連続射精で真のマゾ男を失神させた女王様の告白・・・・・

閲覧数: 802 PV

※この体験談は約 6 分で読めます。

タイトル:拘束具と電マを使って何度も射精させ続けて失神させた女王様の体験談

「ふぅ…またなの?堪え性のないダメなマゾね。」
そう言い放つ私の足元に、さっきまでヨダレを垂らし、嬉しそうにブヒブヒ鳴いていた男が転がってる。
なんて情けない顔。

ブーツの爪先で頭を小突くと、ゴロンと男の顔がこちらを向く…白目を剥いて、舌はだらんと弛緩し、口から出てて。
まさに見るに堪えないって感じ。

知らない人が見たら、パッと見、死んでる?と思われかねない顔だけど。
私の責めに耐えられずに単に気絶しているだけっていう情けないオチなのよ。
テントを張っていた股間も、気絶してるにも関わらずまだ膨らんだままだしね…。

ーどこかに、私の責めに耐えられる屈強なメンタルを持ったマゾ男は居ないのかしら?

そう思ってありとあらゆる場所…そう、それこそナンパスポットからクラブ、ネットまで駆使して探したのだけれど、中々見つける事が出来なくて。

我こそは!と挙手したマゾ男とプレイしてみるも、大体ちょっと責めただけで音を上げるという、ていたらくぶり。
そんな覚悟で、手ェあげてんじゃないわよ。ったく。

ねえ、ちょっと言わせて頂戴?
あなた達マゾ男は、責めを受けてブッヒブヒ嬉しそうに鳴いて、こっちがノッてきた途端に気絶するようマニュアル化でもされてるのかしら?

自分だけ楽しんで、満足するだけしたら気絶しちゃって、残されたこっちは不完全燃焼。
どうせなら、こっちも充分に楽しんでから気絶するなりなんなりしてほしいってものよ。
勿論、そういうマゾ男とはそれっきり。

ハァ、本気で、どこかに私を満足させられるだけのマゾ男は居ないのかしらね…気に入ったら、飼ってあげても良い位なのに。

昔はまだ骨のあるマゾ男が居たものだけれど、皆結婚やら海外赴任やら(例外はあるけど)で卒業してしまって、寂しいものだわ…。

そう思いながら、その辺で適当に拾ったマゾ男のアナルにブーツの先をグリグリッと挿入しつつ、スマホで新規のマゾ男を漁ってたの。

そしたらね…女王仲間から、一通のメールが来てたの。
それが運命の出会いならぬ、運命のマゾ男との出逢いだったのよね。

彼の事について語るのはこれが初めて。
今の時代にしては珍しく骨のある、上質なマゾ男だからね。
こういうインタビューに応じて、他の女王に狙われて唾つけられたら…って事を考えると、口を噤んで、私だけのマゾとしておきたかったのだけど。

同じように上質なマゾと出会いたいっていう女王のタマゴ達への希望とか、そういうのになれれば良いかしらって思って応じてるというワケ。
まぁ、あのマゾ男が他の女王のところに行くっていうのも考えにくい話ではあるしね…。
じゃあ、始めましょうか。

①マゾ男との出逢い

さっきも話したけど、長らく骨のあるマゾ男とご無沙汰だった私はずーーーっと不完全燃焼で日々を過ごしてたのよね。
退屈しのぎ程度のプレイが出来るマゾ男はその辺で拾う事が出来ても、それ以上を求めるのであれば、さっぱり見つからなくて。

私なりに色んな場所で見つけようと努力はしたのだけどね。
それで、あーどうしようって、死んだ目でマゾ男を何となく虐めては捨て、虐めては捨てを繰り返してたの。

そんなある日、不意に女王仲間のリサから連絡が入ったのよ。
彼女はスゥエーデン人の父と日本人の母を持つハーフで、容姿は言わずもがな。
仕事はね、外資系金融機関に勤めるエリート。

言語の壁もないから国籍問わずマゾ男を飼いならし、今は多頭飼いにハマってるっていう、女王。
そんな彼女から連絡が入って、奴隷品評会のお誘いかな?なんて思いながらメールを開いたらね、最近出来たばかりのコミュニティサイトが良い感じだから、漁ってみると良いよ!っていう連絡だったのよね。

彼女、良くネットで奴隷漁りをしてて。
でも最近は中々良いマゾ男がいない~って嘆いてたはずなのに…いつの間に、良い狩り場を見つけたみたいで、既に3人ゲットしたって報告されたわ。

彼女のような女王のお眼鏡に叶う奴隷が3人も居た事が驚きなのだけど、教えて貰ったコミュニティサイトにアクセスしてみると確かに、登録会員のプロフィールを見た感じでは、他のサイトとは違ってちゃんとプレイ相手を求めてる感じがしたの。

ここなら私の理想に近いマゾ男が見つかるかも♪って思って、登録して、それっぽいマゾ男達に片っ端から声をかけてみたわ。

最終的にメッセージのやり取りが続いたのは、4人。
うち3人は、こちらの要望通りの写真を送ってこなかったり、「それは…どうか、他の命令をお願いします」なんて日和ってしまったりで、没。

