【愕然】妻(28)を友人の整体師に「Hできそうならやってもいい」との条件でマッサージ頼んだ結果・・・・・・・・・・・・・・・

【体験談】投稿者男性は寝取られ願望を実現させるために友人の整体師に妻(28)のマッサージを依頼した。「できそうならやってくれてもいい」という条件を付けて。当日、自宅兼診療所の友人の家に夫婦で行き、途中で妻を残して出るふりをして外から覗いていると・・・。

massa

以前から寝取られ願望を持っており色々考えていましたが先日実行に移すことができました。

妻は28歳、色白でスレンダー、胸は小さいけど乳首も小さくキレイなほうだと思います。
私の友人が自宅で整体やマッサージをやっているので、無料でやってもらえるという話を妻に持ちかけると立ち仕事をしている妻は最近腰が痛いらしく、喜んで話に乗っかってきました。

友人Aには先に話をしておき、マッサージの経過でセックスできそうならしてもいいと、伝えおきました。
驚いていたけど、ある程度長い付き合いの友達なのでまぁまぁ話はわかってもらえた。笑

この日のために妻とのセックスは少しだけセーブしておいた。

友人宅に到着すると、少し大きめの自宅の一回を診療所に改築したもの、内装はそこそこ立派。
Aはマッサージ師だけど、そんなに体格は良くなく、まぁそれでも筋肉はついてるなという感じ。
見た目は爽やかで妻も好印象な感じ。

施術のためにバスローブにみたいな薄手のガウンを羽織って用意をする妻。
私も施術の説明を一緒に聞きながら、最初はマッサージを見学していたが、一時間くらいゆっくりしてくれるみたいなので、近くのカフェでお茶したりして時間をつぶすといい部屋をでた。

もちろん、そんなとこに行くはずは無く待合室で待つが、廊下からベッドが丸見えなので、そこで待機。
会話はよく聞こえてくる、最初は体をほぐすマッサージと問診、妻の「気持ちいい~」という声が聞こえてきます。

オイルを使ったマッサージ、リフレクソロジーというものか?が始まった。
手から足、太ももあたりまで優しくマッサージされて妻も普通に気持ちよさそうだった、二人の世間話も聞こえてきて何か申し訳ない気分になったが私はかなり勃起していた。

Aのマッサージと喋りに安心したのかだいぶ打ち解けた様子、仰向けになり鎖骨あたりもマッサージしていた。

「良ければ全身マッサージやりますよ?」
とAが言う、妻は恥ずかしいと言ったがAは仕事ですから安心を!と言い妻に気遣ってかアイマスクを妻に渡しつけさせ、そして全身のマッサージが始まった。

胸のオイルマッサージで豊胸にいいと言い、リンパを刺激するだのなんだか胸の小さな妻を喜ばせるA。
乳首に指が触れるたびに少し足がピクつく妻。

太もものつけねのマッサージの時にパンティごしに手が当たるのも恐らくは少し感じていたのだろう、マッサージの気持ちよさの声からだんたん艶を帯びた色っぽい声になっていく。

間違いなく妻は濡れているだろうと確信した、Aも確信したのか妻の局部にじらしながら手を滑り近づかせる。
AVなどでよく見ていたが、オイルで艶を帯びた肌はエロい。

ゆっくりと様子を伺うようにクリトリスに指を這わすA、その瞬間妻の体が反応する。
手で防ごうとするも、そぶりだけでそこまで抵抗していないように見えた。

ゆっくりと局部を刺激するA、オイルをたっぷりと塗られ全身ヌルヌルになっていく妻。
もはやこうなれば止められないだろう、妻も普通に喘ぎだした。

Aは妻にバレないように服のズボンを下ろし、ペニスを露出させた、まだ半勃ちだがデカかった。
自分の手でペニスにオイルをつけいつでも挿入できるよう準備していた、けっこう強引だなーと思いつつ自分より大きなペニスのAに嫉妬。

妻はまだAが勃起していることは知らない。
局部のマッサージを続けるA、妻のあそこからはピチャピチャと音がする。

不意に妻の手がベッドからだらんと落ちた時にAのペニスに当たった、Aも驚いていたが妻はそれを
ペニスだと認識したのか、Aのペニスを手でしごき始める。
もしかしたらズボンを脱いでいたことに気付いていたのか・・。

