【寝取られ】息子の有名中学合格と引き換えに妻が凌辱され続けることに・・・・・・・・・・・・

hitoduma

現在私35歳、妻 香澄32歳。若くして結婚しすぐに子宝にも恵まれました。

息子は現在中学2年生。

中学受験を経験して現在、偏差値の高い有名な私立中学に通っています。

この話は一昨年の中学受験の頃からの話となります。

中学受験を間近に控えた頃、息子が通っていた進学塾では最終的な志望校の決定をする為に、最終テスト結果を元に子供と保護者で三者面談を実施していました。

息子の第一志望校は非常に偏差値の高い有名校なのですが、最終テスト結果では合格率が非常に低く、2ランクぐらい落とした学校を塾からは勧められましたが、やはりどうしても第一志望校に行かせたい故に、第一志望校を無理を承知で受験して第二、第三志望校は息子の偏差値範囲内の学校を受験する事としました。

塾講師は親切に「では、塾にて保護者向けに実施している学校説明会の関係でその第一志望校の先生と知り合いなので紹介しますよ」と言ってくださいました。

挨拶をして友好関係を築き上げていけば、多少は入試テストの点数が足りなくてもなんとかなるかもしれない・・という事でしょう。

私は正々堂々と戦わずに裏でゴマすりのような事は好きではないのですが、子供の将来のためのコネと思い紹介をお願いしました。

数日後、塾の先生から連絡が入り、今週の日曜日午後5時に中学校にて待ち合わせる事になったとの事でしたが、私はその日、会社に出社しなければならなかった為に、挨拶は香澄に任せる事にしました。

待ち合わせ当日、香澄は菓子折りを持って出かけたようです。

私は印象よく会話ができているのか心配しながら会社業務をこなして定刻を過ぎた頃、香澄に電話をしました。

しかし携帯の電源が切られていました。

ちょうど挨拶をして話をしている頃の時間だった為、「相手に失礼のないように電源を切っているのだろう」と思いながら一応待ち合わせ場所であった中学校へと向かいました。

中学校に着いたのは待ち合わせ時間から1時間弱が過ぎていた頃でした。

既に中学校には塾の先生も香澄もいません。

「流石に挨拶も終わったか」と私は再度香澄に電話しましたがやはり携帯の電源は切られたままでした。仕方なく私は家に帰りましたが香澄はまだ帰っていません。

私はコンビニ弁当を食べながら香澄の帰宅を待ちました。

「香澄、遅いな・・どこに行ってるんだろう・・」
香澄が帰宅したのは午後11時過ぎでした。

「挨拶どうだった?こんな遅くまでどこ行ってたの?心配したぞ」と尋ねたところ

「うん、ごめんね。塾の先生を交えて中学の先生に挨拶した後、初対面という事で場所を変えて食事でもしましょうって誘われてさ。さっきまで居酒屋で飲んでたの。私はあまり飲まなかったけど、印象は悪くなかったと思うよ」

「なんで携帯の電源切れてたの?」と私が聞くと

「あ、ごめん。挨拶のとき携帯の電源切っててそのまま忘れてたよ」
「好感触なら(良い印象だったなら)よかったね。お疲れ様。でも、あまり酔ってないね?いつもは飲むとすぐ顔が赤くなるのに?」

香澄は「あ、流石に気を使って私は全然飲まなかったの。お酌ばかりしてたよ」

 

それから日も過ぎて息子の第一志望校の合格発表日。

やはりダメなのか・・でも奇跡はあるかも・・。

結果は「合格」でした。私と香澄と息子は抱き合って喜びました。

「頑張った報いだね」と。

その時、見た目50代ほどの男性が近寄ってきてこちらに会釈しました。

「おめでとうございます。よく頑張りましたね。始めまして。堺と申します。この学校で働いております。奥様にはご丁寧にご挨拶を頂きまして・・ありがとう御座います。これからよろしくお願いします」

