【レズ】弟の美人元カノとバッタリ再会→家に誘われた結果・・・・・

閲覧数: 1,670 PV

※この体験談は約 3 分で読めます。

投稿者:桜子 さん(女性・20代)

休日は雑誌とかで紹介されているお店にランチにいくのが楽しみ♪

その日も、つい最近雑誌で取り上げられたばかりの新しいお店にランチにいって、しばらく並んだものの、とってもおいしいお昼ご飯を食べることができて大満足。

食べたから少しカロリー消費のために歩こうと思って、駅までの道をゆっくり歩いていたら、前から見たことのある女の人が歩いてきた。

「あれ……もしかして、○○くんのお姉さんじゃないですか?」
「やっぱり! Fちゃんだよね? 久しぶりだね~」
弟が大学時代に付き合っていた子で、なかなかの美人さん。

私は雑誌でいうとCanCan系だよねって言われることが多いけど、Fちゃんはなんていうか、雑誌に載ってる人だよね? って言いたくなるくらい雰囲気のある子。
長いストレートヘアと、エキゾチックな目がかっこよくて、男性よりも女の子にもてそうな感じだったから、当時は「どうして弟なんかを選んだんだろう」ってすごく疑問だった。

「お時間あったら、うちでお茶しませんか? さっきおいしいケーキ買ったところで」
「いいの? 時間なら、今日は一日空いてるんだけど」
「じゃあ、ぜひ」
ってことで、Fちゃんのおうちにおじゃますることになった。

Fちゃんは部屋に着くと隣の部屋(たぶん寝室かな?)で部屋着に着替えて戻ってきたんだけど、スレンダーな長身に、胸元がざっくり空いたカシュクールワンピがものすごく似合っている。
しかも、細いのに大きな胸は、血管の色が透けるくらいに色白。

お茶を入れてもらって、ケーキも食べながら、
「Fちゃんって、男子も女子も、どっちでもモテそうだよね」
って言ったら、
「実際、私レズよりのバイなので」
って、爆弾発言www

え、でも弟と付き合ってたよねって聞いたら、
「ほんとのこといっちゃうと……まぁ、お姉さんに興味があって、あの人の弟ってどんな人なんだろうってことで付き合ってたんですけどね。でもやっぱ、そんな不純な感情で付き合ったらダメですね、○○くんにも失礼だったと思います」

「いやいや、あの子が人生に一度でもFちゃんみたいな美人と付き合えたってことが奇跡だし。気にしてないと思うよー?」

へらっと笑ってみせたら、Fちゃんはほっとしたように笑って、それからなぜか隣に座ってきて。
腰に手を回してぐって引き寄せてきて……。

「お姉さん、やっぱり優しいですね。見た目もかわいいし、性格もいいとか……やっぱり、付き合ってる人とか、いるんですか?」
「え? 今はいないよ?」
「そうなんですか? 私、ついてますね!」

急にうれしそうな顔したと思ったら、いきなりキスしてきて。
目の前に長いまつ毛が見えて、男子のそれよりももっと柔らかい唇の感触にびっくりしていたら、口の中に舌が入ってきて……。

女の子同士なのに、いけないのに……って思うことさえ忘れちゃうくらい気持ちよくて、気づいたら、Fちゃんに抱きしめられてぼーっとしちゃってた。

「お姉さん、かわいい……ね、付き合ってくれなくてもいいから、その……女同士の、あれ、しませんか?」
「え……?」

ぼーっとしていたら、ワンピースの裾をめくってFちゃんの細い指が下着のクロッチ越しに的確に愛撫してきて。
あっという間にいかされて。

「下着、濡らしちゃいましたね……新しい下着あるんで、履いて帰ってください。このままじゃ気持ち悪いでしょ?」
って、下着の端に指をひっかけてずらされて……そしたら、あそこから糸引いてて。

恥ずかしくって顔から火が出そうだったけど、Fちゃんはそれを見てにっこりして。

「今度は、ちゃんといろいろ用意しておくんで、お泊りにきてくださいよ。この下着はそのときに返します」
「え、いや、持って帰るよ! 洗濯しなきゃだし!」
ってブンブン首振ったんだけど、
「洗濯する前に、ちょっといろいろしたいので……」
って照れくさそうに言われてしまって。

いったい何をするんだろう、なんて聞けるわけもなくて、そのあとはぎくしゃくしたまま帰りました。

思い出すだけでもどきどきしてやばい……しかも用意するって、なんのこと??
女の子同士のエッチはまだ未体験だけど、すっごく興味がある。もしかして、私もレズっ気あったのかな?

次にFちゃんの家に行くのが楽しみですw

コメントを書く