【人妻】友達旦那の助手席に乗ってたら太ももを触られる→濡れてしまった結果・・・・・・・・・・・

【体験談】投稿者女性は友人夫婦とゴルフに行く予定が、当日、友人の子供が熱を出して旦那だけでやってきた。やむなく二人で行くことになったのだが、ゴルフ場までの道中に欲情した旦那がゴルフのミニスカートを穿いていた投稿者の太ももを触り始める・・・。

hutomomo

先日の日曜日の話です

そう全国的に大雨のあの日・・・

その日はゴルフレッスンに通ってる仲間内のコンペでした。

主人もその日は接待ゴルフで別なところに行くと言うので、私はレッスン仲間のご夫婦(ご主人アキラさん45歳・奥様瞳さん42歳)の車に乗せて行ってもらう様にお願いしていました。

当日、お迎えに来ていただいた車を見るとご主人のアキラさんしかいません。

私「奥様は?どうしたんですか?」と尋ねると

アキラ「子供が熱を出して、今日はやむなくキャンセルだよ」
私「それは残念ですね。今日は宜しくお願いします」

と、後ろの席に座ろうとしたら

アキラ「家内もいないし助手席にどうぞ」

その日の恰好がすぐにゴルフが出来る様にウエアーはミニスカートでした、
しかもスコートは着いてからはこうと思っていたので生足・生パン・・・・

そこまで言われて後部座席もないと思い助手席に座りました。

道のりは順調に行って2時間弱・・・
高速も順調でたわいもないお話をしていたのに突然アキラさんが

アキラ「かおるさんの足綺麗ですよね~。ちょっと触ってもいいですか?」


私「運転中だし冗談やめてください」
アキラ「ちょっとだけですから。お願いします」

と言って左腕をももに伸ばしてきました、
ももぐらいならいいかって思う気持ちと抵抗して事故でもおこされたら困るって気持ちで抵抗しないで大人しくしてました。

インターを降りしばらく走るとゴルフ場まで5kmの看板が出てきました。

するとアキラさんがももを撫でながら

アキラ「少し早く着きそうだからコンビニでおにぎり買って途中の山の展望台で雨の景色でも見ながら朝食しませんか?」
私「かまいませんよ。私も丁度コンビニでおトイレ寄りたかったし」

そう・・・私、ももを撫でられて濡れちゃってたんです

買い物を済ませ山の展望台に着くと天気のせいか車も人も誰もいません

展望台の東屋でおにぎりを食べながら

アキラ「かおるさん、さっき濡れてたんじゃない?」
私 「・・・・・」
アキラ「俺なんかほら」と私の手を取り股間に導きました

ズボンの上からでもわかるカチカチで大きいおチンチンで思わず

私「すごっ  大きいですね」って口走っちゃいました

次の瞬間 抱き寄せられてキス・・抵抗しながら

私「ゴルフ間に合わなくなる・んっ・・・」
アキラ「大丈夫まだ30分は余裕あるよ」

とキスしながらスカートの中に手が・・・・

アキラ「もうこんなに濡れ濡れじゃない、もしかして車の中から濡れてた?」
私「・・・・・」

恥ずかしくてなんだか弱みを握られた感覚でアキラさんがここに座ってとテーブルに座らされてパンティーを脱がされ、大事なところにアキラさんの顔が近づいてペロペロされた時は一瞬気を失うかと思いました。

主人ともう1年近くしてないことと、こんな外でそんなことされるなんて恥ずかしくて恥ずかしくて・・・・

アキラ「すごいよ溢れてくる」ペチャペチャ・・・
私「恥ずかしいから や。。。め。。て・・・」

するとアキラさんがズボンを脱ぎ
アキラ「ほら握ってごらん」私はもう欲しくて仕方なくなり、握ってしごいていました。

アキラ「しゃぶってくれる?」
私「はい」ジュポジュポと一生懸命しゃぶりました

しばらくすると・・・

アキラ「ここに手をついてお尻こっちに向けて」と、立ちバックで私の中に入ってきました

私「アッ・・・す。。ご。。い・・・・感じる」

と声にならない声で口走っていました

アキラ「声出しても大丈夫だよ。誰もいないし雨の音が消してくれるから」
そんな言葉を理解する余裕もなく私は

私「あァーー気持ちいいーーーーもっと突いて下さい」

と大きな声で感じまくってしまいました

体位を変えて30分のうちに4回いや5回はいかされたと思います

最後はアキラさんは私の口の中に射精して

アキラ「ゴルフの前のいい準備体操のなったね」
私「もう 凄すぎます・・・」

身支度を整えてゴルフ場に向かいました。

ラウンド後帰りにホテルに寄って3時間責められ続けたのは言うまでもありません。

とっても刺激的なゴルフな1日でした。

まだ、2日しか経ってませんがアキラさんとはもう無いと思います、
主人や奥様にばれたら怖いですしね。

どなたた私をゴルフに誘って下さい。

もちろんゴルフ以外もね・・・・

 

管理人のたわ言(´・ω・`)
公然猥褻罪ですね。

コメントを書く