精液狂いの私は毎夜出会い系サイトで相手を探しています・・・・・

閲覧数: 1,120 PV

※この体験談は約 2 分で読めます。

タイトル:精液狂いの私は毎夜出会い系サイトで相手を探しています。淫乱女の激白

私の名前はミカ。
28歳でネイリストの仕事をしています。

朝から夜まで仕事をし、休みの日には友達と出掛け、ごくごく普通の生活をしています。
ある一つの事以外は…

私は毎日夜になると出会い系サイトで、相手を探しています。
とにかくSMプレイやSEXがしたくて身体が疼くのです。

自宅に何着もボンテージを持ち、鞭などのグッズも大量に所持しています。

今日も私はプロフィールを更新します。
『私の名前はミカと言います。ボンテージや網タイツ、鞭が好きで今日も鞭で貴方を苛めたり辱めたりするのが堪りません。そんな私とSMプレイを楽しんでくれる方、探してますっ!ご希望であれば、緊縛も出来ます!』

Sな私を満たしてくれるMの男性をずっと探していましたがそんなある日、出会い系のサイトで私のほぼ理想と言っても良い程の男性を見つけた。

『ミカさん初めまして!メッセージを見て気になりお送りしました僕は遼(りょう)と申します。年齢は28歳で仕事は美容師です。いきなりなんですが、良かったら会ってくださいませんか?』

綺麗な言葉使いに同い年で同じ美容関係の仕事をしているんだと言う共通点に嬉しくなりました。

『遼さん、お返事ありがとうございます。お返事頂けてとても嬉しいです。私も遼さんにお会いしたいです。どんなプレイで楽しむかは当日に。お互い普段使っている玩具も持っていくことにしましょう』

こうして私達は会う事になりました。

すぐ見つけられるように遼さんの服装や、持っている鞄の色などを詳しく聞いておきました。

約束の時間。
向こうから歩いてくる男性。
背格好も、服装もピッタリ。
間違いない、遼さんだ!!

『遼さんっ!』と声をかけると遼さんも私がミカだと分かったらしく、笑って『初めまして』お互いに少しぎこちなく挨拶をしました。

そして、世間話をしつつ歩いてホテルに向かいました。

部屋に入った途端、どちらからともなく激しくキスをしました。
そして遼さんはキスをしたまま左手で服の中に手を入れ、ブラジャーのホックを外しました。

私はベッドに寝かされ、遼さんは又キスしてきました。

そして、『服、汚れちゃうといけないから脱がすね?』と遼さんが言ってきたので、私はただ頷きました。

頷くと同時に私が着ていたピンクのワンピースをスルッと脱がせられました。

私の下着は黒で、遼さんはセクシーだね、と喜んでくれました。
私の耳元で遼さんが『どこが性感帯なのかなぁ』と言いながら私の耳や首、乳首を舐めてきました。

遼さんは、乳首を甘噛みした時に『んっ、、』と声にもならない声で喘いでいたので、乳首は性感帯の一つと分かったようでした。

『性感帯、1箇所みーつけっ!!』とニッコリ笑う遼に私は顔が真っ赤になり、枕で必死に顔を隠しました。

・・・

続きを読みたい方は以下からどうぞ!

精液狂いの私は毎夜出会い系サイトで相手を探しています。淫乱女の激白

引用元:M女ペディア

コメントを書く