カフェで勉強してた男子大学生をナンパして犯しちゃった・・・・・

閲覧数: 1,724 PV

※この体験談は約 6 分で読めます。

タイトル:【即日即ハメ!】可愛いからナンパして犯しちゃった痴女の赤裸々体験談

「っ…そんなに締めないで…すぐ出そう…」
「あっ…はぁ…無理…気持ちよくて締まっちゃう…」
「あぁ…もう…出るよ…」
「うん…出して…中にいっぱい出して…」

私は彼の腰上に跨がり夢中で腰を振る。
今にも爆ぜてしまいそうな彼の昂ぶりが快感で強く締め付けてしまう私。
眉根を寄せ、余裕のなさそうな彼の表情に私の淫欲は掻き立てられ、絶頂寸前の彼を頂きへと誘うべくさらに激しく腰を揺らす。

「っく…」

小さく呻いた後、私の中に吐精し全体重をベッドに委ねる彼。
一回戦は早々に終わったけれど、私達の秘め事はまだ始まったばかり――

これは私が街中で逆ナンした男子大学生を痴女セックスに誘った時の話です。

その日、私は退屈な休日を過ごしていました。
家にこもっているのももったいない気がするし、とりあえず街でショッピングでもしようかと思い出てきたけれど大して欲しいものもない。
当てもなくブラブラしていたものの、少し歩き疲れたのでお茶がてら休憩を、と思い入ったカフェで出会ったのが彼でした。

たまたま座ったテーブルの隣の席にいた彼。参考書とノートを広げ、何やら勉強しているようです。

いや、“たまたま”と書いたけれど正確には店内を見渡して空席と共に私好みの若い男子を無意識にチェックしていました。
そこで目に留まったのが彼とその隣の空席。
私は反射的にその空席に向かったというのが事実です。

男性だって同じ空席ならおじさんの隣より若い女性の隣に座りたくなりますよね?
“よし、女性の隣に座ろう!”と思ってなくても、体が反射的に女性の隣へ向かう事ってありませんか?それと同じです。

顔も私好みだったら嬉しいなとチラッと顔を見てみると思った以上に私のタイプ。
目は二重で綺麗に整ったEラインの横顔、時折考えこむようなその表情も可愛くて思わずじっと見とれてしまいました。

そして同時に彼に声を掛けて仲良くなってみたいという気持ちが沸き起こりました。
私、いいなと思った男性には積極的に声をかけて落としたくなるタイプなんです。

そんな私の視線に気付いたのか彼がこちらを向きます。
私はすかさず視線を逸らしました。
それは気まずかったから、というわけではありません。
無言で見つめ続ける女なんてやっぱり不気味じゃないですか。
そんな印象を与えたくはなかったからです。

クラブやバーなら声を掛けるのなんて大して難しくないのですが、ここは昼間のカフェ。
どうやってきっかけを作ろうかと考えていた時、彼の読んでいた参考書の内容が目に留まりました。

“FP技能士テキスト”

どうやら彼はファイナンシャルプランナーの資格勉強をしているようです。
これはラッキーと思いました。
というのも私自身、金融関係の仕事をしていて専門分野だったからです。

「ファイナンシャルプランナーの勉強ですか?」
「えっ?あ、はい…」

この状況で自然に話しかけるならこの話題しかない、私は声をかけてみました。
とはいえまさか話しかけられるとは思っていなかったのでしょう、彼は驚きと戸惑いの表情でこちらを見つめます。

「私、こういう仕事してるんですけど…」

と、名刺を差し出しました。
どんな時でも人との出会いが日Jネスチャンスに繋がる事があるので、休日でも名刺は持ち歩くようにしています。

ナンパで使うのは初めてだったけれど、それを見た彼の表情が少し緩みました。
私の素性が分かったのと声を掛けられた理由が繋がったからでしょうか。
名刺作戦は功を奏しました。

「今日、友達と約束してたんですけどすっぽかされて予定が空いちゃって。しばらくここにいるから、分からない所があれば何でも聞いてくださいね」

これも何かの縁だから、と私は勉強の手助けを申し出ました。
ちなみに約束をすっぽかされたと嘘を吐いたのは正統な理由があって時間を持て余している事をアピールしたかったから。むやみに暇しているような女よりは信頼度があると思ったからです。

それだけ伝えると私は読書を始めました。
恋愛は待つ事も大切。ラインやメールだって返事がないからって何度も送ったら相手は引いてしまいますよね。
今ここで何度も話しかけると“見知らぬ女にしつこく絡まれて怖い”という感情しか生まれないでしょう。

