【クズ】ヘタレ男子5人でバイト先のかわいい女の子を王様ゲームで陥れた・・・・・

閲覧数: 1,689 PV

※この体験談は約 4 分で読めます。

投稿者:マイケル さん(男性・20代)

先週のバイト先の飲み会の話。
某大手ファストフード店でバイトしてる。
そこに19歳の可愛い子がいる。
おとなしい雰囲気だけど可愛い感じ。

店の中でいちばん可愛いからみんな口には出さないまでも同世代の奴らは「可愛い」とか「彼女にして~」とか思ってたはず。
俺もそうだったがそこそこイケメンのよく来る常連客がいて、その男に持っていかれてがっかり。

おいおいここは女の子のテイクアウトはやってねーぜ、とかアメリカンジョークは言えないほどにショックだったのは俺だけじゃないはず。

割と店員同士の仲はよくて結構一緒に飲みに出かけてた。
で、ガチでその子に惚れてたやつが「客に持っていかれるって悔しくね?」とか言い始めてそういう空気になった。

全員でレイプするって訳じゃないが他の男に持っていかれる前に多少エロいことしたい、そんな感じ。

男同士で計画練ったんだが、「その日シフト入ってない奴で飲み会を計画」→「その子に告白したい奴がいるから参加してる女子にはライン回して早めに帰ってもらう」→「王様ゲームスタート」→「好き勝手にエロいことする」といういかにも童貞が考えたガバガバな計画。

ただ、思いのほか上手く行った。
飲み会にはすんなりその子も参加して、その子以外の女子にライン回すと
「告白がんばってね」「上手くいくといいね」とか好意的な反応示して帰ってくれて。

俺を含めた男子五人とその子だけが残った。
男の中に女の子が一人って居心地悪そうにしてて帰りたがってた。

その子に惚れてる奴が強引に呼び止めて場をつないで
「じゃあ人数も少なくなってきたし王様ゲームでもどう?」

……いや、持っていき方下手すぎだろと思わず突っ込みを入れそうになった。
案の定その子も嫌がってた。

それにかまわずに強引にテーブルの上においてあった割り箸でクジを作る。
その子もいるからあんまりにも酷いのはNGな、と言いつつもそれは建前で男全員がその子を狙ってたのは言うまでもなかった。

ただ断りづらくさせるためだけ。
最初は公平にスタートして、無茶な命令出す時は一度他の男に振ってからその子に振るようにした。

「じゃあ、5番と2番が経験人数を告白」
2番はその子だけど、先に5番の奴に答えさせる。
5番の奴は二人と正直に答えて、次はその子の番だった。

「…………答えなきゃだめ?」
「無理にとは言わないけどさ、ほら、ゲームだし、答えないと冷めるから」
「うん……あの……そういう経験は、まだないかな…………?」

真っ赤な顔して可愛い感じでその子は答えて、「そうなんだ」「以外……」とか冷静に対応しながらも、恐らく全員テンションあがってたと思う。
まだお持ち帰りされた客とはやってないらしい。

安心したと同時にその子がバージンってことでテンションが上がって。
そしてそのあがったテンションがこの後どんどん命令をエロくしていく。

「じゃあ次は2番と3番が一枚脱ぐ」
その子はTシャツとジーンズ、今日はサンダルだったからストッキングとか靴下は履いてない。

もしその子がどっちかの番号だったらブラかパンツどっちか見れることになる。
そして……神様はまじめにバイトしてきた俺達を見捨ててなかった!

3番がその子だった。
「あの……下、何も着てないから……」
「パンツも? ブラも?」
「それは……つけてるけど……」
「じゃあ大丈夫だろ。ほら、ゲームだし命令拒否すると場がしらけるから」

集まる男の視線に彼女は困ってて泣きそうで(それがまた可愛かった)。
多分、Tシャツを一生懸命伸ばせばパンツも隠れると思ったんだろう。

男5人の目の前でジーンズ脱ぎ始めた。
もちろん全員むちゃくちゃ見た。
エロかった。

その子の雰囲気に合う白の清楚なパンツによく見るとマン毛が透けてる。
全員それに気付いて、彼女のパンツしか見てなかった。

一生懸命Tシャツの裾を延ばしてパンツを隠そうとするその子はマジで可愛いエロい。
そこからさらに場がエスカレートして、
「3番と6番が一枚ずつ脱ぐ」
6番が彼女だった。

「もうこれ以上無理だよ……だめ……お願い……」
泣きそうになりながら全員にお願いする彼女は可愛かった。
が、彼女にマジ惚れしてる奴は、

「そういうの冷めるからさ、脱がせるからな」
そう言って強引に彼女のTシャツまで脱がせた。
俺達の前でブラパンツ姿になるその子。

顔真っ赤。もうすぐ泣きそう。
だがピンクベージュのブラとパンツがエロい。
スレンダー体型だけど肌が白くてすべすべでさわりごこちよさそう。

ぎゅーっと抱きしめたい。
恐らく全員勃起してたんじゃないかなと思う。
ただ、一人の奴が興奮しながらもビビッて、「そ、そろそろラストにすっか……」みたいなことを言い出した。

かなりムカついたが、これ以上やると後戻りできなさそうになるからそのあたりが限界だったのかも。
そしてラストはマジ惚れしてる奴が王様になった。

良かったなとかのんきなこと思ってた。
そこまでゲームが続くと箸の特徴である程度の番号がわかって、彼女の箸の番号が5番ってことも大体全員わかってたと思う。

そしてブラパンツ姿の彼女への最後の命令が、
「5番は全員の太ももの上に順番に座って、十秒間抱きつくこと」だった。

これがまたエロかった。
太ももの上に座るからパンツ越しに彼女のやわらかい部分の感触がわかる。
しかも可愛い顔とか白い肌とか目の前。

普段バイトで「可愛いな」と思ってる子のマンコの感触感じながら、涙目のその子がおっぱい押し付けるようにぎゅーっと抱きついてきてくれる。

童貞じゃなかったが、なんだかんだその経験がいちばん今まで人生で生きてきた中でエロく感じた。
スレンダーだからブラは浮き気味だから覗き込めば乳首も見えたと思う。

だがそういうこと考えられないくらい下着姿で涙目でのぎゅーは破壊力抜群だった。
興奮して冷静さを失った俺は乳首見れなかったけど、何人かはその子の乳首見たらしい。
レーズンみたいな乳首だったそうだw

その後は俺達もその子もバイト続けてる。
その夜のことはそこに居た奴らで共有して他の奴には話してない。
ただ、王様ゲームって上手く持っていけたらかなりエロいゲームだと思う。
相手が泣いたり拒否したりでゲームが成立するかしないかのギリギリのラインを読めればだけど。

 

コメントを書く