と私に握手を求めてきました。

握手をした瞬間、堺先生はニヤッと笑みを浮かべたような気がしました。

堺先生は続けて
「息子様の合格祝いも兼ねましてプレゼントをお渡ししたいので、ちょっとだけ奥様をお借りしても宜しいでしょうか?」
と言いました。

「わざわざお祝いまでご用意して頂きありがとう御座います。では私は息子と待っています」

15分か20分くらい待ったでしょうか。
まだ香澄は校舎から戻ってこないので私は息子に待っているように伝えて香澄を迎えに校舎へと行きました。

この後に私は全ての真実を知り、そして屈辱的な日々を過ごす事になろうとも知らず・・。

 

職員室をノックして中を確認しましたが堺先生と香澄の姿はありません。
私は2人を探しに慣れない校舎内を歩き回って探しました。

とある教室の前に差し掛かった時、何やら男女の声が聞こえてきました。

「!?・・この声は・・」

私は鳥肌がたち、その場から動けなくなってしまいました

教室内から声を押し殺した香澄の喘ぎ声、そして激しく突き上げているのか、バックから攻めているのか肉と肉がぶつかり合う音・・そして男性・・境先生の呻き声が聞こえます。

香澄「あん・・主人と子供が待ってるし早く戻らないと・・」
堺先生「香澄、綺麗だよ・・ハァハァ・・合格祝いだよ・・ああっ・・イク」

香澄だと?呼び捨て・・・これが初めての交わりではない・・。

しばらく余韻に浸っているのでしょうか、沈黙があった後、事を終えた2人は会話を始めました。

私は今すぐドアを開け教室内に殴り込もうかと思いましたが、その先の会話が気になり息を潜めて会話に耳を傾けました。

香澄「これで約束通り最後ですよね?息子の合格まで、私は堺さんのご要望にお答えしたもの」

堺「ハハハ、何を言ってるんだ。もう俺の身体無しで生きていける身体じゃないだろ?しかもお宅の息子は全然合格基準に達していなかったんだぞ。合格できたのは俺のおかげだ。もし今後、関係維持ができないなら合格の話は無かった事にする」

香澄「そんな・・・。」

全てを悟りました。
香澄は塾の先生から堺を紹介されたあの日から、息子の為に自らの身体を捧げていた事を・・。

そう・・息子の偏差値では到底この学校に入るのは無理だったんだ・・。

私は後悔しました。気付けなかった自分に・・。

怒りと悔しさを胸に私は教室の扉を蹴り上げました。
鍵がかかっています。

一瞬、教室内が静かになりましたが、その後、着衣の乱れを整えたのか数分経った後にゆっくりと扉が開きました。

教室内には、香澄が感じた時にでるあの独特のいやらしい女の香りがかすかに感じられます。

香澄は「!?・・あ、貴方・・・いつここに・・来たの?」

私は何も言わず堺の胸倉を掴みました。

「いいんですか?旦那さん。せっかく喜んでいらっしゃる息子さんを悲しませる事になりますよ?」

堺は余裕の表情で笑みを浮かべています。

その言葉と態度を見た瞬間、合格に喜んだ子供の顔が思い浮かび私は手を緩めてしまいました。

「旦那さん?奥さんとは塾の先生を通じて知り合ったのですが、あの日に奥さんと約束したんですよ。どうしても合格させて欲しいなら力になってあげると。
その代わりに・・お察しの通り合格までは関係を持つ事が条件でした。
・・でも、あまりにも奥さんがお綺麗なのでこの身体が忘れられなくなってしまいましてね・・。
どうですか?これからどうするのかはお二人に任せますが、関係維持を認めてくださるなら息子さんは卒業まで面倒見ますがね・・。」

香澄は泣いています。
もちろんそんな要求に答えたくはありませんが、その場は

「考えさせてください」

としか言えず、香澄を引き連れて校舎を後にしました。

息子は合格の喜びで嬉しそうにしています。
そんな姿を見て香澄も「よかったね」と無理やり笑顔を作っていました。

 

