【レイプ】サークルの先輩の自慢の彼女を車で送っていくことになった結果・・・・・・・・・・・・

【体験談】投稿者男性が大学3年の時、サークル仲間でスキーへ行った。その中に先輩(男)とその彼女(後輩)がいたのだが、先輩がスキーで骨折し、病院に運ばれてしまう。投稿者が車で彼女を家まで送っていくことになるのだが・・・。

大学3年の冬、サークルの仲間とスキーに行った時の話。

彼女が風邪をひいてしまった俺は単独で参加した。

一緒に行った先輩(4年)の彼女(1年)はお嬢様学校出身の色白小柄な子で説明会の日から先輩が目をつけていて半年かかって口説き落とした自慢の彼女だった。

日も暮れてきてそろそろ帰ろうかと話していた矢先に先輩が骨折してしまった。

救急車で運ばれ入院することになり先輩の彼女は自宅の一番近い俺が車で送ることになった。

「絶対手をだすなよ!」と先輩は笑いながら念を押し、彼女も「いやあね、変な想像しないで。」と笑っていた。

門限も厳しくて外泊禁止なのでHのチャンスが少なく、クリスマスも家族で過ごすからとおあずけをくらって飲み仲間を探していた先輩を思い出した。

病院に行ったり荷物をまとめたりしていたので帰る頃には真っ暗だった。

高速はすごい渋滞で全然先に進まなかった。

彼女と下らない話をしながら1時間もすると仲間の車も見失い、時計を見ると8時過ぎで、晩飯も食べてないことに気付いた。

SAはまだまだ先、それより彼女もトイレを我慢してるんじゃないか。

「ねえ、お腹すいてない?」
「そういえば、慌しくて忘れてたわ。」

「俺、トイレ行きたいんだけどSAまだまだだし、その先のICで降りてどこかで店に入らない?」
「そうね。私も電話しないと母が心配してると思うの。」

当時携帯は今ほど普及していなかった。

ICから一番手前のファミレスに入ると彼女は公衆電話から電話をした。

「玉突き事故で渋滞していたみたいよ。母がニュースで見たって。」
「じゃあこのまま下で帰った方がいいかもね。」

食事を済ませ店を出てしばらくすると満腹になったせいか眠気が襲ってきた。

彼女は免許を持っていないので運転を代わってもらうことはできない。
それに彼女も眠そうだった。

交通量の少ない路地に車を停めて「ちょっとごめん、すごい眠いんだけど30分寝たら起こしてくれない?」 と彼女に告げ、シートを倒して寝ようとした。

しばらくするとコツコツと窓を叩く音で目が覚めた。

暗くてよく分からなかったがよく見ると警官だった。
驚いた。

「何してるんですか?」
「えっ!いやースキーの帰りなんですけど疲れたので休んでるんです。」

彼女はすっかり眠っていて気づかない。

免許で身分を確認した警官は俺達二人をじろじろと見て言った。

「この辺で最近通り魔事件が多発していて危ないですから気をつけてください。」

「えっ!?それって殺人とかですか?」警官は何も答えずに行ってしまった。

生まれて初めての職務質問に動揺していたのか気付いた時には周囲に何も無い真っ暗な道に入ってしまっていた。
道に迷ったらしい。

道端に停めて地図を調べているとまた眠気が襲ってきた。
ふと前を見ると真っ暗な中でモーテルのネオンが見えた。

彼女はまだ眠っていた。
少し膝が開いている。

先輩との約束が一瞬脳裏をよぎったがそのままモーテルに突っ込んだ。

チェックインを済ませると部屋の横の駐車場に車を入れた。

 

「やばい、どうしよう。」
「ええい!どうにでもなれ。」

という気持ちが入り混じり、思い切って彼女を起こした。

「Mちゃん。ごめん本当に眠いからちょっとだけ休憩させて。」
「えっ!ここどこ?○くんの家?」

彼女はモーテルが初めてだったようで俺の家に着いたと一瞬勘違いしたようだった。

「いや、ちょっと違うんだけど…。とにかく降りて。」
「何?何?」

ねぼけているせいか彼女は何の抵抗もなく部屋に入った。

「ごめん、ほんとごめん。ちょっとだけ横にならせて。今晩中には送るから。」
俺が情けなく何度も謝りながら警官と通り魔のいきさつを話すと

「そうね、危ないものね。それにもうすこしすれば道も空くかもしれないわ。」
意外にもあっさりと彼女は納得してくれた。
睡魔に襲われた俺はそのままベッドに倒れこんだらしい。

 

雨の音で目が覚め、気付いたらベッドの端に少し足を投げ出したまま眠っていた。

音のする方を見ると雨だと思っていたものはシャワーの音だった。
Mちゃんがこっちを向いてシャワーを浴びている!

