真面目女子だった私がドS彼氏に性奴隷として扱われています・・・・・

閲覧数: 1,261 PV

※この体験談は約 3 分で読めます。

タイトル:激白!ザーメンに塗れた社内奴隷生活の全貌!

それはとても残酷な確率でした。

日本にいる男性の数は約6200万人。
その中からさらに地域性や恋愛対象となりうる年齢を考慮したとしても、私が何かしらの形で関わる可能性がある男性は数百万人はいるでしょう。

その中には私をお姫様のように扱ってくれる男性がいたかもしれまんせん。
お姫様とまでは言わなくとも、対等な関係で健全な恋愛を経て平凡な結婚をしたいと言ってくれる男性がいたかもしれません。
むしろそういう男性の方が圧倒的に多いはずです。

けれど私が出会ってしまったのは、嗜虐心に満ちた性倒錯者ともいえる人でした。
その男性によって私の屈辱の社内奴隷生活が始まったのです。

***************

私はとある企業に勤めています。
手前味噌にはなりますが、社名を言えば「スゴいね!」と言われる、誰でも知っているような企業です。

それだけに学生時代は誰よりも勉強しました。
当時の私を知っている人はみんな“勉強熱心な真面目な女子”という印象を抱いているはずです。

恋愛には興味がなかったわけではないけれど、それよりも勉学を優先していたため初めての恋人が出来たのは社会人になってからでした。

勉強の偏差値は高かったものの恋愛の偏差値はイマイチだった私は、社会人になってようやく初めての恋人ができたという遅い恋愛経験に少なからずコンプレックスもありました。

そのせいでしょうか、恋人の前では遠慮しがちで常に受け身な態度でいました。

一方恋人はというと私とは真反対で何事にも自信に溢れ、私をリードしてくれるのが得意な人でもありました。

それだけにある意味相性は良かったのかもしれません。
けれど、この人と出会わなければ私はM性癖の扉を開ける事もなかったのだと思うと、少し複雑な気持ちでもあります。

リードするのが得意だった彼は性行為においてもそうでした。

最初のセックスこそただ肌と肌を合わせて性器同士を結合させるだけのごく一般的なものでしたが、少し慣れてくるとローターやバイブといった類の玩具を使ってするようになりました。

戸惑いはしましたが“みんな使ってるから”“使った方が気持ちよくなれるから”という言葉に押されて彼の言うままに。

それからの私はさらに彼のなすがままとなりました。
縛られたり目隠しをされたり、時には野外でセックスする事も。

それでも抵抗しなかったのは私が常に受け身でいたからというのもありますが、そういったアブノーマルなセックスに快感を覚えたからでもありました。

ノーマルなセックスよりも体が敏感になって、いけない事をしている背徳感で興奮度が高まったのです。

彼としたセックスの中で一番アブノーマルだと思ったのはアナルセックスだったでしょうか。
彼は“みんなやってるから”と言ったけれど、そんなわけがないと頭では分かっていました。

それでも抗えなかったのは、彼が教えてくれたセックスはどれも快感だったから。
普通じゃないと分かっているそれも彼が言うならきっと気持ちいいものなのだろうと思ったからです。

この時にはもう私、一般的な価値観よりも快感の方を優先するくらい、性愛に溺れていたのかもしれません。

実際にやってみたアナルセックスは、最初こそ多少痛みを感じたものの、普通じゃないセックスをしているという背徳感も相まってか、しばらく私から彼にお願いする程夢中になった時期もありました。

 

▼続きを読みたい方は以下からどうぞ!▼

激白!ザーメンに塗れた社内奴隷生活の全貌!

引用元:M女ペディア

コメントを書く