子供が寝静まった後、しばらくの沈黙があり、香澄が涙ながらに話しかけてきました。

「貴方・・ごめんなさい・・。私・・将来の為にどうしても合格させてあげたくて・・すごく悩んだんだけどあの子の為だと、つい誘いに乗ってしまって・・。子供も喜んでるし・・私・・もう後悔しても遅いけど・・私・・貴方も好きだし心はいつも貴方を見てるから・・私を信じて耐えてくれる?あの子の為にも」

香澄は泣き出しました。

私は怒る気持ちもありながら、可愛い息子の喜んだ笑顔が頭から離れず、結局、堺との関係を止めることが出来ませんでした。

 

香澄曰く初対面の日、堺の言う通り合格と引き換えに身体を求められた香澄は、悩んだ末に堺の車に乗り込みホテルへと行ったそうです。

境は「紹介の報酬」と塾の先生も引き連れたそうです。
午後6時頃から10時頃までの約4時間程、2人に弄ばれたとの事でした。

香澄は罪悪感もありながら息子の為にと必死に目を閉じて耐えたと言っていました。

それからというもの、私の出社時間をぬって境に身体を要求され、もう何度されたかわからないくらい関係を持ったとの事でした。

避妊はしていたようで、また塾講師は最初の一日のみだったそうです。

綺麗な香澄を抱き、腰を打ち付けるあのおやじの姿と笑みが目に浮かびました。

 

翌日、堺から電話がありました。「どうしますか?旦那さん。」

私は・・「あんなに合格を喜んで、何も悪くない子供を悲しませる事はできません・・・」と堺に告げました。
息子の事を考えるとこうするしかありませんでした。

堺は「フフフ・・そうですか。そうですよね。ハッハッハ・・・。では早速ですが旦那さん公認記念に明日の夕方、私の家でパーティーでもしましょう。独り身で狭い部屋ですがご一緒にお越しください。では・・」

パーティーなんて気分では当然ありませんが、後日、私たち夫婦は堺の家に向かいました。
堺の部屋のドアをノックしたらすぐに堺は出てきました。

「お2人を驚かせるためにある演出をしてますので目隠しして頂けますか?」

私たちは目隠しをされて境に手を引っ張られて部屋の中に入りました。

・ ・・ん?何やら部屋の空気が・・嫌な予感がしました。
部屋の熱気が・・複数の人間の気配を感じました。

とその時、私の身体は身動きが取れなくなっていました。
複数名に押さえられているのでしょう。

私は椅子に座らせられ手首等を縛られ、そして目隠しを外されました。

私の視界に飛び込んできたのは堺と塾講師を含む男性が5人。
その後、香澄も目隠しを外されました。

「えっ・・・貴方・・堺さん、なんで主人を・・・」

「旦那さんには、今まで香澄としてきた事をじっくりと見学してもらいたくてね。そしてこれからもよろしくって意味も込めてゲストの皆さんにも来て頂いたよ・・ハハハ。パーティーの始まりだ。さて、香澄?服を全部脱ぎなさい」

