【痴漢】近所のコンビニで働く内気でかわいい女子大生を電車で見かけて・・・・・

閲覧数: 1,897 PV

※この体験談は約 3 分で読めます。

時々行くコンビニに、大人しくて可愛くて、いかにも人見知り、男と話すの苦手です、みたいな感じの子がいる。

そのコンビニ、結構店員同士で話したりする光景見かけるけど、その子は話しかけられても、困った笑顔浮かべてることが多いっぽかった。

なんというか、人見知りとか、話し下手なところも正直好みどストライクで、その子目当てで買い物行ったり、会計の時にわざと手が触れるようにしたりして。

その時も恥ずかしそうにするだけだから、なんというか、「いじめたくなるオーラ」出まくってて、それも好みでやばかった。

ある日、通勤中にその子見かけた。
大学に行く途中だと思う。

可愛いなって思ってる子の私服姿だから、若干興奮して、その子のすぐ後ろから乗車する。
だけど、向こうもたまに来る客ってことで、俺のことに気付いたっぽい反応見せた。

このまま何も話さなかったらストーカーっぽいな、と思って、声掛けることにした。

「こんにちは、○○のコンビニの子だよね?」
「あ、はい、あの……いつもありがとうございます……」

かなりか細い声で、いきなり話しかけられて困ってる感じの反応。
だけど可愛くて、いじめたくなる、セクハラしたくなる感じ。

で、そのまま一緒に電車に乗る形になって。
電車の中はほぼ満員で、その子に密着するような感じになって、俺の太ももあたりに、その子のお尻が、電車が揺れるたびに当たる。

結構弾力性があって、大きくて……密着してるし、いい匂いだしで、勃起してきた。
ちなみに、その子は俺の身体にお尻が当たってることに気付いてて、真っ赤な顔して、俯いてた。

その反応に、かなり興奮して、そのままスカートの上から、お尻をさわる。
女の子は、びっくりしたような反応したけど、抵抗しない。

それをいいことに、その子に密着して、スカートの上からさわりまくった。

「ごめんね、電車、人多いから、かなり当たってて」

これ以上やったら、さすがにまずいと思って、そう言うと、
「いえ………大丈夫、です……」

涙目になりながら、これ以上はお尻さわられないようになのか、こっちに向き直った。

目の前には、やばいくらいにいじめて欲しいオーラを出した可愛いコンビニ店員の女の子が、涙目になって密着してる。

本気で満員で、その子は次はおっぱい押し付けるような体勢になって、ブラのワイヤーの感触、その下のおっぱいの感触が、俺に密着する。

さっきの体勢より、さらにやばい体勢。
女の子のほうもかなり恥ずかしがって、耳も首筋も真っ赤。

いじめてください、エロいことしてくださいって言わんばかりだったから、そのままスカートの中に手、入れてアソコさわったら、もうくちゅくちゅになって濡れてた。

その子は、アソコ押し込んでも、抵抗せずに、ただ恥ずかしがってるだけ。

もうこうなったらやることひとつで、パンツの中に指、潜り込ませて、アソコに大胆に触れる。

「ひんっ……ぁっ……ううううっ……んんんっ……」
みたいな反応。

下半身も見えないくらい、電車の中は満員だったから、女の子が叫ばない限り、周囲の客には気付かれない。
抵抗もしないし、アソコはどんどん濡れまくる。

まるでエロ漫画みたいなシチュエーションに夢中になった。

だけど、「あの……ごめんなさい……私、降りる駅、ここです……」
涙目になりながら、ある駅に近付いたとき、そう主張する。

もっと弄りまくってやりたかったけど、さすがにこれ以上はやばいな、というかもう既にやばいことやったんだけど。

一応、聞いてみる。
「ごめんね、変なことして。嫌だった?」

――こくん。
女の子が首を縦に振った。

さすがに嫌だったかぁ、とか、幾分残念に思いながら、その子は降りていった。

結構小心者なんで、思い返すとマジでやばかったかな、とか、現行犯じゃないから大丈夫だよな、とか思いつつ、それから一週間くらいは、いろいろ用事が重なって、コンビニに行けなかったけど、一週間後くらいにコンビニに行ってみた。

……いない。
変態っぽいけど、どうしても顔見たくなって何度か通ったけど、その子はいなかった。

通学途中のその子、見かけることも何度かあったけど、近付こうとすると露骨に避けられるので、さすがにこれ以上は本気でやばいな、と思って、それっきりだった。

コメントを書く