半不能の旦那で欲求不満の妻を友人に寝取らせて性の開発に成功することに・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

半年程前から、私は妻に「3P やってみない?」と言い続けていました。

妻は「何考えてんの」
「なんで?」と聞くと
「私が見ず知らずの男とHしてるところ、見たいの?」
「見たい!3Pをきっかけにして、チンポコが元気になるかもしれないし、お前に対する愛情も確かめたい」
「バッカじゃないの」
「そーかなー」
「だって、病気が怖いし、妊娠も怖いし、とにかく絶対イヤダ」
と言っていました。

最近の私は、年齢と疲れからか半立ちが多く、おもちゃの助けを借りてどうにか妻に満足?してもらっています。

「やりたい」という性欲は強いのですが・・・。
妻は不満タラタラかもしれません。

妻は生チンが好きなのです。
そして「お硬いのがお好き」なのです。


ある日、SEX中にいつもの通り、ダメもとで聞いてみました。

すると妻は「いいよ」と言ったのです。
「えっ、本当?」と何度も聞いてしまいました。

どういうかぜのふきまわしかは、わかりませんが・・・。

私にある考えが浮かびました。
パートナーは友人にして、妻と友人の中出しSEXを、内緒でビデオ撮りしようと・・・。

妻の淫乱さを引き出すためのギャンブルとも言えます。
妻からの条件として、「コンドーム装着」と「生フェラ無し」が出ましたが適当に聞き流してパートナー捜しのふりをしました。

妻の知らない3P経験者の友人に依頼して快諾はもらっていました。

 

さて当日、チョット緊張。
ラブホに入ってから 妻はいつもと違って言葉少な。

私も、さすがに3Pは初めてなので緊張しましたが、本当の目的は、妻と友人の中出しSEXを撮影する事です。

友人は、何度か経験があって、話をリードしてくれました。

30分くらいたって、友人が
「さーて、シャワーを順番に浴びましょうか。最後は奥様でいいですね」
の一言で一人ずつ交代でシャワーを浴びました。

妻が一番最後に、恥ずかしそうに入ってきました。
レザーのミニとキャミです。
ミニの下は黒のスケスケ紐Tバックです。

部屋を暗くし、私と友人の間に座らせました。
私が最初に妻の体を触り始め、友人が続きました。

すぐ目隠しをして、じらすように、二人で妻をいたぶり始めました。
ビデオRecを開始です。

 

ミニの中に手を入れて、ワレメちゃんや生足をなぞったり、キャミの上から乳首をくすぐったりしました。

私が上半身、友人は下半身です。

最初はくすぐったいのを我慢していたみたいですが時間がたつにつれて、反応が変わってきました。
私達は、じらすように肝心なところの周りを攻め続けました。

そして、ミニとキャミを脱がせました。
形のいいオッパイが出てきました。

紐Tバック1枚です。
Tバックにシミが付き始めています。

私が妻の両手と両足を持ち、オ○ンコが全開になるような体位にしました。

妻は「ねーどうするの、なにするの」と言っています。
友人は、じらすようにオ○ンコの周りを舐めています。

妻は、「あん・・・、はーはーはー」と息が荒くなり顔を振っています。
まるでイヤイヤしている子供のようです。

Tバックのシミが、大きくなっています。

私は「こんなに濡らしちゃって、オ○ンコがカゼひいちゃうよ。○○さんに脱がしてもらいなさい」
と言うと
「恥ずかしいからやめて、お願い。こんなかっこじゃ いや」
と言いつつも、Tバックのシミが、更に大きくなっています。

友人が右の紐、左の紐とゆっくり解いていく時、妻は、お尻でイヤイヤをするように振っていました。
大事なところを隠していた、最後の小さな布切れが無くなりました。

「あーーー」

ここで、友人にも妻のオ○ンコと裸体を、じっくり見てもらう為に部屋の明かりを点けました。

オ○ンコは全開です。
愛液が明かりで光っています。
アナルも見えています。

妻の目隠しを取りました。

妻は「あー いや、こんな・・・、恥ずかしい」

妻は、真っ赤な顔を真横に向けて、恥ずかしさを我慢しています。
かわいいもんです。

 