堺以外の男も居るため香澄は泣き出しそうな表情でしばらく俯いていましたが、やがてゆっくりと服を脱いでいきました。

「か、香澄・・・・・」
上下の下着だけの姿になった香澄に堺は近寄り、下着を全て剥ぎ取りました。

「おーーーっ!」
取り巻きの声が響きました。

大きくは無いが形の良い胸、くびれたウエスト、そして薄めのヘアーも晒されています。

「まずはファンサービスだな」

堺は妻の背後に回り、両足を持って香澄を抱え込みました。

子供がおしっこをするような格好で香澄の秘部は丸出し、肛門まで晒されました。

周りの4人は香澄に近づき、匂いも確認できるほど顔を近づけて香澄の秘部を凝視しています。

「香澄?みんなもっと見たいってさ。自分で広げてじっくり見せてあげなさい」

香澄は震える手で堺に従って秘部を両側に広げました。
ピンク色で少しぬれ光っている秘部の尿道、膣口など全てが丸見えです。

塾講師は香澄の秘部に鼻を近づけ匂いを嗅ぎ

「香澄ちゃん、久々にオマンコとご対面だね。ちゃんとオマンコ洗った?ちょっと臭いよ?」

と屈辱的な言葉を。周りの皆は大笑いです。
香澄は恥ずかしそうに顔を赤らめて俯いています。

堺は香澄を下ろしキスをしました。
香澄も堺の舌を受け入れてネットリとピチャピチャ音を立てながら答えていました。

香澄の胸を揉みながら堺はキスを続けた後「ここもお掃除しないとな」と秘部を嘗め回しました。

香澄も「あっ・・感じる・・そこ・・あっ・・いい・・」と嫌がるそぶりも無く受け入れています。

長いクンニの後、仁王立ちした堺は、勃起したペニスを香澄の顔に向けました。

何も言わず香澄は当たり前のように慣れた手つきでそのペニスを舌と口で奉仕します。

「香澄・・そう、そこだよ・・うっ、気持ちいい・・」

堺の気持ちよさそうな表情・・。そしてその時私は、今までの香澄との夫婦生活では見る事のなかった私にもしないテクニックを駆使している香澄を見て、悔しくて悲しくて涙が出ました。

そんな私の表情を察してなのか、香澄は私の方を向かず、境とのプレイに没頭していました。

「さて、そろそろ挿れるか。」
堺は仰向けに寝た香澄の股に割って入り、香澄の唾液で濡れたそそり立つペニスを秘部にあてがいました。

「今日は記念すべき日だからな。生で挿れさせてもらうぞ」
「えっ?」

私は驚きました。妊娠したらどうするのか・・。

しかし香澄は何も言わず挿入を待っています。

「うっ・・・今までゴム付けてたから感触が違う。締まっていいよ、香澄の中は・・。」
「あっっっ・・あんっ」

香澄も堺の腰の動きに合わせて喘いでいます。

周りの取り巻きは衣服を脱ぎ捨てて、堺と香澄の交わりを凝視しながらペニスをさすっています。

正常位から座位、バックで香澄は突き立てられ、最後に正常位にもどった時、堺の腰つきが速まりました。
射精が近いのであろう。

「香澄・・イキそうだ・・・私の中にいっぱい出してくださいって言え」

堺は一層激しく突き刺します。

「あっ、あーーっ、わ、私の中に・・いっぱい・・出してくだ・・さい」

香澄の膣奥の子宮目掛けて深々と突き刺さった堺のペニスから精子が流し込まれました。

しばらく繋がったまま、堺は香澄とキスをしていました。
ペニスを抜くと香澄のパックリ割れて穴の開いた秘部から堺の精液が垂れ流れてきました。

「他のやつらも好きにしていいぞ!」

堺の一声で他の4人は一斉に香澄に飛びつきました。
「いやっ、堺さんだけじゃ・・・」

香澄のその言葉は塾講師の唇によって塞がれました。
左胸を揉みまくるBと右胸を嘗め回すC、香澄の秘部を嘗め回すA・・好き放題に私の前で・・。

嫌そうな顔つきであった香澄も、同時攻撃によって喘ぎ始め、すっかりメスと化していきました。

その後、次から次へと口と秘部にペニスを挿入され、堺は膣3回、塾講師は口1回、膣1回、Aは口1回、膣2回、Bは膣2回、Cは膣3回、いずれも生中出しで合計口2回、膣11回の精子を香澄は全て体内に受け入れました。

終始喘ぎ声が絶えず、香澄も連続攻撃に絶叫し何度かイッた様子でした。

部屋の中は熱気と汗、精子の匂いと香澄のいやらしい体液の匂いが充満してプレイの凄さを物語っていました。

苦やしながらも、香澄と他人との複数プレイを見続けた結果、不覚にも勃起し先には透明の液体も垂れ流れていました。

しかし縛られていてこの状況ではどうにもできません。

堺は「香澄、これからも全て生でお前の中に出すからな。避妊はこれからもちゃんとしておけ。旦那さんにはゴム付きで中出しはさせるな。わかったな?お前は俺の物になったんだ」

「・・・・はい・・・。」

香澄の言葉で乱交パーティーは終了しました。

 

