【修羅場】彼氏の浮気が発覚→別れ話をした彼氏が豹変→恐怖の現場に・・・・・・・・・・・・

ikari

携帯からの書き込みで申し訳ない。

文章が下手ですが
2週間前に起きた私の修羅場を投下。

私:M 24歳
彼:Y 27歳(元同僚)

私とYは2年半付き合っていて、Yは私が前にいた会社の同僚でした。

元々、私がウェットで心配性で嫉妬深い性格にYが疲れていて2、3ヶ月うまくいってない状態が続いていました。

私自身も自分の性格に疲れ、疑い深い私を責めるだけで信用を得る行動はしないYにも疲れていて好きな気持ちはあっても、もう修復は難しいだろうな…と落ち込んでいた時期でした。

そんな時期に前の会社の先輩であり、親友からYが会社の新人の女の子と、会社帰りにスーパーで手をつないで買い物をしていたと知らされました。

友人と新人の女の子は住んでいる場所が近く、たまたま目撃した様子。
聞いた時はうまくいってないとはいえ、さすがにショックでした。

信じたくない気持ちはあっても、友人がそんな嘘を言うわけもないし、とりあえずYに会って、別れる事を覚悟し話だけでも聞こうと思いました。

Yの部屋で話を聞いたんですが、Yは一切浮気を否定。
追及すると、ふてくされて態度で話し合いを拒否。

なんとなく言葉尻に

「そんなに言うなら別れればいんじゃない?」

って事を滲ませるだけ。

私は、これだけはっきりしてるのに認める事も謝る事もせず、ましてや、きちんと別れ話をしようともしないYの投げやりな態度が悲しくて虚しくて自分から別れを告げ、Yもそれでいいと言い別れました。

失恋のショックから早く立ち直るため、すぐにYの電番とメールを拒否。
凹みつつも、これで良かったんだと思いながら、会社からの帰り道を歩いているとそこにYがいました。

しかも別れてから4日しか経ってないのにorz

 

とりあえず立ち話もなんなんで、近くのド○ールへ。

Mの話を要約すると、

「よりを戻したい。浮気はしてない、でも誤解を招く行動をしたのは事実。
これからは信じてもらうために努力する。
だからMも俺を信じてくれ。」

という内容でした。

私はこの数日や、うまくいってない頃から考えていた事、
「私との2年半に少しでも情があるなら、投げやりにならずにきちんと話し合って別れて欲しかった。
もう浮気をしたかしないかは重要じゃない。
私はもうYを信じる事ができず、信じる努力をするのに疲れた。
お互い疲れるのは目に見えてるから、Yの事は嫌いじゃないがよりを戻す事はできない」

と言い、Yは泣きながら納得してくれた…ように見えました。

Yが私の部屋にある荷物を取りに行きたい、それで本当に終わりと言うので、私もまだまだYに情があったので、そのまま部屋に来る事を許してしまいました。

その後、私の部屋でYが荷物をまとめながら、泣き出し

「やっぱりMと別れるなんて嫌だ。Mの事をもっと大事にすれば良かった。
これからは大事にするから考え直して」

と駄々をこね始めました。

私も正直、こんな必死な彼は見た事なかったので、ほだされそうになりながらも

「後悔してるなら次に付き合う人を大事にしてあげて。
私もYの事で嫉妬深い自分を後悔したから、次に活かすつもりだから」

と彼にも自分にも言い聞かせました。

今、思えばこの言葉がスイッチだったのか…orz

 

私の言葉を聞き、しばらく泣いていたYが突然、壁を殴りました。

安い木造アパートの壁はもちろん凹む。

その後、ガラス製のテーブルを壁に何度も叩きつけて割り、最初は腰が抜けて唖然としていた私も、悲鳴をあげて外に逃げようとしました。

しかし玄関のドアにたどり着く前にYに後ろから羽交い締めにされ、部屋に連れ戻されました。

殺されると思い泣きながら震える私に、

「浮気なんてしてねーっつってんだろ!!今から相手の女から説明させてやるよ!!
俺以外の奴と付き合うなんて許さねーからな!!」

と泣き喚きながら怒鳴るY。

さっきの切ない別れモードはどこへ!?
もちろんこんなYは初めて。
というかこんな男自体初めてorz

私が逃げられないように、ドアの前に立ちながら電話をかけ始めるY。
Yが監視しているせいで携帯を手にとる事もできない…
Yは相手が電話に出た途端怒鳴り出しました。

「てめぇのせいで、Mが誤解してんだよっ!!Mと別れそうになってるんだから、きちんと浮気してないって説明しろっっ!!!」

何度も電話の相手に浮気してないって言えと怒鳴りつけた後に私に電話を渡し、話せと言ってきました。

恐らく浮気相手である女の子(Rさん)は急に怒鳴られ、びっくりしてるのか泣いていました。
そりゃそうだよorz

Rさん「ヒック…ゥ…あの……私……」
私「(私も泣きたいよ…)ごめんなさい、びっくりさせて…
別れ話してたら急にこんな事になって…私も何がなんだか……」

Y(私が話すのにかぶせるように)
「そんなのどーでもいいんだよっ!!早く浮気してねーって説明しろ!!」
私「お願いだから怒鳴らないでよ…そんなんじゃ私も相手も怖くて話できないよ…」
Y「うるせーなっ、早く話しろよっ!!!」
Rさん(電話口で泣き続けるorz)

