非モテの僕が出会い系サイトで近場の美人女性と会えてセックスした話・・・・・

閲覧数: 1,282 PV

※この体験談は約 4 分で読めます。

私は出会い系サイトで31歳の近場の女性と出会いエロ体験談を経験しました。
サイトは長年やっていますが、すごく自宅から近いからお互い知り合いを何人か知っていました。

この女性はエロ話を最初はしていなかったですが、サイト内でコメントしていくとエロい話ができるようになっていきました。
それではエッチな話をしていきますね。

サイトで近場の女性を探していたら、31歳成美ちゃんからコメントがきました。
是非仲良くなりましょうと。

私は最初、サクラだと思って慎重になりコメントしていましたが、私の自宅周辺のことをよく理解していたので信用するようになりLINE交換をしました。

成美ちゃんとLINE交換してから、敬語を使うのをやめてフランクで話すようになりました。
ご飯を食べにいった時に、初めて容姿をみることができました。

私は出会い系サイトだから、「どうせブスがくるだろう」と思っていましたが、可愛い子がきたのですごく嬉しかったです。
眼鏡をお洒落でかけていて、目が大きくて今どきのアイドル風な感じです。

可愛いからご飯の時は緊張しながら会話をしていました。
この時はフェラされることや、クンニしてクリトリスを触ることができるなんて思ってもいませんでした。

お互い仕事が不定期でなかなか、また会う機会がなくて1か月後にまたご飯に行きました。
LINEは頻繁にやっていたので、久しぶりという感覚はなかったです。

2回目のご飯後もエッチはなくて3回目でエッチしようと決めていました。
少し遠くにドライブした後にラブホテルに誘おうと思っていました。
LINEの中でラブラブなコメントもきていたので、「これはエッチができる」と思いながらLINEをしていました。

3回目のデートでドライブ中に「イチャイチャしたい」と私から言ったら「いいよ」と言ってくれたので、すごく嬉しくて心臓が破裂しそうなぐらいドキドキしました。

可愛い子とエッチができるのは中々ないので(風俗では指名してエッチはできますが)。
ラブホテルに向かっている途中に緊張で手が震えていました。

成美ちゃんの方はあまり緊張していなかったので「緊張しないの?」と聞いたら「緊張しているよ」と答えました。

ラブホテルに到着してから、成美ちゃんがエッチしたくなくなると困るので、すぐに私からシャワーを浴びにいきました。

もうおちんちんはかなりビンビンで、石鹸を陰部につけてシコシコして気持ちよくなっていました。
早めにシャワーを浴びて出て、成美ちゃんにシャワーを浴びるように言いました。

成美ちゃんがシャワーを浴びている間に私は、どうやってエッチをしようと考えながら、アダルト動画を観て興奮していました。

ベッドの布団の中に入っていたら、成美ちゃんがお風呂場から出てきて、布団に入ってきました。
私はすぐに成美ちゃんにキスをしました。
可愛い顔をしているので、私は目を開けながらキスをしました。

成美ちゃんは目を閉じていましたが。成美ちゃんに軽くキスをしてから、耳と首筋をキスして、また唇にキスをしました。
濃厚なキスをしたかったので、舌を出して成美ちゃんにも舌を出してもらうようにしたら、舌を出してくれて濃厚なキスができました。

成美ちゃんは下着の上にバスタオルを巻いていたので、バスタオルをとってあげて、ブラジャーを外しました。
胸は小さいですが、可愛い小さな乳首が見えて、乳首を吸いながら、おっぱいを触ってあげました。

おっぱいを触ってあげている時に成美ちゃんをみたら、目を閉じながら感じていました。
たくさんおっぱいを触った後に、下着の中に手を入れました。

クリトリスを触ってから割れ目の方を触ってみたら濡れていました。
下着をおろして、クンニしてあげました。
成美ちゃんのおまんこは綺麗で、下の毛は脱毛していたから、綺麗なおまんこを見ることができました。

私は、パイパンが好きなので、綺麗におまんこを舐めてあげて手マンをしたら「グチュグチュ」と音が鳴ってきたので、少し激しく手マンをしました。

成美ちゃんは「いい」と気持ちよくなっていたので、嬉しくてマン汁を舌で丁寧に舐めて飲んであげました。
私も気持ちよくなりたいのでフェラをお願いしたら、快くフェラしてくれました。

私は可愛い子にフェラされると考えるだけで、我慢汁が出てしまいます。
成美ちゃんのフェラは、まずは裏筋を綺麗に舐めてから亀頭部を舌で舐めてから、おちんちんを咥えてくれました。

ゆっくりと口を動かしてフェラしてくれて気持ちよくなってきて、手こきをしながらフェラもお願いしたら、やってくれました。
フェラと手こきでいきそうになってしまったので、途中でフェラを止めて、私がまたクンニしてあげました。

結構長くクンニしてから「入れたいけど、大丈夫?」と聞いたら「いいよ」と答えてくれたので、すごく嬉しくなり、もうおちんちんはかなり大きくなっていました。

コンドームをつけてから正常位で挿入しました。
入った時におまんこの中があたたかくて、締め付け感もよく、私はキスをしながら徐々に腰を動かしていきました。

正常位からバックに体位をかえて、成美ちゃんの足を開かせてお尻を突き出してバックから挿入して、腰を正常位同様に徐々に動かしていき、激しく突いてあげました。

成美ちゃんは「気持ちいい」と感じてくれていたので、私も気持ちよくなってしまい、頭の中が真っ白になり、気持ちよくなって精子を出してしまいました。

コンドームを外して精子を見たらたくさん精子が出ていました。
本当はお掃除フェラをして欲しいのですが、最初のエッチだからお掃除フェラをお願いしないで、自分でおちんちんをティッシュで拭きました。

また別々でシャワーを浴びてからラブホテルを出て別れました。
別れた後に成美ちゃんから「今日はありがとう」とコメントがきたので、「自分も楽しかったよ。また会おう」とコメントを返したら「いいよ」とまた返信がきて、ご飯にいくことに成功しました。

今度また会うのですが、またエッチをしたいと考えています。
顔が可愛い子とエッチできることは中々なくて、家も近いので、たまに成美ちゃんの自宅の前を車で通ってしまいます。

私のエッチな体験談を書いていきました。
出会い系サイトはたまに可愛い子や綺麗な子がいる時があるので、粘り強くやって交渉するといいことがありますよ。
私みたいないい体験談が。

コメントを書く