これからいったいどうなってしまうんだ・・。
こんな要求をのんではいけなかったのか・・でも子供が・・。
答えは見つからずどうにもなりませんでした。

他人とのSEXを見て勃起してしまった自分を恥じましたが、興奮をかき消せず、帰る途中に車を止め香澄を求めましたが、下着に手を入れた瞬間、愛液と精子が入り混じってドロドロになった秘部を触った感触と疲れきった様子の香澄の顔で戦力を失ってしまい私と香澄は無言で家に帰りました。

それからというもの、堺は性欲が溜まると香澄にSEXを求めるようになりました。

境の家やホテル等・・。

堺は匂いフェチの傾向もあるらしく、数日シャワーを浴びずに居たり、堺にプレゼントされたいやらしい下着を見に付けたり、時にはノーパンだったり・・堺の要求には全て答えているようでした。

お風呂に入った時、洗濯機内にある香澄の下着を確認すると愛液なのか精子なのかすごく汚れて酸っぱいような匂いを発していました。

しかし、私は香澄に堺との事を何も聞けず、また香澄との夜の営みもあのパーティー以来ありませんでした。

私は自慰、堺は香澄と生SEX・・完全に立場逆転してしまいました。

息子が中学に通い始めてしばらくしたある日、私が休みの日リビングで寛いでいると、香澄の携帯に電話がありました。

境に呼ばれたようです。

最初は嫌な顔も垣間見えましたが、すっかり慣れたのかはたまた堺とのSEXを楽しんでいるのか、香澄は楽しそうに堺と会話をしていました。

電話を切ると香澄は「貴方?今日は貴方にも来て欲しいって堺さんが」「えっ?」意味がわかりませんが私も行くこととなりました。

「貴方ちょっと待っててね。着替えてくるから」
部屋から出てきた香澄はピッタリと身体のラインが出る洋服でミニスカートです。乳首の突起も確認できます。・・・ノーブラか。

 

待ち合わせ場所はとある公園でした。

周りではファミリーがキャッチボールをしたりしています。

あるファミリーの父親は、香澄の乳首に気付いたのかこちらを何度も気にして見ています。
しばらく公園を歩いた後、人通りの少ないベンチに堺と香澄が寄り添って、そして私も少しはなれて腰掛けました。

堺は私の前だというのに香澄の胸を鷲づかみにしながらキスをはじめました。

しばらくキスをした後香澄のスカートをゆっくりと捲くり上げ、足を開かせました。

「!?・・・ノーパン?」

既に濡れている香澄の秘部に堺の太い指が差し込まれました。

「あんっ・・こんなところで・・恥ずかしい」
しばらくイチャイチャした後、我慢できないという堺は香澄を連れて公園のトイレに行くと言いました。

「旦那さん、あれから香澄とは何もないそうですね?一人で慰めるのも大変でしょう。よかったら一緒に来ますか?ハッハッハ・・」

勝ち誇った表情で堺は言いました。

「いえ、結構です・・・・」嫉妬心とプライドから、私はそう答えました。

しかしペニスは既に勃起状態です。

捲くれあがったスカートを直すと堺に手を引かれ、香澄はトイレに一緒に向かいました。
周りに誰も居ないのを確認すると、男性用トイレ内に2人は入り込みました。

しばらく数分、ベンチに座っていましたが、勃起してしまっているペニスと、2人が気になった私は、自然とトイレに向かって足を運んでいました。

個室がひとつ扉が閉まっていました。
中からは香澄の我慢していながらも漏れる喘ぎ声とパンパンと突き上げる音が聞こえてきました。

そっと入り込んで隣の個室に入り、気付かれないようにゆっくり扉を閉めて鍵をかけました。

私はペニスを取り出して目を瞑り、香澄の喘ぎ声を懐かしみながらペニスをしごき、ものの数分で果てました。
それとほぼ同時に肉と肉のぶつかり合う音が消えたと同時に「うっ」と堺の声が聞こえました。

