会社で台風の為、片思いの同僚と二人きり・・思い切って告白した結果・・・・・

営業サラリーマンの投稿者男性。事務職の同僚の女の子にずっと恋していたが同じ会社で気まずくなりたくない為、。そんなある日、台風がきて、雷も鳴っていて、会社で彼女と二人きりになった・・・。絶好のチャンスが彼に到来したんだが・・・。

会社員3年目、25歳の普通の営業やってるサラリーマンなんだけど、
同期で、事務職の女の子にずっと恋してる。

会社が同じで、フロアも一緒だから、
もし振られたらかなり気まずいと思って、
告白する勇気は持ち合わせていない。

俺も大学時代に彼女はいたし、
見た目も悪いわけじゃないけど、
どっちかっていうと草食系だから、
自分から積極的にアピールできずにいた。

そんなある日。
台風がきて、雷も鳴っていて、
会社で彼女と二人きりになった。

「これじゃ、帰れないね」
「そうだね」
「○○くん(俺の名前)、家族とか彼女とか心配しない?」
「今、一人暮らししているから平気。○○ちゃん(彼女の名前)は?」
「私も一人暮らしだから、大丈夫」

そんな何気ない会話をしていると、
いきなり停電して、
真っ暗に。

彼女が思わず自分に抱き付いてきて、
もう俺、心臓が飛び出るくらいドキドキして。

パッと明かりがつくと、彼女下を向きながら、
「ごめん、暗いところ怖くて」

そんな彼女が可愛くて、
俺、本能的に彼女のこと強く抱きしめてた。

「○○くん?」
「ずっと好きだった」

さらりと言葉が出た。
そのまま彼女の口に口づける。

彼女はびっくりしていたようだが、
唇を離すこともなく、俺の唇を受け入れてくれる。

軽く口づけて、ぱっと離して、
「俺の彼女になってくれない?」
こくんと頷く彼女。

もう一度、口づける。
今度は深く、深く、深く。

そのまま、押し倒すような形になったんだけど、
さすがに会社でセックスするのはまずいと思って、
理性を保って、キスだけで終わりにした。

ふふっと微笑む彼女。
この優しい微笑みを俺、一人のものにできると思うと、
嬉しくて仕方がない。

会社内は恋愛禁止だったから、
それから俺と彼女はこっそり付き合うことになる。

付き合って3年近く経って、
彼女が結婚したいと言い出して、
「仕事はどうするの?」
「んー、寿退社する」
って言うから、俺と結婚するために、彼女は会社を辞めた。

それから、また5年くらい経って、
「もう時効だと思うから言うんだけどさ」
「ん?何?」
「実は、あの告白された日、私、彼氏いたんだよね」
「え?嘘でしょ?」
「うふふ。本当」

彼女は彼氏がいたけど、ちょうど別れようと思っていて、
俺のことも気になっていたから、オッケーしたらしい。

試しに俺と付き合ってみたら、
キスもセックスも元カレよりうまかったから、
結婚も決めたというから、女って怖いとつくづく思う。

ちなみに、もうすぐそんな彼女との間に、
子供も生まれて、家族3人の暮らしが始まろうとしている。

管理人のたわ言(´・ω・`)
オンナはこわい・・

コメントを書く