今度は、じらし攻撃ではなく、ピンポイントで攻めました。
クリトリスと乳首を舐めると、声を出し裸体をのけぞらせます。

目はうつろになってきて、明かりの事など関係ない様子でした。
私達も、妻の前で最後の1枚を脱ぎました。

妻は、友人のギンギンに立ったペニスを見つけると、目で追いかけていました。
友人のペニスは、私より硬そうで、エラもはっていて妻好みだと思います。

私達は、絶えず上半身と下半身を同時に攻め続けました。
クリを愛撫し、乳首を舐めまわしました。

オ○ンコが全開になるように、手足を拘束しました。

「イヤイヤ 恥ずかしい」と言いながら顔を左右に振っていました。
妻の体はピンク色になり、汗がにじみ始めています。

愛液が、もう少しで溢れ出てきそうです。
更に激しく、妻をいたぶり続けました。

妻の体は、私達の言いなりになってきたので、手足の拘束具をはずしました。
妻は、おもちゃのように、されるがままでした。

私は、妻の痴態に興奮してしまい、ペニスも若い頃のように元気でした。
妻も「あなた・・・硬く・なってる・・・オチンチン・・・早く入れて」と・・・。

私は、素早くコンドームを付け妻のオ○ンコに、バックで挿入しました。
妻は生フェラ無しと言っていたのに友人のペニスを、フェラっています。

「はーーー あなた 硬くて・・・いいー」
オ○ンコは、私のペニスを包み込み、せがむように収縮していました。

私もかなりの興奮状態で、いつもより数段も激しいピストン運動をしていました。

「あーあ・あ・あな・た  すごい・・・」
「もっと・・・激しく・・・」
「どうにか・・・なっちゃいそー 気持ちいいーーー」

私は「出すぞー」と言うと
「あなた・・・いっぱい・・・出して」
「あーん あー いっちゃうー」と一緒にイってくれました。

私はコンドームの中で、はてました。
3Pは、無事に終了しました。

友人はまだ挿入も射精もしていません。
妻は全裸でベッドによこになっていました。

 

ここからが、本日のメインイベントです。

3Pが終わって、打合せ通り私が先にシャワーを浴びに行きました。
気づかれないようにビデオカメラを持って!

ベッドに全裸で横になっていた妻に、私はパサッとバスローブをかけましたが、わざとお尻は丸見え状態にしておきました。

妻はバスタオルをお尻までかけなおす気力はなさそうで、そのままよこになっていました。

私はシャワーを出して、もとの部屋にそーっと戻りました。
友人は私を確認すると、妻のお尻を触り始めました。

抵抗する様子は無く、バスローブをかけたまま動きませんでした。

私はビデオを回しました。
友人は妻のオ○ンコを指で触ると、妻の体はピクッと反応しました。

「やめてください。主人にいいますよ」
と言う妻の声が聞こえましたが、友人はかまわず触り続けていました。

抵抗がだんだん無くなり、「はー・・・はー」と妻の小さい声が聞こえます。

声が途切れなくなった頃、驚いた事に妻は、自分からバスローブを取り、もっと触ってと言いたげに、足を広げました。

すると妻は、友人の前でオナニーを始めました。

私は驚きました。
妻が自分から知らない男の前でオナニーするなんて!

私なんか、頼み込んでやっと見せてもらうのに・・・。

「んんー あん・・・」
3Pをやった相手なので、かなり大胆になっているみたいです。

片手は友人のペニスをしっかり握っています。

先ほどの3Pで、友人のペニスは妻のオ○ンコに入っていません。
ですから、妻は友人のペニスを味わってみたいのかもしれません。

私は、こんな積極的で別人のような妻を初めて見ました。

 

そのまま69の形になり、妻は、友人の硬いペニスを咥えました。

「うぐっ、あうっ、あーー」
妻のみだらな声が何度も何度も聞こえてきました。

友人は、ラブホのかなり大きい窓のブラインドを開けました。
2階で窓のサイズも1.2mx1.2mくらいなので、外からも向かいのビルからも、丸見えだと思います。

窓の外に向かって妻を立たせました。
妻は、37歳という年齢のわりに、体の線はきれいです。

腰のクビレから、お尻のハリ具合、お尻から足首へのラインは最高です。
ちなみにサイズは、161㎝、50㎏、B=86(Dカップ)、W=61、H=88です。

外光をいっぱい浴びている妻の裸体はとてもきれいでした。

妻の両手は拘束され、手を下ろせないようにロープで固定されました。

友人は、後ろから妻の体を触りまくっています。

「奥さん、いい体してるなー」
「外やビルから丸見えだよ。もっと見せてあげなよ」
「あん 恥ずかしい・・・」
「恥ずかしいならやめる?」
と手を止めると
「いや やめないで・・・もっと・・・ あー 恥ずかしい」
「あー いや 見られてる・・・」
と言いながらも、外から見られる事を嫌がりもせず友人に攻められています。

妻の様子から、『普通のSEXではない!』と、かなり興奮しているみたいです。
妻のオ○ンコから愛液が足へ、伝って落ちていくのがわかりました。

妻は、私以外の男に手を拘束されて攻められている事と自分の痴態が外から見られているかもしれないという状況で二重の興奮状態だと思います。

声を荒げ、狂ったように顔を振っていました。

「ねー 見られてるの?・・・見られてるの?」
「ああ、丸見えだよ。歩道から一人こっちを見てるよ」
「あっ、ビルからも見てるよ」
「いや こんな姿 見られてるなんて・・・あー」

