M歴10年の男性に女王様との痴女プレイについて語ってもらいました・・・・・

閲覧数: 759 PV

※この体験談は約 3 分で読めます。

タイトル:S痴女と楽しんだM歴10年の男性が語るプレイの数々

『エロいお姉さんに性的イジメを受けたい』
『S痴女に体を弄ばれたい』

といった願望を持つM男性は少なくないですよね。
Sっ気のある女性に身を委ね、快楽に導かれるというのはM男性なら誰もが憧れるシチュエーションですし、女性から与えられる恥辱の数々もM男性にとっては歓びであり、興奮材料となり得ます。

けれど具体的にどんなプレイが行われるかというと、簡単には思い浮かばないという方も多いと思います。

今回は痴女プレイが好きなM歴10年の男性にインタビューをし、実際にこれまでどのようなプレイを楽しんできたかについて語っていただきました。

――初めまして。早速ですが義之さん(仮名)はM歴10年という事で、Mに目覚めたのはどういったきっかけからでしたか?

『きっかけははっきりとは覚えていないんですよね。中学生でオナニーを始めた頃から巨大な女の人に見下されながらチンコを無理矢理扱かれるのを想像していたので元々そういった素質があったのかなと思っています。まあその当時は自分がMだとかは考えた事なかったですけどね』

――なるほど、性に興味を持ち始めた頃からMの片鱗が見えていたというわけですね。では具体的にMだと実感したのは?

『痴女モノのAVや漫画をばかり見るようになってからですね。自分の性癖に刺さるものを探していたら自然と痴女モノばかりになってしまって。この時点でようやく、自分は痴女っぽい女性にいやらしく弄ばれる事に興奮するMなんだなって実感しました』

――やはりAVやエロ漫画の影響は大きいですよね。Mだと自覚してから実際のプレイに至るまでにはどれくらいの期間を要したのでしょうか?

『結構かかりましたね。3,4年くらいかな。その間普通に女の子と付き合った事もあったけれど、僕は女性に責められたいし、彼女は彼女で男性にリードされる方がいいしであまり長続きせず別れたり。こういった事が3回くらいありましたね。
だからこそますます普通の女の子じゃダメだって思いが強くなっていたのだと思います。

そこで痴女プレイをしてもらえる風俗に行ったのが初めての痴女体験ですね。僕がずっと思い描いていたような事をたくさんしてもらえて“ああ、やっぱり僕が求めていたのはこういうのだ”と心から実感できました。

それから10年間、何人かのS痴女さんと出会って様々な痴女プレイを受ける日々を送ってきました』

――初めての痴女体験は風俗だったのですね。M性感的なところでしょうか。具体的にはどのような痴女プレイをしてもらったのですか?

『そうですね、M性感のお店でした。まずは僕が中学生の頃からずっと妄想していた見下されながらの手コキをお願いしました。

ただチンコを扱かれるだけなのをイメージしていたのですが、相手をしてくれた女性は“早速我慢汁が溢れてきたよ、いやらしいチンコだね”“今、どんな顔してるか分かる?ものすごくスケベな顔してるよ”と、言葉でも辱められたのが、ものすごく興奮しましたね。

その後は、AVで見て気になっていた乳首責めや顔面騎乗もしてもらい、最後は再び手コキで寸止めを何度か繰り返されるうちにイッてしまいました』

――いずれも痴女プレイの定番ですが、初めての事であれば全てが興奮に繋がりますよね。やはり初痴女プレイは最も印象に残っているものですか?もしそれ以上に印象的な痴女プレイがあれば教えてください。

『風俗での初痴女プレイも確かに強く記憶に残っていますが、印象に残っているというのとはちょっと違いますね。今までの痴女プレイの中で最も印象深かったのは丸々一日痴女プレイに興じた時の事です。

当時懇意にしていた女性とのプレイだったのですが、彼女は一緒にいる時は常にくっついていたいタイプの女性でした。普段は一週間に一度のペースで会っていたのですが、仕事の関係で三週間くらい会えない事があり、ようやく会えた時に提案されたのが一日中ベッドの上で全裸で過ごすというものでした。

・・・

続きを読みたい方は以下からどうぞ!

S痴女と楽しんだM歴10年の男性が語るプレイの数々

引用元:女王様とお呼び!

コメントを書く