私は仕掛けられる罠を全て仕掛けました。
後は彼が食いつくのを待つだけです。

とはいえもちろん計画通り食いついてもらえない可能性だってあり得ます。
けれど、今の所彼の中で私の存在は“たまたま隣に座った自分が勉強している分野に詳しい女”でしょう。
ちょっと下衆な言い方をすると“利用できる価値のある女”でもあると思います。

彼にとっても私と親しくなるメリットはあるはずなのでもし今日上手く行かなくても、去り際に渡してある名刺の連絡先への連絡を促せばもうワンチャンスあるという計算もありました。

3日前に読み終えて鞄の中に入れっぱなしになっていた小説を再読しながら、横目で彼の動向をチェック。
上手く行かなかった時のシミュレーションもしていた私ですが、思ったよりもその時は早く訪れました。

「あの…ちょっといいですか?」

読書を始めて15分ほどで彼から声を掛けてきてくれたのです。

「ここがちょっと分からないんですけど…」
「ああ、これはね――」

一度彼から話しかけてくれればこっちのもの。声を掛けてくれたという事は少しは心を開いてくれたという事なので、勉強の手助けをしつつ一気に距離を縮めます。

一時間半後、勉強は一段落つきました。
そろそろ帰るという彼を今度は本格的に誘います。

「よかったらこの後ご飯に付き合ってくれますか?友達と食べる予定がなくなってしまったから、一人じゃ寂しくて」

ここでもあのささやかな嘘が役に立ちました。
彼からは“僕でよかったら”という返事。
私は心の中でガッツポーズしました。

こうして私はたまたま見かけただけの自分好みの可愛い系男子を狙い通り食事に誘うところまでこぎ着けたのです。

お酒は飲めるというので私は立ち飲みスタイルのバルへ誘いました。
何故かというと自然と肉体的な距離感を縮められるから。
普通のレストランや居酒屋だと対面に座るのが基本なので肌が触れ合う事はないですよね。

けれど立ち飲みスタイルのお店だと隣り合って飲む形になるので肌が触れるのも違和感がありません。必然的に自然と肉体的な距離を縮められるのです。

最初は普通にお互いの身上を話します。
そこで分かった彼の事というと、名前はユウタ。
21歳の大学生で地方から出てきた。
彼女はいたけれど3か月前に別れた、将来は私と同じような金融関係の会社への就職を目指している、という事。
それだけにやはり自然と仕事や就職の話が中心になりました。

けれど私の目的はそういう話をする事ではありません。
話の間もさりげなく彼の手に私の手を掠めたり、彼の腕に軽く肩を当ててみたりして反応を確かめます。

最初は咄嗟に手を引っ込めたり、少し離れて距離を開けたりする彼でしたが、お酒のせいもあるのか一時間もするとそういった反応は見られなくなりました。彼のパーソナルスペースが狭まった証です。

そこでようやく仕掛けます。
私は彼の指に自分の指を絡めました。
驚いた表情で私を見る彼。
私は酔った風を装いつつ、さらに体を同士を密着させます。

もし脈がなければ何かしら拒否反応を示すはずです。
けれど彼はそんな私の行動を咎める事なく受け入れてくれました。
確実にイケる。
この時私は確信しました。

食事を済ませて店を出ます。
どちらからともなく繋がれる手。きっと彼もこの後の展開を期待しているはずです。

「この後どうしよっか…?」

そう言いつつホテル街のある方へ向かう私。

「どうしましょうか…」

質問を質問で返すあたり受け身な雰囲気が伝わります。
より可愛さが引き立ちました。

「…ホテル、行く…?」

顔を覗き込みながら誘うと小さく頷く彼。
恥ずかしそうにする仕草が私の心をくすぐります。

心なしか足早になる私達。
ホテル街に着き、適当なホテルに入ると部屋を選んでエレベーターへ。
部屋まで我慢できなくて、彼の首へ手を添えると降ってくるキス。
彼の股間に目をやるとズボンの上からでも分かるくらい張り詰めていて、彼も私を欲してくれているんだと嬉しくなります。

「一緒にシャワー浴びる…?」
「…はい」

部屋に入るとくつろぐ事もなく、すぐさまシャワーへ誘う私。彼も異存はないようでした。

「んっ…それ気持ちイイ…」
「ますます大きくなっちゃったね…」

一緒にシャワーを浴びながらボディソープで彼の体を洗ってあげます。
特にチンチンは念入りに。
ボディソープの泡と共に手でしごかれるのが気持ちいいのか私の手の中でさらに硬さを増す彼のチンチン。

シャワーを浴びる前から勃起していたのに、ますます大きくなってお腹まで反り返ってしまいました。

・・・

続きを読みたい方は以下からどうぞ!

【即日即ハメ!】可愛いからナンパして犯しちゃった痴女の赤裸々体験談

引用元:女王様とお呼び!

コメントを書く