【唖然】婚約中の彼氏と知らない女の結婚式の招待状を発見→問い詰めた結果・・・・・・・・・・

【体験談】こんな屑野郎本当にいるんですね・・・

kanojo

静まったとこで投下します。

至らない文章ですが、お付き合いくださいませ。
付き合って五年になる彼氏がいます。

今年には結婚する予定でした。

先日、彼の家に行った時のことです。
彼が飲み物を取りに台所に行っている間に、私は暇潰しにと、本棚をあさっていました。

好きな作家の新刊が置いてあったので、手にとってみると…。
結婚式の招待状。

知り合いのかな、こんな所に挟んじゃって…仕方ないなぁと取り出してみると、

差出人は 彼氏(と知らない女) で し た 。

白い封筒に綴られた二人の名前…。

あれ、婚約してるのって私じゃなかったっけな?
もしかして前に奥さんいたのかな?
…でも日付は今年なんだけど、来月なんだけどォ!?

と一人で目を白黒させていると、部屋に戻ってきた彼が私に声をかけてきました。

「お待たせ~、あ、新刊まだ読んでなかった? …ってそれ!!!」
手元の封筒に気付いたのか、彼は目を見開いて固まっていました。

「どういう事…?」
声が震えているのが、自分でも分かります。
結婚しようね、と交した口約束。

借りるアパートのために、式はしないで入籍だけにしようと言った彼。

でも、目の前にあるのは、その彼の結婚式の招待状でした。
ぶん殴りたいのを堪えて、とりあえず説明しろ、て告げました。

 

訳を聞けば、彼女とは二年付き合っているとのこと。
被っている期間は、昼は無職の彼女の家、夜は私とデートだったらしいです。

親にも挨拶したし、新居も決まっている。

「お前のことも好きだけど、彼女も好きなんだ…どちらも選べない!」

と彼はほざきやがりました。

なら、なぜ五年付き合っている私を選ばなかった?と聞いたところ、

「会っている所を彼女の親に見られた、彼女がその場で挨拶させたから」

…(д)゚゚
それだけの理由で!?

唖然としていた所で、彼の携帯にメールが入った。
彼女かららしい。

見せなさいと脅すと、彼は渋々見せてくれました。
「○○くんとの結婚式まで、あと○○日だね♪今日はドレスも仕上がるよ(^ー^)」
(原文まま)

私との結婚資金は節約して、彼女はオーダードレスですか?
もう、私の目は座っていました。呆れて物も言えません。

「…わかった、彼女とお幸せにね?」

ぽつり、と呟くと、彼の顔が途端に青ざめてゆきました。

「嫌だ、捨てないで!○○とは戸籍上一緒になるだけなんだよ!俺が好きなのはお前だけなんだよ!」

今にも泣き出しそうな顔で、彼は私の足にすがってきました。
戸籍上って…それを結婚と言うのでは?

五年も付き合っていたので、私にも情の欠片はありました。

「わかった、じゃあ、三人で話し合いをする?」

弁明の場を与えてやろうと思ったのですが、これが間違いの発端でした…。

 

時は夕刻、彼宅。

電話で呼び出した彼女と、彼と、私の三すくみとなりました。
まだ彼女に事情は話しておりませんでした。
電話口で言うのも何でしたし。

私と同じ年の彼女は、いかにも普通そうな子でした。

…外見は。

彼の部屋に入ってきて、彼女が尋ねてきました。

「あんた誰? ○○の何?」
「えっと、話せば長くなるのですけれども…」

彼女は明らかに不機嫌そうな顔をこちらに向けてきました。

「私、○○と五年前から付き合っている者です」
「ハァ? ○○は来月、私と結婚するんだけど?」
「ええ、先程知らされまして…」

トゲの立たぬように、事情を説明していましたが、彼女が突然高笑いしはじめたのです。
な、何? と戸惑っていると、彼女は私に向かってこう言いました。

「この泥棒猫!」
(∀) ゚゚

リアルでそんな台詞を吐かれるとは、思いもしませんでした…。

唖然としていると、彼女は勝ち誇ったように自慢話をぶつけてきました。
五年付き合ったって私には勝てない、だの、結婚するのは私よ、だの…。

イヤ、先に付き合ってたのは私なのですが…? と心の中でそっと反論していました。

何故なら彼女はDQNらしき人でしたから。
泥棒猫は此方の台詞では…。

一通り自慢が終わったところで、DQN確定の言葉を頂きました。

「結婚前にひつかきまわしてくれたんだから、慰謝料もらうわよ!」

 

(д) ゚゚
本当に目玉が飛び出るかと思いました。

当の彼氏も、私と同じ表情を浮かべておりました…。
慰謝料って、どう見ても私が彼から頂く立場です。

重婚か、結婚詐偽か。
なのに、私が訴えられると宣言する彼女…。

彼も、やっと彼女がDQNと気付いたのでしょうか、私へ「助けて」と視線を送ってきました。

「…やっぱり、俺、お前と結婚したい…」
「…やだよ、彼女としなよ…」

小声で囁き会っていると、彼女がこちらに気付いて、私達の間に割って入ってきました。

こんな女相手にすることはないわ、○○くんは私の旦那様になるんだもの! と喚きながら。
もう、彼への情も未練も消え去りました。

…彼女のインパクトのほうが強かったからでしょうか。

「じゃ、じゃあ、帰るわ…」
その場から一刻も早く立ち去りたい気持ちでいっぱいでした。

玄関まで逃げようとすると、彼が追い掛けてきて、
「待って、捨てないで!」
と抱きついてきましたが、振り切って逃げるように彼の家を後にしました。

 

…と、今日の昼の出来事です(´ω`)

彼と連絡は一切取りません。着信拒否、メルアドも変えました。
あの彼女と二股、重婚未遂をかけられていたのかと思うとゾッとします。

五年だろうが、結婚だろうが惜しくありません。
少し寂しくはなるでしょうが…。

幸い、同棲はしていなかったので、職場を異動してもらって、実家に戻れば会うこともないと思います。

親に二度会わせたけど、家ではなかったし…
(あ、結婚の挨拶もしたんです、彼女の後らしいですが)

また何かありましたら、すぐご報告致します。
お付きあいありがとうございました。

彼と彼女は今頃、もっと修羅場なんでしょうね…。
逃げたそうな顔してましたから。

 

皆様、ありがとうございます。
親にも慰謝料とったら? と言われましたので、弁護士さんを雇って取るようにします。

口約束でも取れるのですよね?

では、レス見てきます ノシ

では、何か進展がございましたらご報告を。

お付き会い下さった方々、乙でした~ ノシ

コメントを書く