【露出】雨の公園のベンチでおじさんにスケスケパンツを見せたら・・・・・

閲覧数: 1,629 PV

※この体験談は約 3 分で読めます。

投稿者:露っ子 さん(女性・20代)
タイトル:願望のレイプ

20才の女子大生です。
ちょっと露出の性質があって股下10cmくらいのパンツを履いて時々チラしてるんだけど、今朝目覚めたら久しぶりの大雨でした。

その降りしきる雨を見て咄嗟に浴室に向かい、少し残してた毛を剃りました。

それに生地の薄いパンツを履いて公園まで車で行ったんです。
公園に着いた頃は期待にパンツも少し濡れて染みが出来てました。

それでそのパンツを履いたまま傘を差して外に出たのね。
その時は雨足が強まったり弱まったりでミニまで濡れたけど、パンツまで濡れは染みてませんでした。

だから濡れたベンチに座ったらお尻に雨が染み込んで来るのがわかるの。
それで股間を見たら薄い生地を通り越してスケスケになってました。

透けたのがわかって、屋根のあるベンチまで行ってみたけど、奥まり過ぎてるせいか誰も通らないの。

そのうち寒くなるしオシッコもしたくなるしで、人も通らないからアソコの透け感が薄れてくるの。
だから屋根から滴ってくる雨でパンツを濡らして待ってました。

それからオシッコも限界くらいになって、オシッコをしようと思った時に雨ガッパを着たオジサンが見えたから、ベンチに足を少し開いてうつむき加減に座ってました。

そしたらオジサンにパンツが見えたみたいで私の前に立ってるのがわかったの。
何も言わないで見てくれる人は大好きなんだけど、気づいた時にはもう1人分の足が増えてて。

ヤバいなぁと思っていたら近くから声が聞こえてきて足を閉じたけど、そのうちの1人のオジサンが「嬢ちゃんエロいなぁー」と腿を撫でてきたの。

『やめてください』と声をあげた時には五人のオジサンとお兄さんに囲まれてて…。

そのみんながいる前でそのオジサンはパンツの中まで手を入れてきたんです。

『やだぁやめてください』と言って見ても声が小さかったからかな?
オジサンは止めてくれなくて。

「嫌だと言ったってマンコびっしょり濡らしてるじゃないか、わざと見せてたんだろう?見られたいんだろう?見てあげるよ」

そう言ってパンツを脱がそうとするの。
それでパンツを押さえてみたけれど
「おぃ手を押さえろ」とオジサンに言われた二人が私の両腕を押さえる間にパンツを脱がされたんです。

「パイパンにしててスケベな女だ気持ち良くさせてあげるよ」
そうオジサンは言い放って指を入れて高速で指マンしてくるの。

そうされたら恥ずかしいけどめちゃ気持ちが良くなって、我慢してたオシッコも我慢の限界で、漏れてしまったら「こいつ潮を吹きやがった」と言って笑ってるの。

「ヒクヒクしててスケベな女だもっと気持ち良くしてあげるよ」とカッパを下げてオチンチンを入れようとするから
『ゴムをしてください』
「そんな物は持ってないよ」
『私持ってます』

バックからゴムを出したら
「この女ヤリマンだぞいっぱい持ってやがる」
「性病持ってそうだからゴムをした方が良いぞ」
「あぁー」

それで台の上に寝かされて入れられた時には他の人に服もブラも外されて全裸にされてました。

「こいつ良いマンコしてるぞ、やってみろよ」
「あぁ」と言ったオジサンに台の上でお尻からされたけど台の上は周囲から丸見えなんだけど誰も人が来なくて安心してたらオチンチンをお口に差し出されて咥えるしかしできませんでした。

実際体験してみたら気持ちは良いけど妄想と違ってフェラはめちゃ苦しくて吐きそうにまでなりました。

そんな時にスマホで撮ってる人がいたから顔は向けないように目を瞑っていたけど、結局二人のオジサンとお兄さんさん1人に犯されました。

それでオジサン達が去って行くのをみて慌てて衣服を着て居たら、さっきオジサン達と一緒にいた私より年下の男子が戻ってきて「僕にもさせてくださいお願いします」と頼んでくるの。

もうエッチな感じがモヤモヤしてたから良いよとゴムを被せようとしたら半包茎で凄くカス溜まってて臭いの。

それにゴムを被せてさせてあげたらめちゃくちゃ早くて聞いたら童貞だったみたい。
その男子はありがとうございましたと離れて行ったけどめちゃくちゃ興奮しました。

レイプは妄想以上じゃなかったけどゴムをしてくれるならまた犯されてみたいかな?

結局今日は学校を休んでしまったけどその分有意義だったと思います。

コメントを書く