AV男優をしてた頃に有名AV女優と裏本の撮影をした話・・・・・

閲覧数: 1,609 PV

※この体験談は約 2 分で読めます。

投稿者:Danーyou さん(男性・50代)

タイトル:裏本の男性モデルをした

若い頃AVの男優をしていた。

モザイク全盛の頃は結合部が見えないのをいい事に挿入無しの撮影もかなり有った。

精液は通称「疑似精子」と言われる作り物で、糊とローションと水を混ぜてADが作っていた。

AV男優になっても当時は本番・射精出来るとは限らなかった。

監督が違うとノリも変わり本番でしか現せないリアルなセックスビデオになった。

ある国民的AV女優と本番セックスして腹に射精した事が有る。

女優の頭を両手で掴みイラマチオして口内射精した事も有るし、スカウトした主婦(実は女優)に中出しした事も有る。

そんなある日、当時それなりに人気の有る女優S.Nと裏本の撮影に参加する事になった。

彼女はアイドルのように可愛くスタイルは無駄な肉付きが無くて筋肉質だった。

オッパイは形が良くて、股間の毛は意外にも剛毛だった。

カメラマンの要求は普通にキスや前戯をしてセックスになって挿入になったら色々と指示するとの事だ。

カメラマンは挿入寸前に各体位でチンポがマンコに入る直前や先っちょを刺した状態を必ず撮影した。

女優もかなり興奮しているらしく乳首は勃起して、俺が本気でピストン運動すると気持ち良がり可愛らしい声で反応していた。

彼女を愛しいと思ったのは、どんな体位でも気持ち良くなると必死に俺を抱きしめ、なんとかして俺の身体に触ろうとするのが健気で良かった。

陰毛の上に射精した。

バスルームでフェラチオした際は疑似精子を顔に掛けて撮影した。

俺はすっかり彼女が気に入り撮影後に誘ったら「私もちょっとだけ好きになってる。」と言ったが、「彼が迎えに来てるから…」と彼氏の自動車に乗り帰って行った。

その後AV女優を引退したと聞いたが、結婚はしなかったようだ。

また会いたいなあ。

コメントを書く