【ショック】帰ったら女子大生の姉が父ちゃんとやってた・・・・・

閲覧数: 2,633 PV

※この体験談は約 2 分で読めます。

近親相姦なんて、エロゲだけの話だと思っていた。

俺は高校2年生で、大学3年の姉がいる。
俺の見た目は、まあ普通以下だけど、姉はわりと可愛いのが、ちょっとした自慢かもしれない。

小さい頃から、家族は比較的仲が良いが、近親相姦なんて、わが家には無縁の言葉だと思っていた。

これは2週間くらい前の話で、いつもは部活があるんだけど、その日はテスト週間で部活がなく、普段より早く、帰宅することになった。

母はパートでいないはずだが、父は会社が休みの日で、姉も確か、この日は大学が全休だったはず。

普通に家に帰宅して、鍵を開けて、玄関に立つと、
「あ、ああん」
なんてエロい声が聞こえたから、リビングで父ちゃんがエロビデオでも見ているのか?なんて思った。

こっそり音を立てず、リビングをドア越しにのぞいてみると、ソファの上で父ちゃんに組み敷かれている姉ちゃんの姿。

「え??」
俺、固まった。
こんなこと、ある?

 

現実世界の話だって、最初は理解できなかったんだけど、つい二人の姿を凝視してしまう。
正常位で激しくピストン運動をする父。

父が姉の胸を揉みしだくと、その動きに合わせて、姉ちゃんが喘いでいる。
そのまま見ていると、体位が変わって、バックになる。

姉ちゃんの少し小さめな胸が揺れていて、かなりエロい。
父ちゃん、もう歳なのに、まだまだ現役なんだな・・・
なんて、頭の片隅で思う。

ただ、やはり体力はないのか、途中から騎乗位になって、姉ちゃんが動く形になる。
騎乗位がすごく感じるのか、姉ちゃんの喘ぎ声がどんどん大きくなる。

姉ちゃんってこんなにエロかったんだ・・・
てか、姉ちゃん、彼氏がいるはずなのに、何で父ちゃんと・・・
疑問も浮かぶ。

15分くらい、そんな感じで二人がセックスしている姿をドア越しに見ていたんだけど、父ちゃんは歳のせいもあるのか、イクことなく、終了した。

父のコンドームを外してあげる姉。
ティッシュペーパーを取りに、こっちに近づいてきそうだったから、見つかったら、気まずいと思い、急いで階段を上がって、自分の部屋に行く俺。

さっきの二人の姿に相当ショックを受けながらも、二人が交わってる姿が頭から離れず、気が付けばシコシコしてた・・・orz

一体どうやって父は姉ちゃんとセックスできるようになったんだろうか?
何回くらい二人はヤッっているんだろう?
とか真剣に考えてた。

近親相姦なんてなかなか見られるものじゃないから、それからもこのネタをおかずに何回かオナってしまいました。

コメントを書く