「こんな・・・どうにかなっちゃう あー もっと・・・触って」
「あん 見てー見てー めちゃくちゃにしてーーー」
と自分から、下半身を窓に近づけていました。

しばらく攻め続けロープをはずすと、妻はベッドに崩れ落ちました。

友人は気を使ってくれて、オ○ンコが撮れるように向きを変えてくれました。
妻のオ○ンコの周りと足は、愛液でいやらしく光っていました。

愛液の香りが部屋一杯に広がっています。

ブラインドの開いた窓の前で、再度、プレイが始まりました。
多分、向かいのビルからは丸見えだと思います。

 

友人は妻の乳首も同時に舐め初めました。妻は乳首の感度がすごくよくて乳首を舐めるだけで、オ○ンコは濡れ濡れになります。

友人はオ○ンコを広げて

「奥さん、オ○ンコすごいよ。洪水だよ」
「いや 恥ずかしい・・・ 見ないで」
「おもちゃ 入れようか?」
「・・・入れて」

友人はおもちゃを、オ○ンコに入れました。

「あうっ、うーーーん」
「奥さん、俺の前でオナッて見せてよ」と言うと

妻は、「いや、恥ずかしい」と言いながらも、おもちゃを使ってオナり始めました。

「はーーー うーーん、あん・・・」

右手でおもちゃを持ち、左手はオッパイををもんでいます。
友人は、すかさず妻の口にペニスを突っ込み、SWをONにしました。

「あはーん もっと・・・」
今度は、友人がおもちゃを持って、妻をじらしています。

「激しく・・・動かして」
バイブとスイング、乳首舐めという同時攻撃で、妻はかなり大胆になってきています。

時に腰をひき、声を荒げ、顔を振りながら
「いやー、いっちゃいそう」
「あーん もう我慢できない、欲しい、欲しいの、おもちゃじゃ いや」
「何が欲しいんだ」
「・・・おチンチン、お願い・・・。この・・・おチンチンが・・・欲しいの」
「さっき・・・入れて・・・くれないから・・・」

「はやく・・・入れて・・・」と、妻は友人のペニスを握りながら、自分のオ○ンコを、友人のペニスの方へ、もっていき、入れようとしています。

「どこに入れて欲しいの」
「・・・・・・・」

「どこに入れて欲しいんだ」と、強い口調で言うと
「・・・オ○ンコ」

ついに、私の思い通りになった喜びと、正直 妻の言葉に驚きました。

妻は初めて会う男に「オ○ンコに入れて」と懇願しているのです。

友人はコンドームを付けようとすると(振りです)
「イヤ 生で・・・生で・・・入れて、はやく」

私は妻にこんな事を言わせた友人に、自分が言い出した事とはいえ、激しい怒りと嫉妬を覚えました。

友人は、妻の足を広げると、ゆっくりと生で入れていきました。

 

ついに、結婚後始めて(多分?)他人のペニスが妻の中に入っていきました。

「あうっ あーーー、熱くて・・・硬いオチンチン。もっと・・・奥までいれて」
妻は、抵抗無く友人のペニスを生で受け入れ、自分の手で友人の腰をひきつけています。

もっと奥へ入れてと言わんばかりに。

「あーーー 生のおチンチン 最高・・・あん あーーー」
「旦那のチンポよりも俺のチンポのほうがいいだろう?」
「○○さんの、オチンチン いいーーー」
「硬いの・・・ひさしぶり」

「あーーー気持ちいいー。 もっと激しくーーー」
「私の・・・オ○ンコ・・・ めちゃめちゃにしてーーー」

「あーーー もー どうにでも・・・好きにして」
「奥さん、オ○ンコ もっと締めな」
「俺が奥さんに本当のSEXを味あわせてやるよ」

妻は友人にしがみつき、足も友人の体に巻きつけて、動きをリードしています。
必死に声を抑えています。友人はさらに激しく妻を突いています。

「いいー もっとー 激しくー あーーー」

妻の体はピンク色に染まり、汗で光っています。

 

汗と愛液で、オ○ンコからクチュッ、クチュッと音が聞こえます。

妻のあえぎ声が大きくなってきて、友人は口を押さえました。
私の目には、妻が犯されているように見えました。

私のペニスは痛いくらいに勃起しています。
妻も犯されていると感じたみたいで

「もっと・・・激しく・・・」
「いやー 犯されてるーーー あーーー」
「犯して 犯して めちゃめちゃにしてーーー」

友人も動きが、さらに早くなり

「中に出すぞ」
「中に・・・いっぱい出して・・・ オ○ンコにーーー」
「イっちゃうーーー」

友人は「ウッ」声を出し、二人は同時にいったみたいでした。

友人は、妻のオ○ンコにたくさんの精液を注ぎ込みました。
妻は直後、失神してしまいました。
そして、なんと、失禁も!

