年上ED夫のカレーにネットで買った「ぼっ起薬」を入れてみたら・・・・・

閲覧数: 1,414 PV

※この体験談は約 3 分で読めます。

投稿者:エツ子 さん(女性・30代)

体験談タイトル:年上夫のカレーに怪しげな薬を入れてみたら・・・

31歳既婚の主婦です。
夫は私より17歳年上で、中小企業で管理職をやってます。

年の差もあり周囲からは反対された結婚でしたが、夫は私に対していつも優しく接してくれて、家事も積極的に手伝ってくれる理想の旦那さんでした。

そんな夫に対して私は、ただ一つ不満な点があったんです。

それは夜の夫婦の営み。

50代近くのため体力的にキツいこともありますが、管理職でバリバリ働いている夫は常日頃忙しそうで、夜遅くに帰って食事と入浴を済ませるとすぐに眠ってしまうんです。

結婚してから最初の1年は両手で数えるくらいしかセックスしたことがなかったと思います。

一度、通販で買ったエッチな下着を着て誘惑したことがあったのですが、夫は私のアソコをいじくりまわしてイかせた後、
「ごめん、今日は疲れて勃たないや…」
と言って挿入もせずに寝てしまいました。

このままじゃ夫がEDになってしまうのでは!?
と焦った私は、雑誌の広告に載っていたちょっと怪しめの精力剤を注文しちゃったんです。

夫の仕事が休みの日の前夜、私は作戦を決行しました。
精力剤は錠剤タイプだったので粉上になるまで摩り下ろし、その日の晩飯だった夫の分のカレーにこっそり混ぜました。

夫は普段通り、美味しそうにカレーを平らげました。

食事と入浴が終わり少しバラエティ番組を見たあと、夫はいつものように寝室へと向かいました。

私もすかさず寝室に行き、下着姿になって夫を誘ってみたんです。

「ねぇ、久々にしない…?」

「…う~ん、今日はいいや。ゴメン」

そう言って夫はすぐにグーグー寝てしまいました。
ヤる気満々だった私はがっくり落ち込み、まぁこんなもんか…と思いながら一緒に眠りました。

深夜2時頃でしょうか、私は体に異変を感じて目が覚めました。
見ると夫が、私の胸を激しく揉みしだいていたんです。

「ど、どうしたのこんな夜中に?」
「はぁはぁ…ごめん…起こしちゃった…?」
「俺…はぁ…なんかよくわからないけど…はぁはぁ…すごく…ムラムラして…」

ふと夫の股間に目をやると、ペニスがパンパンに腫れあがり真上を向いていました。

夫は胸を揉みながら、私のアソコに指を入れ弄り始めました。
いまだかつてないほど激しく攻められた私のアソコは、すぐグショグショに濡れてしまいました。

「はぁはぁ…もう我慢できない!!挿入れるよ!!」

返事も聞かずに夫は私のアソコにペニスをズブっと入れてきました。

以前入れた時とは比べ物にならないほどカチンコチンに勃起したペニスが、私のアソコを激しく出入りするんです。

完全に野獣と化した夫は、発情期の雄犬のように腰をパンパン乱暴に打ちつけます。
しばらくすると限界に達したみたいで、

「あーーーーーーーーー!!出すぞ!!」

そう叫びながら私の膣内にビクンビクンと射精しました。
でも、その日の夫はこれで終わりじゃなかったんです。

「駄目だ……まだおさまらない…」

信じられないことに夫のペニスは全く衰えておらず、精液で溢れた私のアソコに再び挿入してきました。

結局その日は朝までに5回も中出しされてしまいました。
正直、あの精力剤を舐めてました…

夫との野獣セックスが癖になった私は、それからも定期的に例の精力剤を食事に忍ばせては、夜の営みを満喫しておりますw

コメントを書く