【超愕然】彼女の弟から”彼女の正体”を聞かされ見に行った結果・・・・・・・・・・・・・

【体験談】投稿者男性の彼女は投稿者の好みにドストライクなとにかくかわいい女性。そんな彼女の弟と名乗る男性からある日電話が。会ってみるとその弟が言うには、彼女が浮気していると。しかもその相手がとんでもない相手だというので、見に行ってみると・・・。

オレの彼女のマリナはまだ大学生で、20歳になったばかり。

年下ってだけじゃなくて、見た目も大きな垂れ目とつけまつ毛じゃないのに長いまつ毛、色白の肌、まっすぐな黒髪…まぁとにかくかわいい。

顔がそれだけかわいいのに、さらには胸もそこそこあって、もうマジで神がオレのためにオーダーメイドしてくれたんじゃないかってくらい、好みドストライク。

だからほんとにかわいがっていたし、ラブラブだったんだけど、ある日自称・マリナの弟っていうやつから電話がかかってきた。

たしかに弟がいるとは聞いていたけど、どんな人かとか、名前とかは知らないし、それに何より、その人から語られた内容がショックすぎて……とりあえず、会って話せないか、ということになった。

いざ会って話を聞いてみると、どうも、マリナが浮気をしているらしい。
で、その相手はわかっているのかって聞いたら、すごく言い辛そうに、
「うちの母の、不倫相手なんです…」
って。

意味がわからなくって、そしたら、
「実際に見てもらったらわかると思います」
って言うんだよ。

で、弟についていったら、マリナの実家らしき家に着いた。
そっと玄関を開けて上がらせてもらって、弟が「こっち」って手招きするのにしたがって、リビングを覗いたら。

マリナと、お母さんと、一人の若い男が、3人で交わっていた。
「ねえ、ママばっかりずるい。早く、わたしにも入れてよ~」
「娘なんだから、待ちなさい。○○くん、年功序列よね?」
「え? いや、まぁなんでしょう…その場のノリで、順番決めたらいいですよね」

笑いながら、真昼間のリビングで裸の人間が3人セックスをしているってのは、どうみてもふつうの状況じゃない。

「あぁぁ……もうイク……イクっぅぅぅ!」
「もう、ママ早く~!」

お母さんがびくびくと痙攣したと思ったら、今度はすぐに○○くんと呼ばれていた男が、床に寝そべって、その上にマリナがまたがった。

「ね、ゴムいらないよね? わたし今日、大丈夫な日だから」
「マリナ…避妊だけはちゃんとしなさいよ…?」

はぁはぁと息を整えながら、そんなところで母親ぶっても仕方ないのに、ゴムを差し出して。
マリナも「めんどくさいなぁ」とかいいながらゴムを相手に装着。

「じゃあいくよ?」

騎乗位なんて、オレともしたことなかったのに、すんなりと男のを受け入れて、腰を振り始めた。
しかも、自分の指でクリトリスや乳首をいじりながら。

体力が回復したらしいお母さんが、男の乳首や首筋や耳を舐めたり、キスをしたりしはじめて。

男が開いている両手でマリナの腰を掴んで、下からがんがん突き上げはじめると、
「きゃっ、ああぁんッ! すご、すごいぃぃっ……や、もうっ、いくいくいくっ」
びくびくっとはねて、ぐったりと後ろ向きに寝転ぶマリナ。

もちろん、挿入したまんまで。
 
それでマリナが背伸びしたときに、覗いてるオレと目があって。
 
一瞬、すごいびっくりしたような困ったような顔をしてから……

「オレくん来てたんだ? こっちおいでよ。ママとわたしで○○くん共有してうまくいってるんだから、オレくんと○○くんでわたしを共有することもできるはずだよね。これからは4人で仲良くしよっか?」

にっこり笑って手招きする彼女がやけに色っぽくて、誘われるままに、4人で交わってしまった……。

その後弟からは、
「あなたがいいなら、それでいいと思うんですけど…とりあえず母にだけは、説得して、不倫やめさせてくれないですか?」
って頼まれたんだけど、でももうお母さんとのセックスもすごいって気がついてしまったから、説得する気はさらさらないww

 

管理人のたわごと
よくこんな妄想考えるなw

 

コメントを書く