ブラパンで深夜の学校に侵入した露出狂教師の末路・・・・・

閲覧数: 1,250 PV

※この体験談は約 3 分で読めます。

投稿者:露出マニア さん(20代)

ちょっと前まで高校教師をやっていた者(現在29歳)です。
私は昔から人に見られるのが好きで、教師になったのもそれが大きな理由だったりします。

当時の私は若いこともあり生徒からそれなりに人気だったみたいで、たまに告白されたりもしてたんですよ?
さすがに手は出しませんでしたけど。

そんな私の隠された顔は露出狂。
ムラムラすると下着姿で深夜の公園を徘徊して欲求不満を解消しているんです。
もちろん人がいない場所を狙ってですけどね。

ある日の放課後、校内を見回りしていた私は思いがけない現場に遭遇してしまいました。
理科室の隅で男女の生徒がセックスしていたんです。
それはもう見てるこっちが恥ずかしくなるほどのアツアツっぷりで…

私はこういうのを止めるタイプの教師でもなかったので、若いっていいなぁ…なんて思いながら気付かれないようにその場を去りました。

その日の夜、放課後の一件が頭から離れなくてムラムラしていた私は、久しぶりに下着姿で外に出て発散しようと考えました。

この日選んだ下着は黒のブラジャーにお揃いのショーツ。
ちょっと思い切ってストッキングにガーターベルトも付けてみたり。
自宅を出て辺りに人がいないことを確認した私は近所の公園へと向かいました。

公園に着いて辺りを見渡すと、チラホラ人影がありました。
人影をよく見てみるとどこもかしこも若い男女がイチャイチャと…
これでは園内を歩けません。
困っていた私はふと、この公園から自分の高校が比較的近い場所にあることを思い出しました。

さすがに校舎へ侵入するつもりはありませんでしたが、校庭を散歩するぐらいなら別にいいかななんて思ってしまったんです。

深夜の校庭は昼の騒がしさが嘘のように静まり返っていました。
聞こえてくるのは風の音と虫の鳴き声だけ…
これにテンションが上がった私はしばらく校庭を歩き回りました。

途中、例の理科室の窓を見かけた私は放課後の一軒を思い出します。
あのあと生徒達は最後までヤっちゃったのかなぁ…
避妊はちゃんとしてたのかなぁ…
そんなことを考えていたらムラムラは最高潮に。

いてもたってもいられなくなった私は、なんと校庭のど真ん中でオナニーを始めてしまったんです。
野外でオナニーするのは初めてだったのですが、これがまた開放感があって本当に気持ちいいんです。

あとちょっとでイク!と思ったその時、突然懐中電灯の光を当てられ背後から声をかけられました。
「おいっ! そこのキミ! ここで何してるんだ!」
見ると私のすぐそばに警備員らしき男性が立っているではありませんか!

やばいと思った私はその場から全力ダッシュで逃走。
素性がバレたらまず一発免職でしょう。
幸い私は学生時代に陸上をやっていたので足の速さには自信がありました。
私はあっという間に警備員らしき人をまいて自宅へと逃げ帰ったのでした。

息を切らして汗をぬぐいながら、ふと自分の股間に目をやる私。
そこには…
いまだかつてないほどビンビンに勃起した自分のペニスがありました。

オナニーを他人に見られてしまったことで興奮がMAXになってしまったんです。
その後数回射精してみましたがペニスの勃起は中々収まりませんでした…

こうして、私の趣味は「下着姿での深夜徘徊」から「他人にオナニーを見られること」に変わってしまったのでした…

コメントを書く