以下ループ…。

とりあえずRさんにはこのまま待ってもらい、Rさんと2人で話したいからYにベランダに出てくれと頼みました。

最初は私とRさんを2人で話させたくないのか、怒鳴って威嚇していましたが、私もRさんと電話が繋がってるため、いざとなったら警察を呼んでもらえるという安心感が少し生まれ、

「さっき部屋で大きな音させたし、そんなに怒鳴ってたら隣の人が誤解して警察呼んじゃうよ?
それでこの部屋見られたら洒落になんないじゃん…
Yが警察に連れてかれたら悲しいからとりあえず落ち着いて。」

と話しました。

本心は捕まってくれ!でしたが…
Yは警察と聞いた途端冷静になったのか、

「ごめん、興奮してた…。ベランダに出てるけど、俺から見える位置で電話して…」

と言い、ベランダに出る前にRさんに

「いきなり怒鳴って悪かった。彼女に誤解だってちゃんと説明してね」

と念押ししたあとベランダに出ました。

とりあえず逃げようとして、さっきみたいになっても怖いので言いつけ通り、ベランダから見える位置でRさんと電話。

ごめんなさい、一応まとめてから投下してるんですが

かなり長いですよねorz
はしょるの下手ですいません…まだ続きます。

私「さっきは怖かったでしょ…ごめんね…」
R「グスっ…あの…私、何がなんだか…」

私「私、RさんとYが手をつないでスーパーで歩いてたって聞いて…Yと別れることにしたのね。
で、Yが荷物取りに部屋に来たんだけど急に暴れ出して…あなたに電話するって…」

R「…別れたのはYさんから聞いてました…。あの…暴れたって…。大丈夫なんですか…?私、あんなYさん初めてで…」
私「Yがあんな風になったのは私も初めて見たよorz
テーブル壊されたり…逃げようとしたら抑えつけられて逃げれなかったの…。
とりあえず、今Yはベランダに出てる。
でも監視されてて、逃げられないの…」

R「(激しく泣きながら)あのっ!本当にごめんなさい…
Yさんは、浮気してないって言えって言ってたけど
本当は…してました。本当にごめんなさい…。」

やっぱりね、と思いながら
私「…私とYが別れるのは、Rさんだけが原因じゃないし……
さっきの事もあったから私も本気で別れたいの。」
R「…はい。ゥ…グス…でも、Yさん、ちゃんと帰ってくれそうですか?」

そう、そこですよ。
怒らせず穏便に帰ってもらうため、Rさんと話し合い。
今思えば、かなりバカらしいよ…。

電話は30分くらいで終わり、ベランダにいるYに話しかけました。
Yは本当の事がバレたと思っているのかふてくされた様子。

私はわざと呆れてため息をつきながら

「…もう、本当に誤解だったんだね。Rさんから聞いたよ。
友達とみんなでRさんちで飲んでる途中で買い物行ったんだって??
ふざけて手繋いじゃったから、誤解させてごめんなさいって謝ってた。
なんで本当の事ちゃんと説明しないの??」

後でYが確かめた時バレないようにRさんと口裏合わせて、言った嘘にYは急に明るくなり

「ごめん…手を繋いじゃったのは事実だから…
Mに悲しい思いさせたくなくて嘘吐いちゃった。
でも浮気は本当にしてないの分かったでしょ!?」

殴りたい気持ちを抑えながら、必死に演技を続けました…

私「うん、私も信じてあげられなくてごめんね…
より戻すの前向きに考えるから、少し時間を置いて待ってくれない??」
Y「本当に?ありがとう…(泣きながら)
俺、本当にMの事、大事にするから…」
私「(鳥肌を抑えながら)うん、ありがと…。
とりあえず1ヵ月だけ一人でゆっくり考える時間ちょうだい」

Yは少し愚図りましたが、納得してくれました。

部屋を片付けるのを手伝うと言っていましたが、早く帰って欲しくて、翌日に実家に帰るのを理由(これは本当)にお引き取り頂きました。

グダグダになってすいません…。
私の修羅場は以上です。

今は実家に一時非難し、新居の準備しています。

もちろんグチャグチャの部屋も写真とったし、証人いるし。
どう使ってやろう。

コメントを書く