手で刺激されてぐんぐんと大きくなるペニス、長さはまぁまぁそれより太かった。

Aが妻に、「入れてもいいですか?」と確認、妻は時間をきにしていたがまだ30分ですとAは言う
妻は安心したのか、Aのなすがままに足を開けられ、ついにAのペニスが挿入される。

ヌルヌルになっていたのですんなり入ったが、妻の一言目が
「ちょっと大きいからゆっくりお願いします」
だった。

ゆっくりと腰を動かすA、ベッドを横から見る私。
妻のアソコに太いペニスがぬるぬると出し入れされる、テカったペニスがまたいやらしい。

だんだん慣れてきたのかピストン速度をあげていくA、そして声をあげる妻。
いとも簡単に落ちる妻にちょっとがっかりだったが、そんなこと忘れられるくらい刺激的な光景。

にちゃにちゃとペニスが挿入される音が聞こえる。
Aのペニスと腰使いが良いのか、妻は一回目の絶頂を迎える、私が正常位でイかすにはもう少し時間がかかるのだが・・。

妻の体が快感に震える。
次は体位を変え騎乗位に。
妻がAのペニスを手で持ち自ら挿入、私とセックスする時と同じやり方だ。

しかしAのペニスはでかい、妻の中が気持ちよいのか挿入前より大きくなっていた。
ペニスにまたがりゆっくりと腰を下ろす、妻の膣内にペニスが埋もれていく。

妻は上になるのが得意で私はしょっちゅう耐え切れずに射精していたがAは耐えていた。
いい所にあたるのだろうか、妻は
「太いっ、こすれるっ」
といいながら腰を上下に動かしていた。

妻の白い肌と赤黒いペニスのコントラストが卑猥だった。
腰を動かすのに疲れた妻が動きを緩めるとAが下から突き上げる、何度も太いペニスが出し入れされる。

五分後くらいに
「いくっ、いくってば!ちょっと待って!」
と言いAの腰使いに堪らず妻は二度目の絶頂を迎えた。

最後はまた正常位、妻はもう私のことは今は忘れてそうだなーと思いつつも引き続き鑑賞。
Aのピストンに色っぽい声をあげる妻、太いペニスが何度も出入りしさぞかし気持ちいいのだろう
Aのピストンが早くなり、イキます!と言いフィニッシュ。

胸のあたりに精液がたっぷりと飛び散る。
放心状態の妻だったが、急いでアイマスクを取りティッシュを取り精液をふき取ると、Aのペニスに目をやり、
「こんな大きいのが入ってたんだ、そりゃ気持ちいいわー、旦那はあんまり大きくないの。これは秘密ねw」
と言っていた、正直ショックだったが。笑

 

妻はガウンを羽織り何もしていなかったように振舞う、そこに出かけていたように見せかけていた私は戻った。

男女がセックスをしていた時の匂いがした、ベッドの台に精液のついたティッシュをそのままにしてあった、急いでいたのか忘れていたらしい、これには触れず。
あえて何も知らないフリ。

そそくさと帰り支度をする妻、マッサージお上手ですね、本当に気持ちよかったです!
と会釈をし診療所を去る、

帰りにカフェでお茶をしていたが妻は他人とセックスをしたような素振りなど一切見せなかった、女は怖い、だが夜は私が誘う前に熟睡していた、余程良かったのだろう。

寝ている妻のパンツに手を入れるとかなり濡れていた、思い出していたのだろうか。笑

 

とりあえず今後も妻にはネタばらしはしない方向で、後日Aにぶっちゃけた感想を聞くと私の妻のあそこはかなり気持ちよかったとの事。笑 

また機会があればお願いしますと言っておいたが、Aは夫婦関係が壊れない程度にな!と笑われました。

それから三日後くらいに妻が少し太いディルドが欲しいと言い出した、これには参った。笑

文章構成が下手で描写しきれない部分がありましたが、ついこの間の事実なので興奮のあまり投稿しました。

 

管理人の戯言(´・ω・`)
そんな尻軽女でいいのか・・・。

コメントを書く