ここで残った1人が、運命のマゾ男だったというわけ。
並のマゾなら引いてしまうような命令もすんなり受け入れ、すぐ実行しなさいと言ったらどんな状況でも即実行。

このマゾ男はどんな男なのかしら?と、興味を持たせるだけの熱意を感じたのよね。
何より毎日連絡もくれたし。
その辺のマゾ男なら、こちらがきちんと対応してれば気が緩むのか、連絡を怠って自分のことを優先し始めたりするもの。

勿論、意識が高ければそんな事はないのだけれど…最近は、そういう意識の低い”なんちゃってマゾ男”ばかりで、嫌気が差してたの。

でも、このマゾ男は違ってた。
本当にどんな命令もこなしたし、連絡を怠った事も一度もない。
それこそ年末年始はおろか、マゾ男自身が高熱で寝込んでいた時もね。

こんなに骨のあるマゾ男はいつぶり?と、気持ちが高揚したのを覚えてる。
昔関係のあった、正式にパートナーだったマゾ男…5年前くらいになるかしら、今回のマゾ男のように、どんな状況でも、それこそバレたら社会生活が終わってしまうような命令にも即座に応えてて、誠意を感じたものよ。

でも、唯一問題だったのは、そのマゾ男、ニートだったのよね。
結局、マゾ男自身の心の余裕がなくなり、性格も攻撃的になったり、と思ったらすり寄って来たり…。

飼ってあげても良かったんだけど、それはマゾ男の側から固辞してきて。
でも、どんどん不安定極まりない状態になってしまった自覚があったのか、マゾ男の方から、「僕はもう、貴女の奴隷にふさわしくありません…もっとまともな奴隷を見つけてください」と、別れを切り出されたのよね。

思い出すと切ないけれど、仕方のない事。
そのマゾ男以前の奴隷達は皆、経済的に自立していただけに、違いが際立っていて面白かったのだけどね。

今回のマゾ男も経済的に自立していたから、不安定になる事はなくて、その点安心して接する事が出来たわ。

②孤独なマゾ~変態性癖を抱えたまま~

そんなマゾ男だから、性癖については他のマゾとは一線を画してて…それにしたって独特のオーラを放ってたからつい生い立ちを聞いてみたの。
そしたら、やっぱりそこら辺の一般人とは違ってたみたい。

幼少期からSっ気の強い母と二人暮らし(つまり、母子家庭ね。)
強い&意地悪な物言いをする母だったようなのだけど、そういう物言いをされる事に快感を覚え始めて、それがエスカレートして。

小学校でもクラスの女子に自分から「お尻を叩いてください!」ってお願いして、ドン引きされた事があるみたい。
母から手を上げられた事はないようだけれど、母から意地悪な物言いをされていく内に、おのずと性癖を発展させてしまったようね。

ただ、不幸なことに、彼に応じる事の出来るSっ気の強い女性は、彼の母を除いて居なかったようで。
どれだけ「僕を虐めて下さい!」と言っても、虐めてくれる女性は居なくて、それどころか気味悪がられてしまったようね。

変に治安の良い土地柄だったせいかしらね…普通はそんなオモチャが降ってきたら、嬉々として虐める女子の2人や3人居そうなものなのだけれど。

それで、性癖を持て余したまま進学して、性癖を発展させた原因になった張本人の母が再婚、人が変わったかのように穏やかな性格になってしまったそうよ。
その時のマゾ男のショックと言ったら、とてつもないものだったそう。

それもそうよね、唯一快楽を与えてくれていた母が、もう与えてくれなくなったのだから。
しかも、再婚っていう取り返しのつかない出来事で。
もう今後、母がマゾ男を虐める事はない。そう悟ってしまったんですって。

それからのマゾ男は、出会い系サイトで虐めてくれる女性を探…そうとしたんだけど、何故か釣れたのはオジサン。
そして、プレイをしてみて(何で?って訊いたけど、結構自暴自棄になってたからだそうな)で、そこで一回、男性に目覚めたみたい。

無理矢理アナルにチンポをねじ込まれて出血した時の、切り裂かれるような痛みと快感がクセになってしまったって。
そこから紆余曲折あって男性から女性へ戻り、でも、中々理想の女王様に出会える事なく今に至ってしまった…という流れ。

マゾ男なりに、理想の女王様に出会えない虚しさを解消しようと頑張ってたようだけど。二次元に逃げようとしたり、風俗に救いを求めてみたり、ね。
まぁ、徒労に終わったみたい。
そりゃそうよね、並みの性癖じゃないんだから笑

でも、私という理想の女王様(になるかもしれない)女性と出会って、この出逢いを絶対無駄にしたくない、私を逃したくないという理由で、社会生活がダメになるかもしれない危ない命令も、それこそ文字通り”人生をかけて”聞いてくれたのよね。

話を聞いてて、胸を打たれたわ。
そして私も、このマゾ男ならばもしかして…と思ったのよね。
(そしてその予感は間違ってなくて、濃厚で味わい深いひとときを過ごす事が出来たのだけど。)

・・・

▼続きを読みたい方は以下からどうぞ!▼

拘束具と電マを使って何度も射精させ続けて失神させた女王様の体験談

引用元:女王様とお呼び!

コメントを書く