【マジキチ】嫁が俺の弟とSEXしてた→嫁妹に相談→とんでもないことに・・・・・・・・・・・

【体験談】嫁と自分の弟とのSEXを目撃してしまった投稿者男性。困ってしまい、嫁妹に相談する。するとあっさりと「私としたらトントンでいいんじゃない?」と。そこから驚きの展開となる・・・。

swap
嫁子と、俺の弟のYがセックスしているのを見てしまった。

嫁子とは結婚してもう4年になるけど、子供はまだいない。
別に関係も良好で、夜の方も、そこそこの頻度でやっていた。

だから、まさかよりにもよって弟と…なんて想像さえしていなかった。

考えてみれば、嫁子は、安めぐみみたいな雰囲気の美人で、弟の好みドストライク。
だからといって、兄の嫁に手を出していいって理由にはならないけども。

しばらく悩んでいたけれど、隠していることが限界になってきて、嫁子の妹に相談することにした。
嫁妹はすごく明るくてサバサバしていて、何でも話せる雰囲気の子。

嫁子の両親は二人ともそんなに体が丈夫ではないので、こんなことを相談して、気を落としてしまったら……と思うと、嫁妹にすがるしか、方法はなかった。

休日、嫁子が友達とランチにいくというから、その日に嫁妹に家に来てもらって、見たことすべてを話したら、
「じゃあ、おにいさんが、私としたらいいんじゃない? それでとんとんでしょ」
って言い出した。

そんなわけないだろって言っても、
「一回してみよう。それで、やっぱ悪いことだって思ったら、全部話せばいいじゃない」
って。

なんかもうやけになって、嫁子が帰ってくるまでの数時間、嫁妹とセックスした。

明るいリビングでキス。

舌をからめあいながら、お互いの服を手探りで脱がせていって、下着姿に。

嫁妹の胸は、Eカップある嫁子のそれよりも小ぶりだけれど、年が少し若いこともあって、ツンとしていて張りがある。

嫁妹を立たせたまま俺が体をかがめて、胸の先にむしゃぶりつくと、嫁妹はびくびくと体を震わせながら、俺の頭を撫でてくれた。

そのまま、腹やへそを舐めて、脚の付け根に。
割れ目を指で開いて、もうすでにぷっくりはれてるクリトリスや、濡れててらてら光る膣口を舌先で愛撫。
腰をびくびくさせて、俺の頭を押し付けるようにしてくるから、たっぷりと舐めてやった。

そのままダイニングテーブルに手をつかせて、後ろから挿入。

「すっご……おにいさん、舐めるの上手だね。お姉ちゃん、いいなぁ……なんの不満があったんだろ…」
「今は集中してくれよ、こっちにっ」

白い尻を割って、尻のすぼまりを指先でくにくにといじってやると、
「やんっ、そんなとこ触ったらダメでしょ! も~!」
って言いながらも、きゅうきゅうと中が締まる。

気持ちがいいから、何度も何度も尻の穴をつついたりなぞったりしながらピストンして、最後は、嫁妹の尻にたっぷりと出した。

で、嫁妹にコーヒーを淹れてもらってまったりしていたら、嫁子が帰ってきて、
「あれ? なんで○○ちゃんが来てるの?」
って。

なんてごまかそうかと悩んでいたら、嫁妹が、
「お姉ちゃんが、Yさんとセックスしてるのを見ちゃって、悩んで、私に相談してきてくれたんだよ。お姉ちゃん、いい歳して、何してるの?」
と、自分のことは棚にあげて、説教モード。

嫁子も嫁子でしゅんとしてしまって、
「そうだったんだ……ごめんなさい……あなたに愛されてるって実感はあったけど、愛されてるのに裏切っちゃってるっていうのが気持ちよくって……」

ぐずぐずと涙ぐんで説明してくれた嫁子の背中を撫でてやっていると、だんだん罪悪感がふくらんできてしまって、とうとう、
「俺も、嫁妹と、一度セックスしたんだ。だから、お互い様だよ」
って言ったんだ。

