【悲劇】浴衣でかわいく変身したいつも地味な彼女と花火大会ではぐれた結果・・・・・・・・・・

いつも地味で色気がない投稿者男性の彼女。地元の花火大会に二人で行こうとした時、投稿者男性のお母さんに彼女が浴衣を着せてもらったら、すごくかわいく変身した。二人で意気揚々と花火大会に出かける。しかし、なれない下駄で靴ズレする彼女。絆創膏を買いにいった投稿者男性とはぐれてしまう。そこから悲劇は始まった・・・・・

彼女のT子を連れて、地元の花火大会に行った。

いつもは地味で、デニムとTシャツみたいな恰好ばかりで、色気も何もないと思っていたんだけれど、うちの親が「せっかくなんだし、T子ちゃん、浴衣着せてあげるわよ」って言ってくれて、シックな紺色にアジサイ模様の浴衣を着て。

髪も上げてメイクもして、いつもよりすごく綺麗で、倉科カナみたいな雰囲気。

うちの姉たちは胸が大きいから、浴衣を着るたんびにタオルをいれられて、「暑いし苦しい~」と文句を言っていたけれど、T子は自称Cカップの実際はBカップくらいだから、タオルをいれなくてもすんなりと綺麗なラインになっていた。

いつもはスニーカーとかで、すぐ隣を歩いているT子が、慣れない下駄のせいで、数歩後ろをついてくる。
それもなんか新鮮でよかったんだけど、慣れないことって、あんまりするもんじゃない。

歩くスピードが遅くなってきたから「どうかした?」って聞いてみたら、「なんでもない」って言いながらも足を引き摺っているように見える。

しゃがみこんでみたら、下駄の鼻緒のところで擦れて、ひどい靴擦れみたいになってしまっていた。
「花火まで時間もあるし、そこに座って待ってな。コンビニで絆創膏買ってくるから」
って、すぐそこにあった露天で冷たい飲み物を買って渡して、T子を置いてコンビニまで走った。

その河原から走ったら3,4分くらいでつくくらいの距離のコンビニなのに、人が多くてうまく走れないからか、なかなかたどり着かない。

絆創膏を買って戻ったのは、T子を離れてから15分ほどたってからで、さっき座らせたはずのベンチにT子はいなかった。

慌てて探してみても、人が多すぎて見つからない。「T子!」と声を張り上げてみても、祭りの囃子でT子に聞こえるはずもない。

しばらくして花火が始まってしまった。

花火は数十分続くから、なんとしてでもT子を見つけ出して、いっしょに見たい。
そう思って、出店の人とかに、T子の特徴を言って、探して回った。

わたがしの屋台の親父さんが、
「アジサイ柄の紺色の浴衣の綺麗な子、少し前に見たぞ。なんだ、はぐれたのか? 男といたみたいだったけど。たしか、あっちへ行ったと思う」

親父さんの指差した方向へ走っていくと、公園へ続く道があって、その道のほかには草がぼうぼうに生えているところしかない。
進むとしたらこっちだと信じて向かってみたら、花火の音に紛れて、かすかに声がする。

声のするほうへ向かってみたら、トイレがあった。入口にヤンキーっぽい男がひとり立っていて、
「ちょっと今トイレ使えないから、ほかあたってくれ」
ってニヤニヤしながら言うんだよ。
明かりだってついてるのに。

おかしいと思って、そいつを押しのけてトイレに入ったら、トイレの床に腰を高くかかげて四つんばいみたいにさせられて、後ろからペニスを挿入され、さらに前の男のペニスを口で奉仕させられているT子がいた。

髪も、浴衣もぐしゃぐしゃで、太ももや尻には赤い手の痕がある。
拒んだときに、叩かれたりしたのだろう。
「通報したぞ!!」
と、大声を上げたら、男たちはびっくりして逃げていって、支えを失ったT子が床に崩れ落ちた。

慌てて抱き起してみたら、頬も赤くはれていて、涙でぼろぼろ。
「俺くん、ごめん……拒んだんだけど……俺くん以外の人の、入れられちゃった……」
って、しゃくりあげながら言う。

悪いのは、T子をひとりにした俺の方なのに。

「大丈夫だから。警察、本当に呼ぼうか。あいつら捕まえてもらわないと……」
「ううん、もういい。こういう事件のとき、警察いって辛いのって女の子って聞くもん……もう、帰りたい……ごめんね、花火いっしょに見られなくて」

俺の胸元をぐしょぐしょに濡らしながら言うから、みんなが花火を見ている間に、そっとT子を連れて帰った。

帰宅して、T子の姿を見た母親はびっくり。T子の許可を得て話したら、
「かわいそうに…むごいことされたんだね……。今夜はあんた、一緒に寝てあげなさいな。不安だろうから。こんなかわいい子を一人にしたあんたにも責任はあるんだよ、男なんだから、きちんと責任とりなさいな」
って背中をばしばし叩かれた。

「えっと……じゃあ、T子。結婚しよう」って声をかけたら、せっかく止まってた涙が、またドバーってww
「息子のプロポーズに立ち会う母親って、ちょっと珍しいわよね」
って母さんも笑ってたww

それから数年して、今俺たちの間には、一人の女の子がいる。
もう3歳になった。

しばらく祭りってものには行っていなかったけど、この間テレビで見てから「花火みてみたい!」ってうるさいから、三人で祭りに行くことになって、地元へ帰省した。

もうぜったい、二人から目を離したりしない。
祭りシーズンってなると、わくわくするし、カップルだったら一緒に行きたくなると思う。
でも、お互いぜったいに離れないようにしろよ。

管理人のたわごと(´・ω・`)
最後に幸せそうでよかったです

コメントを書く