「ああっ・・すごい中でビクビクしてる・・」
香澄の中で果てたのでしょう。

ベルトのカチャカチャという音が聞こえた為、堺もズボンを履いているのだと思い、そっと鍵を開けて外に出て、何事もなかったかのようにベンチに腰掛けました。

しばらくして境と香澄も戻ってきました。
香澄の頬は高揚し赤く染まっており、ポツンと飛び出た乳首は先ほどよりも目立っています。

堺が笑いながら私に言いました。
「私と香澄のSEXを聞きながらの自慰はいかがでしたか?」

「・・・・・」
私は何も答えませんでした。

「ハハハ、今日旦那さんもお呼びしたのは、ゴールデンウィークに香澄と三泊の旅行に行きたくてね。息子さんはなんとかして頂いて、旦那さんも一緒に来て欲しいんですよ、フフフ」

私に見せ付けるように香澄を抱き寄せてキスをすると、堺は
「それを直接伝えたくて呼んだので。ではまた会いましょう」
と言い姿を消しました。

「香澄・・・堺とのSEXを楽しんでいるのか?」
香澄は「・・・・そ、そんな事ないわよ。何を馬鹿なこと言ってるのよ。あくまで子供の為よ」
と言いながら顔を背けました。

私は嫉妬心となぜか興奮から香澄を抱き寄せてミニスカート内に手を入れ秘部を触りました。

「貴方、こんなところで・・やめて」

香澄の秘部はヌルヌルで穴はぽっかりと開いていました。

指を抜いて見ると、愛液に混じって堺の精液らしき白い液体も付着し、匂いもかなり強烈にしました。
その精液を見てまたもや私の戦闘能力は失せました。

無言で香澄はスカートを下ろしました。

 

そしてゴールデンウィーク。
息子を私の父母のところに預け、車で待ち合わせ場所に向かいました。

某温泉までは車で約2時間。私は運転手で、堺と香澄は後部座席に乗りました。

「香澄?約束どおり数日間風呂には入っていないだろうね?」堺は言いました。

確かめるようにスカートの中をまさぐり始めました。しばらくするとピチャピチャといやらしい音がし始め、車内は香澄の秘部の匂いが漂ってきました。

堺はしばらく秘部を弄った後、指の匂いを嗅いでいます。

「いい匂いだ香澄。興奮してきたぞ。今夜から最高の旅行になるな、ハハハ」

私は後部座席が気になりバックミラーでたまに確認をしながらも安全運転に徹しました。
私の居る前なのに相変わらず堺は香澄とイチャイチャとしていました。

予約していた旅館に入ると「早速だが風呂に入ろう。香澄、服を脱ぎなさい。旦那さんは自分の部屋の風呂に入るか、ここで待ってるか適当にしててください」

香澄はもう何の抵抗もないのか服を脱ぎ捨てて全裸になりました。

香澄の全裸・・・何ヶ月ぶりだろう。
見ただけで私のペニスは勃起してしまいました。

恥ずかしいのか、私が見ているからなのか、香澄は胸と秘部を手で覆い隠しながら露天風呂に向かいました。

部屋に備え付けの露天風呂の扉が閉まりました。

2人の様子が気になって仕方ない私はそっと小窓を少しだけ開けてみました。

堺は風呂に浸かりながら風呂の淵で堺に向かって四つんばいになっている香澄の秘部を舐めていました。

何日も香澄は風呂に入っていません。
相当な匂いがするはずです。
しかしおいしそうに舐めていました。

匂いがなくなってしまうほど。

しばらくして風呂の淵に座った堺のペニスを香澄は咥えました。
ものすごく丁寧に愛おしい目つきで奉仕しています。

堺のペニスはギンギンに勃起しています。

しばらく香澄の口の感触を味わった堺は風呂からあがり、四つんばいにした香澄にペニスを挿入しました。

後ろから覆いかぶさって胸を揉みながら激しく腰を振っています。
その腰つきに合わせて腰をくねらせながら、香澄もまた大きな喘ぎ声をあげています。

私は自然とティッシュを取り出してわが妻が犯されている姿を見ながらペニスをしごきました。
情けない・・。

 

