中学時代の彼女に見せてもらったエッチな鉄棒遊び・・・・・

閲覧数: 1,538 PV

※この体験談は約 3 分で読めます。

投稿者:ゆきのり さん(男性・20代)

中学の時の話。

クラスでいちばん可愛い子が俺に告白してきた。
どっちかと言うとダサ系で冴えない系の俺にこんなチャンスめったにないから、即OK。

なんで俺のこと好きになってくれたのかって聞くと、
「部活がんばってる姿がかっこいいなーって思ってたから、かな」
と言ってくれた。
その時が人生のピークだったなー。

今思い出しても、本当に可愛かった。
NHKの某クッキング番組のまい○ちゃんに似てた、まい。

まいはいつもふんわりした雰囲気で、中学ってどっちかと言うとクラスで目立つ子がモテる傾向にあると思うけど、おとなしいまいはクラスで飛びぬけてモテてた。
上級生からも告られてたっぽい。

だから冴えないデートしか出来なくて、お互いの小学校にチャリで行ってたりしてた。
その日はまいの出身の小学校に行って、校庭歩いて学校のこと話したりとか、なんかほほえましいデートしてた。

鉄棒の前を通ったときに、
「あ、懐かしいなー、よく鉄棒で遊んでたんだー」
と、無邪気にまいは鉄棒見て懐かしんでたんだが、俺の小学校では男女混合でボール遊びが基本だったから、鉄棒で遊ぶとか、ちょっと想像つかなかった。

鉄棒でどんな遊びしてたんだ、と聞くと、

「え、うーんと……いろいろ、かな」

なんか不自然な誤魔化し方だった。

鉄棒で遊ぶことってそんなにないよな、と思いつつもさらに突っ込むと、

「あの、ね……ううん、やっぱり言えないよぉ……」

泣きそうな顔で恥ずかしがるまい。
もしかして、とか思った。

「嫌いに、ならないでね……?」

案の定、まいは小学校の時から鉄棒にまたがって、アソコに鉄棒を押し付けて気持ちよくなってたらしかった。

始めたのは小学二年の時からで、最初はしてる意味がわからずに、ただなんとなく気持ちいいかなーくらいで続けてたら、どんどん性感帯として発達したのか、やり続けるうちに止まらなくなって、卒業までずっと続けたって言った。

話聞いてるうちにエロすぎて興奮して、俺は、その姿を見てみたいって思って、まいにお願いした。

ちょうど今日はまいはスカートだったから、パンツ越しに鉄棒が当たるはず。
まいはしばらく迷って、悩みながらもやってくれて、

「はぁっ……はぁっ……はぁっ……」

誰もいない校庭で、スカートめくって、不安定な体勢でまいはひたすら鉄棒にアソコ押し付けて腰振ってた。

真面目でお嬢様系のまいが、パンツ越しにアソコを鉄棒に押し付けて、一人遊び。
しかも、小学校のころなのに。

エロ漫画みたいな展開。
どんどん夢中になって、途中でまいの口元からちょっと涎がこぼれた。

そこでさらに恥ずかしくなったのか、

「もう……いい、よね……?」

と恥ずかしさマックスになったまいは鉄棒から降りた。

時間にしたら十分くらいだったと思う。
気になったのは、まいが濡れてるかどうか。

確認させてくれって、頼み込んだ。
しばらく迷ってたものの、まいはおっけーしてくれた。

「でも……あの、ね……ここじゃ恥ずかしいから……」

そう言って、まいは俺を体育倉庫の裏に連れ込んで、スカートをめくった。
かわいらしい、まいらしいさわやかな薄ピンクのパンツ。

だけど、アソコはしっかりというか、まるでお漏らしでもしたみたいに、ぐっしょり濡れてた。

ちなみに、中三になってまいは高校生に口説かれて、別れ話を切り出された。

後で女友達に聞いた話だけど、性欲が強いほうらしくて、なかなか手を出してこない(その時はキスもしなかった)俺につまらなさを感じてたときに、高校生からナンパされて、やられちゃったらしい…。

コメントを書く