嫁に釣りをさせたら男性陣の竿を立ててしまった話・・・・・

閲覧数: 1,793 PV

※この体験談は約 2 分で読めます。

投稿者:釣り迷人 さん(男性・30代)

俺:30歳会社員。二児の父。
嫁:28歳パート主婦。ちょっと天然気味。

昨年の盆休み、俺たち一家は魚釣りをしに港へと出かけました。
うちの子供は釣りなんて初体験なもんだからテンション上がりっぱなし。
嫁も子供たちにつられて楽しそうにはしゃいでました。

俺もここ最近は父親らしいとこを見せてなかったので大張り切り。
わざわざ家族全員分の釣り竿を用意して、準備万全の態勢で釣りに望みました。

この日はとても良い天気で、港は家族連れや地元の釣り人たちで賑わっていました。
俺はなんとか空いてる場所を探し出して確保すると、さっそく釣り竿の仕掛けの準備に入りました。

かっこいいところを見せるチャンスだったのですが、悲しいことに嫁と子供たちは俺に目もくれずその辺で楽しそうに遊んでいました…

なんとか準備が終わると、俺は嫁と子供たちを呼んで各自に釣り竿を渡します。
で、それからみんなで一列に並んで釣り糸を海に垂らしました。

それから数分も経たないうち、俺の竿がぐいぐいと引っ張られました。
リールを巻いてみると針には数匹の小魚が!

「お父さんすっごーい!」
子供たちからは尊敬の眼差し。
思わずドヤ顔になる俺。

それからしばらくすると子供たちの竿にも何匹かヒット。
俺たちは釣った魚を次々とクーラーボックスに入れていきます。

しかし、何故か嫁の竿だけは一向に揺れる気配がありませんでした。
「なんで私だけ釣れないのよ~!」
自分だけ流れに乗れず少し焦り出す嫁。

「場所が悪いんじゃないか? 竿をもうちょい遠くに投げてみたら?」
俺がそうアドバイスすると嫁は「よし!」と言って立ち上がり、その場で大きく竿を振りかぶりました。

「オリャーーーーーーーーーーー!!」
けたたましい叫び声と共に海へ向かって竿を振る嫁。

しかし、ここで予想外の出来事が起こります。
なんと釣り針が嫁のスカートの裾に引っかってしまい、ギャグ漫画みたいに思いっきりめくれてしまったんです。

「嫌ーーーーー!! 取って!! 早くこれ取って!!」

事態に気付いた嫁が騒ぎますが、このせいで余計に周囲の視線を集めることになってしまいました。
釣り針は思っていたよりも深く食い込んでいて、それを外すまでの数分間、嫁は大衆にピンクのちょっと派手目なパンツを晒し続けるハメになりました。

その後嫁は恥ずかしかったのか釣りをやめて一人で車に戻ってしまいました。
ちなみにこれを見たの男性陣の「竿」が立っていたのは言うまでもありません…

 

コメントを書く