果てた後、私は自分の部屋に戻ってテレビを見ながら夕食の時間を待ちました。

仲居さんが言っていた食事の時間が来ました。
しかし隣の部屋からは連絡もなく時間が過ぎても出てきません。

隣の部屋をノックしましたが出てこないので扉を開けてみると鍵はかかっていませんでした。

中に入ると、浴衣も肌蹴た香澄に覆いかぶさって腰を振る堺が居ました。
香澄も狂ったように喘いでいます。

「あ、あの・・・食事の時間なんで2階にそろそろ・・・」

堺はしばらくして香澄の中で果て、ゆっくりとペニスを抜き「食事に行こう」と言いました。
堺のペニスは香澄の粘液でベトベトして光っています。

香澄のパックリ割れた穴からも堺の精液がドロッと出てきています。
それをティッシュで拭うと下着を付けず浴衣を羽織って香澄も立ち上がりました。

下着を着けるなと堺が言わずとも香澄はそうしています。

時間が経過していましたので数名しか他の客はいませんでしたが、我々は食事をしました。

香澄が少し動くたび浴衣がずれて胸やヘアーが露出しそうでドキドキしました。

食事を終えて部屋に戻る途中、エレベータ内で浴衣を肌蹴させ堺は香澄にキスをしたり胸を揉んだりしていました。

私たちの階に到着してエレベータが開いた時、エレベータ待ちの少し酔ったような中年おやじが2人。
香澄の姿を見て「おーーーっ!旦那さん今夜はお楽しみですか?ハハハ」と堺に向かって話しかけています。

するとエレベータを出た時、堺は「よかったら妻の(何が妻だ!)胸くらいサービスで触っていいですよ」と中年おやじに言うのです。

香澄も、もう慣れているのか何も言わずに黙っています。
酔ったおやじ達は「綺麗なおっぱいだねぇ」「やわらかいなぁ」等と言いながらしばらく香澄の胸を揉んでいました。

「ではそろそろ」堺が言うと、香澄を引き連れて部屋へと向かいました。

おやじの股間は勃起しているのが浴衣の盛り上がりで確認できました。名残惜しそうにこちらを見ていました。

「では旦那さん。今夜は香澄と楽しみますので、旦那さんも適当に楽しんでください」
と言うとニヤニヤ笑って堺は香澄とともに部屋に消えました。

私も仕方なく自分の部屋に入りました。

することがないので冷蔵庫内のビールを何本かあけた私は、運転の疲れもあってウトウトと寝てしまいました。

私が目覚めたのは夜の2時頃でした。
することがない私は隣の部屋へなぜか自然と足が向いていました。中からは香澄の喘ぎ声が聞こえてきます。

しかし、男の声が堺のみではありません。
鍵がかかっていないようなのでそっと中を覗いてみました。

先ほどの中年おやじが居ます。
おやじの一人が後背位で香澄の腰のくびれを持って腰を振っています。

もう一人のおやじは香澄の口にペニスが含まれていました。

2人とも生中出しで香澄の中に果てていました。
その後、放尿ショーと言って堺とおやじが見つめる中ベットにM字にしゃがんだ香澄が洗面器におしっこをする姿を晒していました。

堺はタバコを吸いながらそれを見ています。
私はそっと扉を閉めました。

何度か気になって部屋の前まで行きましたが、朝5時くらいまで香澄の喘ぎは聞こえました。

「すごい、堺さん・・・気持ちいい」そんな香澄の声が聞こえました。

私とのSEXの時、そんな言葉は聞いたことがありません。
いったい何回されたのだろう・・。
俺とのSEXより気持ちいいのか・・。

 

次の日も最終日も、中年おやじは帰ったようでしたが、堺はこの日も一日中、香澄とイチャイチャして明け方までSEXをしていました。

私は温泉地のピンサロを見つけヌキに行きました。
秘部の臭い30後半の女性にヌイてもらいました。

その旅行が終わった後も、堺と香澄の関係は続きました。

「貴方、溜まっているでしょう」香澄はその間数回だけ、口で私のペニスを慰めてはくれましたが、秘部には挿入させてもらえませんでした。

「堺さんに、もう旦那には挿れさせるなって言われちゃってて・・。」
もう堺専用の香澄の秘部なのか。

 

