露出好きな女を友達と二人で調教しまくった結果・・・・・

閲覧数: 1,408 PV

※この体験談は約 4 分で読めます。

タイトル:露出が好きな女を友達と一緒に飼いならしたら凄い事になった!

俺が23歳の社会人になったばかりのころの話です。

当時は大学を卒業してそれまで住んでいた実家を出たあと、会社の近くのマンションに一人暮らしをしていました。

当時住んでいたのはマンションの二階で、向かい側にも同じようなマンションがあって、それぞれの部屋が向かい合うような形で建っていました。

当時、俺の部屋の向かいの部屋には同じくらいか少し年上のお姉さんが住んでいました。

何故そんな人が住んでいるとわかったかというと、そのお姉さんは夜でも寝るときでも着替えるときでもカーテンを閉めたりしなかったので、俺の部屋からは丸見えだったんです。

きっかけと考査

実は何度もその部屋を覗いたりしたことがあります。
悪いことをしているとは思ったのですが、俺はその時彼女もいないしそういう相手がいたわけじゃないし、正直女性に飢えていたんだと思います。

お姉さんが無防備に下着姿になっていたり寝転んでいたりするところを覗いてはオナニーをしていました。

大学の頃からの男友達にそのお姉さんの話をしました。
そうすると友達がお姉さんの部屋を覗いてみたいというので、お姉さんには悪いと思いましたが友達を部屋に呼ぶことにしました。

友達を読んで適当に飯を食って、お互いが用意した酒とつまみを楽しんでいた時、Tシャツに下は下着のままお姉さんが部屋からベランダに出てきました。

俺も友達もその気配に気づき見ていたら、お姉さんはベランダに椅子を持ってきました。

何をするんだろう?と友達と見ていたらなんとお姉さんは椅子に座ってオナニーをし始めました。

突然のことに友達と一瞬顔を見合わせたあと、俺たちはベランダの窓に近づいてそのままお姉さんから目が離せずじっと見つめてしまいました。

お姉さんは脚を大きく広げて俺たちに見せつけるようにオナニーをしていました。
胸を揉み、下着の中に手を入れてあそこを弄っているようでした。

俺はすごくその下着が邪魔だと思いました。
お姉さんは感じてるようで小さくですが喘ぎ声が俺たちのほうまで聞こえてきました。

俺のチンポはがちがちに勃起していました。
するとずっと下を向いていたお姉さんが俺たちのほうに顔を向けました。

目があった俺はとっさに「しまった」と思いました。
その時急に覗いていた罪悪感と背徳感が襲ってきたんです。

もし覗かれていたと警察にでも通報されたらどうしよう、そんなことを考えていたらお姉さんに「今からそっちに行ってもいい?」と言われました。

部屋のインターホンが鳴り、玄関を開けるとそこにはTシャツと下は短パンを履いたお姉さんが立っていました。

俺たちはお姉さんを部屋に招き入れるとお姉さんは覗かれていたことを怒っている風でもなく、笑顔で部屋に入ってきました。

お姉さんが「私がオナニーしてるところ見てたんでしょ」と聞くので俺たちは素直に「はい」と答えました。

するとお姉さんは「私とSEXしたい?」と聞くので「はい」と答えました。
するとお姉さんは着ていたものを脱いで全裸になりました。

大人の女の乱れ方に大興奮

お姉さんとのSEXはすごかったです。
俺も友達も女性経験が豊富なわけではないので正直お姉さんのテクニックに翻弄され続けました。

お姉さんは全裸になったらすぐ俺たちのズボンのファスナーを下ろし、パンツの中に手を入れて俺たちのチンポを弄り始めました。

先にパンツを脱がされたのは俺のほうで、脱がされたとたんチンポはお姉さんの口の中に入っていました。

舌がいやらしいくらいまとわりついて少しフェラされただけなのにあっという間にイキそうでした。

お姉さんは俺のチンポをしゃぶりながら友達のチンポも空いた手でしごいていました。

俺がイキそうになるとお姉さんは口を外し、次は友達のチンポをしゃぶり始めました。

お姉さんの体はすごくきれいでした。
細いのにおっぱいは大きくてお尻も大きい。

お姉さんが友達のチンポを勢いよくしゃぶるとそれに合わせておっぱいも揺れていました。

我慢できなくなった俺は友達のチンポをしゃぶっていたお姉さんを引きはがし、ベッドに押し倒しました。

そこでお姉さんの了解も得ずにお姉さんのおマンコにチンポを突っ込んだんです。

お姉さんのおマンコはぐしょぐしょに濡れていました。

でもいきなり突っ込んだからか狭くてチンポは全部入らず、一度チンポを抜いたあとお姉さんの腰をつかんでもう一度チンポを勢いよく突き立てました。

お姉さんは「アアッ」と叫んでのけぞりました。

そのまま俺はお姉さんの腰をつかんだまますごい勢いでチンポを出し入れしました。

お姉さんのおマンコの中は濡れていて、すごく熱くて、俺はチンポを持っていかれそうになるのを必死でこらえました。

俺に犯されてるお姉さんがすごくえろくてこのまま俺のものにしたい!とか考えていました。

俺の止まらないチンポの打ち付けにお姉さんは外に聞こえるんじゃないかってくらい大きな声で喘いでました。

中に出すのは危ないとわかっているのに止まらなくて、俺はお姉さんのおマンコの中に思いきり射精しました。

お姉さんも俺とほぼ一緒にイッたのかもうだめ!とかイク!とか叫んだあと体をのけぞらせてそのままぐったりと動かなくなりました。

射精して頭が冷静になってきた俺はゆっくりとチンポを引き抜くと、お姉さんのおマンコからとろとろと俺が出した精液が出てきました。

しまった、と思い俺が体を離すと次は横で見ていた友達がお姉さんの上に覆いかぶさりお姉さんを犯し始めました。

イッたばかりのおマンコにチンポを突っ込まれたお姉さんはたまらないという感じでまたのけぞり喘いでいました。

もうだめとか許してとか言っていましたが友達は犯し続けていました。
そんな姿を見て俺もまたチンポが固くなっていきました。

友達がお姉さんを犯している間俺はお姉さんのおっぱいにむしゃぶりつき揉んだり舐めたり噛んだり、おっぱいも犯してやる!という気持ちで責め続けました。

やがて友達もお姉さんの中に射精したらしく、それを見た俺は友達を押しのけまたお姉さんのおマンコにチンポを突き立て犯しました。

何度犯してもお姉さんのおマンコの中は最高に気持ちよくて、それは友達も同じだったようで何度も変わりばんこにお姉さんを犯しました。

 

続きを読みたい方は以下からどうぞ!

露出女を友達と一緒に輪姦して飼いならしてみた!

引用元:M女ペディア

コメントを書く