私が全身を包帯でぐるぐる巻きにされて興奮する性癖が身についた理由・・・・・

閲覧数: 1,485 PV

※この体験談は約 2 分で読めます。

タイトル:全身包帯でぐるぐる巻きに緊縛されるマミフィケーションという名のフェチプレイの詳細を教えます

日本にはあまり浸透していないフェチの一つにマミフィケーションという物があります。

「マミ」とは、おそらくマミーの事で、その名の通りミイラのように全身を包帯やロープなどでぐるぐる巻きになる事でエクスタシーを感じます。

麻縄による緊縛とは違い、縛る技術が必要無く適当にぐるぐる巻いて行く事でも成立する事から、結構お手軽に征服感を味わう事が出来るプレイです。

そんな私もマミフィケーションに陶酔し縛られる事に快感を覚える愛好家の一人。

キッカケは小学生の時にやったイタズラが原因で目覚めました。

今回はその辺りについて語るとしましょう。

私が小学3年生に上がる年、弟も小学校に入学して姉という立場の責任感も出てきた時代。

弟とはとても仲がよく、自分が男勝りな性格だったのも相まって一緒に外で遊んだり、イタズラをしてよく親に怒られていました。

両親は共働きで、仕事が終わるまで近所のおじいちゃんとおばあちゃんの家に帰っていたのですが、弟が入学して「お姉ちゃんなんだからちゃんとやれる」というアツい気持ちもあって、我が家でお留守番をする事に。

授業が終わり、弟を教室まで迎えに行って一緒に下校し、家に着くと母が用意してくれたオヤツを食べ二人でテレビを見たり意味も無くはしゃいだりするのが日課でした。

そしてある日、今では恥ずかしくてあり得ませんが小を催して弟と一緒にトイレへ入り、用を足す事に。

先に弟がチョロチョロと済ませ、次に私が便座に腰かけてチョロチョロとやりました。

トイレットペーパーでさっと拭く際、弟が「なんでウンチじゃないのにテッシュ使うの?」とか聞いてきたので、ママが拭けと言ったから等と説明していました。

すると「僕も拭く」と弟がトイレットペーパーをガラガラと勢いよく引き、数メートルは出て来たと思います。

それを見てテンションが上がった私たちは、ホルダー内の1ロール分引き出して遊んでいました。

・・・

続きを読みたい方は以下からどうぞ!

【体験談】全身包帯でぐるぐる巻きに緊縛されるマミフィケーションという名のフェチ

引用元:射精管理でM男調教!淫魔女王Saki

コメントを書く