バスルームの中はまる見えだった。
スリムだと思っていたのに巨乳でその分ウエストがさらに細く見える。

真っ白な肌は少し上気してピンク色に見えた。
全身にまとわりつく泡とその隙間からのぞく素肌。

予想外の光景に俺は耐え切れずウッ!とパンツを下ろしたとたんイってしまった。

マジックミラーなのか彼女は俺には全く気付いていないようだ。
体中の泡を洗い流すと彼女はイスに腰を下ろした。

少しうつむいてシャワーを首筋にかけ始めると彼女の股間がすーっと開いた。

湯気でくもってよく見えない。
その瞬間俺の理性は消え去った。

俺は一気に服を脱ぎ捨てるとバスルームに飛び込んだ。


何故か鍵はかかっていなかった。
俺が熟睡していると安心していたのだろう。

「きゃーっ!」という叫び声がさらに萌えた。

いきなり彼女を抱きしめると床に押し倒した。

「やめて!○くん、やめて!お願い。」
シャワーが上から降り注ぐが全く気にならなかった。

彼女の両手首を右手で掴み頭の上で固定し口を唇でふさいだ。

そのまま舌を首筋に這わせピンクの乳首をころがすと彼女は「ひゃうっ!」とエロ漫画のような小さな叫び声をあげた。

その声がまた俺の股間をふくらませた。
おっぱいは大きさの割に硬く彼女の経験の少なさを感じさせた。

俺は左手で手首を押さえ胸の谷間に顔をうずめ 舌で両方の胸を下からすりあげるようにして乳首を交互にころがす。

右手は彼女の腰を抱き徐々に割れ目へと手を下ろしていった。

クリに指先が触れると「きゃあっ!」と彼女は腰を跳ね上げた。

かなり敏感なようだ。
濡れているのはシャワーのせいだけではないだろう。
俺は彼女の腰を馬乗りになって押さえつけたままシャワーを止めると「いや、やめて。」と繰り返す彼女の手首をそこにあったタオルで縛った。

彼女はイヤイヤをしながら泣きそうな顔をしていた。

両手が自由になったところで彼女のわきの下、首筋と下を這わせ左右のおっぱいを優しく揉んでいく。

「いやっ、○くん許して。あ…あ…あ、あん。いやあっ。あっ。」

イヤイヤの間に喘ぎ声が漏れ出していた。

「あっ…変な…こと、あっ…しないって、う、ん…約束…したじゃない。」

彼女は両ひざをすごい力で閉じながら腰を左右に揺らしている。

「変なことじゃないよ。気持ちいいでしょ。」
俺は彼女の両足首を持って一気にまんぐり返して割れ目に舌を這わせた。

「きゃあっ!汚ないっ!」
逃げようとする彼女の腰を押さえつけながら股間に顔をうずめた。

「汚くなんかないよ。こんなにきれいなおまんこ初めてみた。」

そこは後にも先にもお目にかかったことのないきれいなピンク色だった。
恥毛は丘の上に薄く生えていてアナルも全然黒くない。
アニメおたくやロリおたくが望んでいるのはこんな色だろう。

じっと見ていると白い汁が染み出しさらに上気してくる。

「やめてぇ。恥ずかしい。」
「きれいだよMちゃん。」

「いやっ、助けて××くん!」先輩の名前だった。

別の男の名前を呼ばれ陵辱という言葉が頭に浮かんだ。
ますます興奮した俺はMちゃんをめちゃくちゃにしたい欲望にかられ舌を尖らせて割れ目を上下してからクリを突いた。

「いやあー。あっ…いやっ!もうやめて。あっ!」イヤイヤしながら彼女は徐々に膝を広げだした。

足首を下ろし内腿を手で広げながらくちゅくちゅっと音を立てて舐めまわす。
ビラビラの周り、内側、クリと責めていくと愛汁がこぼれでてきた。

「本当にやめてもいい?気持ちいいんでしょ。」 唇で歯を覆いそのままクリを挟む。

彼女は「きゃっ」と叫んで腰をはねあげた。
「うっうっ」と声を出さないように下唇をかんでいやいやをするだけだ。

「えっ聞こえないよ。やめてもいいの?」

さらに歯の間から舌を尖らせ吸い付きながら突付くと

「はぁ…あぁ…やめ…やめ…ない…で…。」
目に涙を浮かべながら聞き取れないほど小さな声でささやいた。

俺は彼女の手首をほどきながら真っ赤になった彼女の顔を覗き込むと「先輩はしてくれないの?」と聞いてみた。

「し…ない…。汚い。いや、恥ずかしい。」
自由になった両手で彼女は顔を隠してしまった。

クンニの経験がない彼女をこのままイかせたらどんな感じだろう。

まだ足を閉じようとする彼女の内腿を手で押さえ両手の親指でびらびらを開くと一気にクリ責めに入った。

「あっああ、あ、だめ。もうだめ。いや。」
イヤと言いながら彼女の手は俺の頭を押さえつけている。

舌でクリをつきながら右手の中指をあそこに挿入するとまた腰が弾んだ。
彼女はもう何も言わない。ただ苦しそうな喘ぎ声だけが聞こえる。

そのまま指の根元まで突っ込みぐりぐりしながらGスポットを探し出す。

ざらざらしたクリの裏側をさすり舌で一気にクリを責め左手でアナルをさすった。

あそこがきゅきゅっと小さく痙攣しまんこが俺の指をくわえこんだ瞬間「やっ…やっ…いやっ…ああっ!○くん!」

俺の名前を小さく叫び彼女はのけぞりイってしまった。

さすがお嬢様。
イクといっても元カノ達に比べたらおとなしい。

はぁはぁいいながらぴくぴくしている彼女を見て俺はさらに興奮した。

腰の立たなくなった彼女をなでるようにシャワーで洗い流し「風邪ひくよ。」とバスタオルで拭いてそのままベッドに横たえる。

 