友人は離れ、足を広げたままの妻のグチュグチュのオ○ンコがファインダーいっぱいに映りました。
妻のオ○ンコから、友人の精液が流れ出ていました。

 

友人はやさしく妻を起こしました。

すると妻は、満足した感じの上目遣いで友人の顔を見ながら、友人の半立ちペニスを見つけるとチュパチュパっと舐めて、きれいにしているではありませんか。

「あぐっ うぐ んーんー」

すると、友人のペニスは立ってきました。

「また元気になってきた。もっと気持ちよくしてあげる」
と言いながら、丁寧に玉袋からサオと、ペニスを念入りに舐めています。

友人は妻のクリトリスを指で触っています。

「奥さん フェラうまいな。きもちいいよ」

フェラのピストン運動が早くなりました。

「気持ちよすぎて出そうだよ。口の中に、出していい?」

更に早くなり咥えたまま、うなずくと

友人は「出すぞ・・・んんーーー」

すると妻の口から、唾液と精液がまじりながらでてきました。
そして「ゴク ゴク」と飲み込んでいました。

私にしたことがないことを、友人に!

さすがに友人のペニスは、二連発後は萎えました。
妻の口の周りは、よだれと精液でベトベトになっています。

ティッシュでふき取ると、また、妻は丁寧に玉袋からペニスと念入りに舐めはじめました。

すると、友人のペニスがまた立ち始めました。

「すごい! また、元気になってきた・・・」
という妻の声が聞こえました。
友人は仰向けに寝転んでいるだけです。

妻は驚いたようで、友人のペニスを又、立たせようとしているようです。

エラを舐め、サオを舐め、時には口に含み、玉袋とペニスの付け根を舐め一生懸命、メス犬のごとく奉仕しています。

妻のお尻はちょうどカメラに向いていて、オ○ンコから愛液と精液が混ざって出ています。
外光で光り輝き、すごい光景です。

硬くなったところで、妻は上になり、ペニスをオ○ンコにあてがいゆっくりお尻を沈めていきました。

「はー・・・はーはー ○○さん、すごい」
右手はクリトリス。

左手で乳首を刺激しながら、腰を振っています。

「あー あん 硬い・・・はーはー」
「奥さんも好き者だなー。旦那さんがいないのをいい事に」
「これを見られたら、どうするんだ?」
「主人の事・・・言わないで・・・もう・どうでも・・・いいのー」
「それに・・・○○さんの、オチンチン・・・元気なんだもん」

友人は、妻の向きを変えながら楽しんでいます。

こちらからも、いろいろなアングルで挿入されているところがバッチリ撮れます。

最後は、友人が下から妻を貫き通す感じで突いています。

「はーはー・・・どうだ、オ○ンコ、気持ちいいか」
「・・・サイコー もう・・・どうにでも・・・してー」
「オ○ンコ・・・こわれちゃうーーー」

「行くぞー」と友人の突きが激しくなりました。

「あう あーーーーーーーーー」
「中に出すぞー」
「いっぱい・・・だしてーーー」

妻はわけの分からない声をあげました。

妻は、体を弓なりにのけぞらせ、ガクガクと友人の上に倒れこみました。

 

しばらく二人は動きませんでした。
友人のペニスは萎え初めています。

すると、結合部から、精液が出てきました。

今日だけで、かなりの精液が妻のオ○ンコに注ぎ込まれました。

妻は心身ともに十分満足したようで、上気した汗だくの顔を見ると「充実感に満たされた」という感じでした。

そして二人は結合したまま、キスをしていました。
私は、『妻の潜在的淫乱な心と体を引き出す事に成功した』と思いました。

私は、ビデオを切りシャワールームに戻りました。
簡単にシャワーを浴びた後、部屋に戻りました。

二人は何事も無かったかのように、妻はバスローブを着てベッドの上にいました。
友人はソファーでタバコを吸っていました。

私は強烈な嫉妬心を抑えながら「あー気持ちいい、早く入れば」と言いました。

妻は、私と目を合わそうとせず、シャワーを浴びに行きました。

私には、中出しSEXの事を、隠すように見えました。
妻と友人の中出しSEXは、全てビデオに収録されています。

 

自宅に帰ってから、妻にレイプまがいの行為をしたのは言うまでもありません。

玄関、リビング、ベランダと、数年振りに、燃えるようなSEXでした。
(もちろん中出しです。精液も飲んでくれました)

3回もしてしまい、妻も私の気持ちを察していたのか、答えてくれました。

コメントを書く