入院した病院で、女優の北川○子似の看護師が担当に・・夜中にナースコールで呼び出して押し倒した結果・・

バイク事故を起こして、病院に先日入院。
病院に入院なんて、かったりいな、って思っていたんだ。
その看護師を見るまでは。

俺の担当は、女優の北川○子似のクール美人で、
初めて見たとき、もう俺、心臓が飛び出るかと思うくらい、
かなりドキドキしていた。

まだ大学に入学したての18歳なんだけど、
大学にいるどの女子生徒より、どの先生より、
これまで会ったどの女性より、その看護師は綺麗だった。

声もとても澄んでいて、可愛らしい声で
どストレートで好みだった。

入院して1日目にして、その看護師に夢中になった俺は、
どうにかして、近づきたいと思っていた。

ただ、俺の顔は普通以下だし、
身長だって高くないし、
いわゆる非モテ男子だから、
そんな美人に簡単に近づくことができないことくらい、
痛いほど分かっていた。

だから、女子が好きな「優しい男子」「面白い男子」に
なろうとして、一生懸命アピールした。

看護師はとても優しくて、
俺の他愛のない一言も、きちんと聞いてくれて笑ってくれた。

「その元気があれば、大丈夫ね」
ってさらりと言うから、
「看護師さんともっといたかったな」
って俺も本音をポロリ。

「何言ってんの。早く退院してください」
って笑顔で言う看護師。

そうか、退院したら看護師とも会えなくなるんだな、
と思うと、妙に寂しい。

だから、俺、勇気を振り絞って、
看護師が夜勤のときに、ナースコールして呼び出した。

「どうかした?」
って急ぎ足で駆けつけてくれる看護師。

俺は個室だったから、ここには二人っきり。

「ちょっと、腰が痛くて」
って嘘をついたんだけど、看護師は真剣な目をして
「どれ、見せて」って言って、俺の方に近づいてくる。

「んー?どこ?」
って言うから、そのまま看護師に抱き付いて
「ねえ、ヤラせてよ」って低音ボイスで囁く。

「何言って・・・」
看護師の言葉をキスで塞ぐ。

抵抗する看護師をよそに、
ナース服ごしに、胸を触る。

ぱっと見た感じより、実際に触ってみると、
柔らかくDカップくらいはありそうな、
丁度良い大きさの胸。

それを触ったら、やけに興奮してきて、
そのままベッドに看護師を押し倒して、
ナース服を脱がせていく。

上半身が露出され、ブラジャーが見える。
ピンク色の可愛らしいブラジャー。

「あれえ、看護師さん。こんないやらしいブラジャーつけて」
「ちょっと、やめてよ」

まだ看護師は抵抗するが、
俺は力だけは強いので、
そのまま押し倒した体制となっている。

ブラジャーを取ると、薄いピンク色の乳首が見える。
それを指で触ると、ビクンと看護師の体が揺れる。

「感じちゃった?」
「私、彼氏がいるのよ」
「関係ないね」

乳首を口に含み、コロコロと転がすようにすると、
「はあっ・・・」
と深い息を吐く看護師。

下にも手を伸ばして、
ストッキングを強引に破く。

破いたところから、ブラジャーとお揃いの
パンティが見える。

大事な部分は、既に薄くシミになっている。
そこを指先でつんつんとしながら、
「看護師さんのここ、もうシミができてるけど」

胸を揉みながら、パンティを下ろして、
濡れているところを指でそっと触ると、
白いヌルヌルした液体がもう漏れていて、
「これ、なーんだっ」
って見せると、恥ずかしそうにする看護師。

その恥ずかしそうな顔に俺は欲情して、
ゆっくりと手マンを始める。

ビラビラの間をゆっくりと人差し指でなぞって、
看護師のことを焦らす。

「ああ、もう・・・」
「どうかした?」
って俺、自分がドSだったことを思い出す。

何度もそこを往復していると、
「触って」
って言うから「どこを?」って意地悪に聞き返す。

「先端の・・・」
「ここ?」
クリトリスから少し離れたところをわざと触ると、
左右に頭を振る看護師。

「もう限界だから、お願い・・・」
って言われたから「しょうがないな」って言って、
クリトリスの先の方を指でカリッとすると、
「やああん」って軽くイッたようだ。

それからはだけたナース服を着ている看護師に
フェラチオをさせる。

その情景がすごく良くて、
ナース服のコスプレいいな、とか頭の片隅で思う。

ナース服を着たまま、
挿入して、最初は正常位で、その後は騎乗位、
バック、立ちバックなど、色々な体位で楽しんだ。

看護師もものすごく感じていて、
中に入れてから、3回くらいイッたようだった。

俺の怪我もすっかり治っていたから、
看護師とのセックスを満喫できた。

終わってから、看護師に「どうだった?」って聞くと、
ぐったりしながら「うん・・・」って言って。

「ねえ、彼氏と別れて、俺と付き合ってよ」
「でも、私歳だから」
「え?」
「だって今年30だよ」

ってマジか!w
見た目的に22か23くらいだと思っていたのに、
俺より12歳も年上だったとは・・・

「それでも、いいよ」
「でも」
「とりあえず、連絡先教えてよ」

俺、それから3日後くらいに退院したんだけど、
それから何度も連絡して、会って、デートして。

看護師は彼氏と別れて、
今では一回り違う看護師の彼女が俺にはいる。

管理人のたわ言(´・ω・`)
最近の美魔女は恐ろしいぃ

コメントを書く