そしたら、
「あなたは一回だけでしょ? 私、もっといっぱいだもん! 許されることじゃないよ! だから、あなたも私と同じくらいの回数、妹としてよ!」
ってめちゃくちゃなこと言い出したww

何いってるのかわかってるのかって聞いても、「わかってるもん」の一点張り。

その日はとりあえず嫁妹には帰ってもらったけど、次の休みを利用して、近くのホテルに泊まりにいくことになった。

ラブホだけど、複数人部屋に入ることができるらしい。

で、当日。

俺と弟、嫁子と嫁妹で合流して、ホテルに入ると、SMちっくな道具も置いてある部屋だった。

嫁子を壁に張り付けに。

嫁妹を台の上で手足を固定して丸見え状態にして、兄弟でかわるがわる、愛撫して回った。
SMっぽい部屋ってだけで、来る前は微妙だったテンションがうなぎのぼり。

張り付けにした嫁子の胸を痛いくらいの強さで鷲掴みにして、
「この胸で、弟を誘惑したのか? 結婚してるのに、性欲もてあまして……しかたないやつだな」
って、Sぶって見せたら、
「ごめんなさい……ゆるして、なんでもするから」
って、いいながらもうっとりしてこっち見てるし、嫁子もなんかまんざらでもないようだった。

俺も楽しくなってきて、
「じゃあお仕置きだ。お前は弟とセックスしてろ。俺は、嫁妹とするから」
「そんなっ、お願い、私のところにきてよぅ」
「最初に裏切ったのはそっちだろ? 反省しろ」
って言って、台の上で丸見えになっている嫁妹のま○こにローションたっぷり塗りたくって、挿入。

身動きとれない嫁妹の中をゆっくりと味わうように腰を動かしていると、だんだん嫁妹の声が大きくなってきた。

スローセックスっていうのか? 挿入してからもゆっくりするのが好きな女って多いらしいし、そういうことだったのかもしれない。

で、嫁子は弟に片足を抱えあげられて挿入されていて。
「ごめんなさいっ、いやっ見ちゃだめぇ…っ!」
って、俺が視線をやるたんびに泣きながら顔をそむける。

その仕草がかわいくて、嫁妹の中でたっぷりと射精してから、嫁子の方へ。

体位を変えて、嫁子の両手首を張り付けにしたまんま、後ろから弟に挿入させる。

それで、俺は置いてあった電マを嫁子のクリトリスにぐりぐりと押し付けてやった。
「やぁああああっっ! もうだめだめっ、だめなのっ…今っ、いってるからぁっっ」
がたがたと、手かせが鳴るのも無視して、嫁子がよだれと涙を垂らしながら懇願するのも無視。

ずーっと電マを当て続けていたら、
「い、や、ぁぁ……ああ……っっぅ、ふぅ」
床に大きな水たまりが。
どうやら、過ぎた刺激に、漏らしてしまったらしい。

弟とセックスするようなどうしようもない尻軽だけれど、目の前で尿を漏らしながら泣いている姿がめちゃくちゃいとおしい。

その後はみんなで風呂に入って、食事を食べたりして、外が暗くなってからホテルを出た。

なんだかんだ、あのあとも何回か4人で交わったけど、今はもうそんなことはない。
でもそのかわりに、俺の弟と嫁妹が、もうすぐ結婚することになったww

あんなことがあって、俺たちはすごく仲良くなれたから、きっとお互い子供が生まれたりしても、いっしょに家族旅行とかいったりするんだろうなと思う。

子供たちには、ぜったいに、俺たちみたいにはならないでほしいけどw

 

管理人のたわ言(´・ω・`)
弟、一番おいしいやんけ。

コメント

  1. 1. タナトスの声  

    ,,,狂ってやがる。

コメントを書く