全裸よりバスタオル一枚で横たわる姿がまたそそる。

徐々に呼吸が整ってきて俺を見上げた彼女の目は潤んでいた。
「イッたのは初めて?」こくっと小さく彼女は頷く。

俺も女をイカせることだけに集中したのは初めてだった。

「Mちゃんすごくきれいだよ。ここなんてびしょびしょで。」
彼女の割れ目に指を這わせると「いやっ、えっち。」と逃げてしまう。

「ほんとだよ。たいていの女はこんな色してるけどMちゃんのはピンク。」
俺の黒ずんだちんぽを見せると彼女は自分の体を隠すように俺にしがみついてきた。

「電気消して。お願い。」
「今更電気もないよ。もう全部見ちゃった。」

「いやいや、○くんの意地悪。」
胸に顔をうずめながら恥ずかしがる彼女に俺はもう我慢できなかった。

再び彼女の上にまたがると乳首を口に含んだ。

「え?またするの?あ…電気。」
彼女はまだ部屋が明るいことにこだわっているが聞くつもりはなかった。

右手の指をクリにあて乳首をこりっと噛んでやるとピクンと腰を弾ませる。

今イッたばかりだというのにまた股間はじわっと濡れてくる。
左手で乳首をもてあそび今度はおまんこに指二本をつっこむ。

ぐちゅぐちゅと音を立ててかき回すと彼女も腰を動かしてきた。

膝に彼女を乗せ股間を開くと一気にちんぽを穴に突っ込んだ。

 

「うっ。」彼女は小さくうめきおまんこをきゅっと締め付けた。
きつくてなかなか入らない。

ちんぽをねじこみながら彼女が足を閉じないように柔らかい尻を支える。
彼女のまんこは締りがよくてぐいぐいとしめつける。

体が小さいからなのか俺のちんぽの先は子宮の奥にガンガン当たっている。

さっきから我慢してきたから長くはもたない。
限界だ。

ゆさゆさ揺れている大きな胸を両ひじで押さえ手で顔を隠して声を出さないようにもだえる彼女の姿も可愛すぎる。

「Mちゃん、どう?気持ちいい?」
「んっ、んっ。はあっ。」

彼女は顔を押さえイヤイヤしながら小さく息を漏らしている。

「気持ちよくないんだったらやめちゃうよ。」
本当はもう止まらないほどいきりたっている。

ぱんぱんとわざと音を立てながら彼女を突くと

「ああ、続けてっ。お願い。」
悩ましいほど小さな声を出し彼女は俺の腰にすがりついてきた。

俺は彼女の背に枕を入れ体を反らせて腰を動かしつづけた。

「もう俺だめだ、いくよ。Mちゃん、いってもいい?」
「あっ、だめっ。赤ちゃんできちゃうっ!」

興奮した俺はゴムなんてつけていなかった。

しかしもう遅い。

彼女のアナルに指を挿入すると「きゃーっ。」と彼女はのけぞり、ちんぽを抜くと一気に彼女の胸の谷間に放出して俺は果てた

「シャワー浴びないと家に帰れないね。一緒に入ろうか。」

「いや。恥ずかしいから。」
彼女はまだ恥らっている。

先輩が死ぬほど羨ましかった。

「恥ずかしいってあそこ丸見えなんだよ。」
俺がベッドからマジックミラーを指差すと彼女は驚いて布団に潜ってしまう。

「やだ、知らなかった。いつから見てたの?」
「たぶん全部。」

「えっち。○くんなんて嫌い。」彼女は軽く俺の胸を叩いた。

結局彼女は「見ないでね。」と念を押し一人でバスルームに行った。
背中を向けてシャワーを浴びている彼女を見て俺はまた発射してしまった。

モーテルをチェックアウトし彼女を自宅まで送り届けたのは夜中の1時だった。

 

先輩が退院したと聞いた時には俺もゼミ決めで忙しくなり話す機会もなく彼は卒業してしまった。

そして先輩の彼女とも会うチャンスは二度となかった。

つきあっていた彼女ともMちゃんとの夜が忘れられず別れてしまった。

 

6年後、二人の写真入りの幸せそうな結婚通知が届いた。

「是非遊びにきてください。」と書いてあったがもう二度と会う気はない。

俺はまだ彼女以上に萌える女に巡り合えず先輩に嫉妬する気持ちはまだ消せない。
とまあここまでが俺の忘れられないSEXです。

 

管理人のたわ言(´・ω・`)
とんでもない女だな・・・。

コメントを書く