さんは僕のそれと違い、年が若く36歳で肉感のある体をしています。

奈緒美も水泳をしているせいでのボリュームはありますが、またそれとは違う感じなのです。

しかも上はぴちぴちに張り付くような白のTシャツで黒のブラが透けて見えてます。

下はデニムのホットパンツで、お尻の肉が下からはみ出ています。
もちろん生足。

もうすでに、僕の下半身は、はいていた体操服の短パンから突き出しそうな勢いなのです。

そう、最近奈緒美に障ってもらいやすいように、体操服上下で遊びに来ているのです。

しかもお母さんは、お菓子などをテーブルに置くと、なぜか、僕の隣に座ってきました。

どんな勉強しているのかとか、部活が楽しいのかとか、聞いてきました。
しかし次の質問に僕は、詰まってしまいました。

奈緒美のことどう思っているのか、奈緒美の体のどこまで触っているのか、奈緒美は僕のどこまで触っているのか、、まるで、僕たちのことを知っているかの質問です。

完全に止まってしまった僕に対し、お母さんはさらに攻撃をしてきました。

そう、彼女が帰ってくるまで、2時間近くあるのです。

お母さんは右腕を僕の背中から回し、体操服の上から、股間を撫で回してきました。

左手は僕の顔を無理やり横を向かせ、強引にキスをしてきました。

右手はねちっこく、前後左右に、唇は僕の口の中に入り込み、矢らしい音が響き、よだれが垂れてきました。

そうしているうちに僕は気持ちよくなり、パンツの中で我慢の限界に達し、白く濁った液を大量にぶちまけました。

お母さんは、手際よくパンツを脱がし、下半身丸出しにしました。

お母さんもその後一緒に服を脱ぎ、裸になりました。

まだ奈緒美の裸は見てないでしょと言わんばかりに、見せ付けてきました。

僕のべとべとの下半身に顔を埋め、きれいにしてくれました。
と言うか、再び下半身は硬くそそり立ってしまいました。

僕は、仰向けになり、お母さんは僕の上に跨り、自ら下半身を自分の中へと迎え入れてきました。

ゆっくり動くから我慢するように指示され、腰を上下に左右に動かしてきました。

いわゆる女性の中に下半身が入るのは初めてなのです。

とにかく必死に発射するのをこらえながらも、目の前にブルンブルンと揺れる大きなおっぱいに圧倒され、無意識のうちにお母さんの上半身を両腕で抱き寄せ、おっぱいを貪りまくりました。

1回抜いた後とはいえ、かなりの時間に耐え、腰を激しくグラインドし、発射する合図みたいなものを出すと、お母さんは僕の下半身を抜き、口の中で僕のやらしい液を受け止めてくれました。

僕は奈緒美に対する申し訳ない気持ちと、味わったことのない、強烈な快感の狭間でぼんやりしていました。

そのうち、奈緒美が帰ってくる時間になります。

お母さんより、僕はある指示を受け、彼女の帰りを待ちました。

そう、さっき起こった出来事を今度僕が奈緒美とすると言うことです。
それをお母さんは気付かれないように監視をすると言うのです。

僕は、迷いながらも、従うことにしました。
なにせ、奈緒美と同じことができるのです。

しばらくして、奈緒美が帰ってきました。

とりあえず、お母さんの作った昼食を3人で食べ、その後、お母さんに促され2人は2階の部屋に行きました。

お母さんは、家事があると言って、2階には行かないような雰囲気を出してきました。

2人は部屋に入ると、僕を何時間も待たせたこともあり、なぜか、最初から僕にくっついてきて、イチャイチャモードです。

僕は、彼女にあるお願いをしました。
水着姿を久々に見たいと言いました。

彼女はためらいながらも、着替え始めました。

そして僕も、用意していた水着に着替えました。

やはり、お母さんの娘と言うか、奈緒美もかなりのボリューム感のある体でした。
そういえばこんなにまじまじとは見たことはなかったなと思いながら、下から上まで嘗め回すように見ていきました。

奈緒美は恥ずかしいといいながらも、顔は紅潮し、両脚を擦り合わせるような動きをし、腰が前後に動き出しました。

僕は後ろから周り、奈緒美に抱きつき、右手はおっぱい、左手は下半身へと動きまさぐっていきました。

今まで聴いたことのないやらしい喘ぎ声を漏らし、奈緒美は崩れていきました。

僕は水着の中の固くなった下半身を奈緒美の目の前に突き出し、触るようにお願いしました。

恐る恐る撫で回し手いると、僕は一気に水着をずり下ろしました。
硬くなった下半身がはじめて、奈緒美の目の前に現れました。

さらに奈緒美も僕が水着を脱がせ、お互い裸になり、奈緒美の裸の体を隅々嘗め回しました。

そのうち奈緒美も僕のことを舐め返してきました。

僕は彼女に合図をし、2人は1つになりました。
奈緒美の初めての男性に僕はなりました。

お互いぎこちないながらも、気持ちよくなり、奈緒美のおっぱいに僕のやらしい液をぶちまけました。

奈緒美のべとべとのオマンコを優しくきれいに嘗め回すと、彼女も僕のおちんぽを掃除してくれました。

奈緒美は、痛くて怖かったと言いながらも、相手が僕でよかったと涙を流し、僕もそれに答え、しばらくキスをしました。

そして、その一部始終は、お母さんもしっかり見ていました。
奈緒美はまったく気付いていなかったようです。

その日から、2人は高校受験に向け、猛勉強しお互い違う希望校へと進みました。

あの日から2回目の2人のSEXはお互いの進路が決まった次の日でした。

2人はだいぶ我慢し、その日にぶつけました。
違う進路に進んだ2人ですが、その後高校を卒業するまで関係は続きました。

理由は奈緒美のお母さんとの関係が続いていたからなのです。
奈緒美にはまったくばれませんでした。

でも、奈緒美とは月1、2回の関係だったのに対し、お母さんとはほぼ毎週呼び出されSEXを繰り返していました。

僕の今までの人生の中でこの4年は、最もSEXを頻繁にしていた期間でした。

コメントを書く