そして夏休み。ある日、堺はプールへ行こうと私も誘いました。

香澄の水着は露出度の激しい、見てるこちらが赤面するようなものでした。

周りの男たちは皆、香澄をジロジロと見ています。
香澄も恥ずかしくないのか慣れたのかわかりませんが何も言わずに露出部を隠そうとはしませんでした。

まだプールに入っていないのに、股間部は濡れているのがわかりました。

堺は香澄とプール内に入りました。
私はプールサイドで様子を見ていましたが、明らかに香澄の周りに男が増えてきています。
水中に潜ってなかなか出てこない男もいました。

近くで露出した香澄の尻などを凝視しているのでしょう。

いつしか香澄の回りには男たちの輪が出来ていました。
私もその輪に混じって中に入りました。

男たちを抜けて香澄を見るとブラは堺の手にあり胸が揺れていました。
水中に潜ってみると香澄は水着を着用していません。

香澄のヘアーがゆらゆらと揺れています。他にも尻側から潜って香澄の尻を見ている男がいました。
さりげなく触ろうとしている男もいます。

立っている男の股間は皆、勃起しています。

私も尻側に回ると、その男は香澄の尻を割って中を覗いていました。
肛門と秘部がパックリ見えています。
プールの波に流されたフリをして必要以上に香澄に触る男もいます。

堺は「見てもいいけど触るんじゃねぇ」と言いながら香澄の胸を揉みながら秘部に指を挿入しました。

「すげぇ」皆その行為をジロジロ見ています。
男の輪が自然に出来ているので周りには見えません。

堺はペニスを秘部に挿入しました。
後ろから胸を揉みながら腰を振っています。

「あんっ」香澄もかすかに喘いでいます。

香澄の中で精子を放出した後、水着を着させて男たちの輪を抜け、香澄とプールを後にしました。

「すごかったな。見た?俺もやりたかったな・・」私は隣に居た男に話しかけられました。

私は無視して即効でプールを出て、勃起しているペニスをバスタオルで隠し追いかけました。

プールでの露出SEXを見物させたくて私を呼んだのでしょう。着替えた後、興奮から私はトイレで自慰をし精子をティッシュに放出しました。

 

堺と香澄はこれからホテルに行くというので私は一人帰りました。

夜12時過ぎに香澄は帰ってきました。

「香澄?子供のために耐えるにしても、ちょっと従いすぎじゃないか?複数とか露出とか・・。お前完全に堺との関係に心奪われていないか?」

思わず聞いてしまいました。

「貴方の事は好きよ。あくまでも子供のためだからしょうがないでしょ!」
そう言うと香澄は寝室へ行きました。

子供のため・・・・いくらそうでも過激すぎるし私と何もせず何とも思わないのか?
そう疑問に思いながら私も寝室で寝ました。

相変わらず堺との関係は続いています。
クリスマスも香澄は堺の家へ行っていました。

クリスマスには堺から家に電話があり、SEXの生中継もされました。
電話口で喘ぐ香澄の声を聞きながら私も自慰をしてしまいました。
悲しいクリスマスです。

この日、堺は私も挿入したことのない香澄の肛門の処女も頂いたようです。
どんどん堺に好き放題調教されていく香澄・・。

正月もまたカウントダウンSEXと堺は言い、家族で過ごすはずの大晦日は私と息子2人でした。

「お母さんは友達と初詣に行きたいって。まぁ毎年一緒に行ってるし今年ぐらいいいだろ」
息子にそんな言葉をかけながら。

息子も中学2年。
今年のゴールデンウィークも夏休みも恒例のお泊りがありました。

そして現在に至ります。

息子はすくすくと成長しています。私もまた香澄との夜の営みは無くなったものの、そんな息子を見ると堺に対して何も言えず、香澄と堺の関係も続いています。

最近、以前にも増して香澄は楽しそうで、堺に会うのを楽しみにさえしている様子に見えてしまいます。

子供のためだけなのか・・・。

それは香澄のみぞ知る事です。

コメントを書く