【昏睡レイプ】飲み会帰りに毎回紳士に送り届けてた新人女子社員をついに・・・・・

閲覧数: 3,158 PV

※この体験談は約 7 分で読めます。

会社に短大を卒業したばかりのKが配属されました。
Kはポニーテールで化粧にも慣れておらず、見ているだけで緊張が伝わってきます。
顔はカワイイ系で今で言う白石美帆似、ほんわかしたお嬢様といった感じです。
一目見て驚いたのは、脚がきれいだったことです。

紺のスーツのスカートから覗く膝から足首に掛けて、これまで見たことが無いほど形が良くスラリと伸びていました。
脚フェチの自分としては、眺めているだけで幸せでした。

会社の飲み仲間で早速Kの歓迎会が行われました。
Kは見かけによらず酒が強く、最初はビールで乾杯、そのうちワインに変わっても勧められるままにドンドン飲みます。

飲むうちにキャピキャピとなりますが、乱れる事はありません。
仕事中のほんわかムードとは違い、活発なお嬢様に変身といった感じです。

歓迎会が終わり、オレがタクシーでKを送って行く事になりました。
Kのアパートが偶然近かったのです。
車の中でKはご機嫌で、「心配してたけどいい人ばかりでよかった」とか、他愛の無い事をずっと喋りっぱなしです。

二 人で後部座席に座ったので、自分の直ぐ横でKの綺麗な脚がクネクネ動いてます。
内心では「いい脚ダナ」と思っていましたが、これから毎日会社で顔を合わさ なければならないこともあり、「持ち帰り」なんて考えもつかず、先にKを下ろしアパートの部屋へ入るのを見届けてから、何事もなく自宅へ帰りました。

Kは少しずつ仕事に慣れ、仲間にかわいがられ、皆のマスコット的存在になっていきました。
何度かKも一緒の飲み会があり、そのたびにオレは紳士的にKを送り届ける役をキッチリこなしていました。

そんなある日の飲み会で・・その日Kはいつにもましてハイペースで飲んでいます。
二次会のカラオケから出て、いつもの通りKと二人でタクシーに乗り込むとKはすぐに眠ってしまいました。

Kがタクシーの中で寝るのは初めてのことです。Kのアパートの前に着いたので起こすと、Kは「・・☆※◎・・」と意味不明な事を言って、タクシーから下り、ドアの前までフラフラと歩きそこで座り込んでしまいました。

オレも慌ててタクシーから下り、Kの様子を見に行くと、完全にペタンと座ったまま眠っています。「とりあえずKを部屋に押し込んで、自分の家までは歩いても15分くらいだしタクシーを待たせるのも悪い」と思い、タクシーを帰しました。

その時の自分はまだカンペキに「良い先輩モード」だったのです。
バッグから鍵を探し、Kを後から抱えおこして自分の肩につかませます。

Kは168cmの自分と同じくらい上背があります。
体中の力が抜けぐったりしているKを抱きかかえる事があんなに大変な事とは思ってもいませんでした。

Kの胸が自分の腕や背中に当りますが、楽しんでいる余裕はまったくありません。
その体勢で何とかドアの鍵を開け、ひきずる様に部屋に入り灯りをつけます。

初めて入ったKの部屋は8畳位のワンルームに台所がついてる小さな部屋でした。
片隅にベッドがあります。オレはやっとのことでKを居間に寝かせ、というより倒れこませ、服を着たままの状態でベッドの毛布を掛け、そのまま鍵を掛けて帰ろうと思いました。

「鍵は郵便受けから中に入れておけばいいや・・」と思い靴をはいていたその時、「うーーーん」とKのうなり声が聞こえてきました。

毛布の中でモゾモゾしながら「熱い」とか「苦しい」とか「水」とか言ってます。
しょうがないなぁと思いながら台所で水を汲み、コップをKに持っていきます。

Kは毛布を跳ね除け、ガバと起き上がりコップを受け取り水を飲み、焦点の合わないぼんやりとした目で自分を見ると「・・・スミマセン・・」といってすぐにその場に倒れこむように眠ってしまいました。

オレは急に心臓がバフバフしてきました。
なぜならKは無意識のうちに自分でスカートを脱ぎ、ブラウスのボタンを外していたのです。

そこに横たわるKは、上半身胸をはだけ下半身はストッキング越しにパンティを見せつける無防備な姿だったのです。

スイッチが入るのがわかりました。
「変態モード」突入です。
玄関の鍵を掛けると、オレはKの寝息を確かめ完全に眠っている事を確信します。

それからストッキングの上からゆっくりKの脚を撫で始めました。
いつもはスカートの奥に包まれている太ももが露になっています。
適度に肉付きがよくほどよくムッチリしていて、まるで吉岡美穂の脚が目の前に有るようです。

フクラハギの裏からゆっくり指を這わせ、裏腿から足の付け根の内側をなぞり、それを何度も繰り返します。
Kは寝息をたてて眠っています。
その内にオレはどうしても生脚を摩り、そしてベロベロとなめまわしたい衝動にとらわれました。

ストッキングを脱がしにかかりましたが、うまくいきません。
お尻を持ち上げなければどうしても引っ掛かってしまいます。
自分はベッドから枕を持ってきて、腰の下に入れようとしました。

それも上手く行きません。もしも無理に腰を持ち上げ、起こしてしまい騒がれでもしたら、婦女暴行未遂=タイーホの道が待っています。Kの枕を抱きかかえながら思案していたその時、Kが寝返りをうったのです。

すかさず持っていた枕を、うつぶせになったKのオヘソの下に滑り込ませました。Kは相変わらず眠っています。これで万事OK。慎重にストッキングを脱がせる事に成功しました。

目の前の生脚の付け根には、小さなパンティに包まれたうつぶせの尻が丸く盛り上がっています。
オレはハァハァしながら尻から内ももを撫で回し、それから指を移動し膝裏からフクラハギまで指を動かします。

手のひら全体でマッサージする様にKの生脚をひとしきり撫で回した後、いよいよベロベロ開始です。
まずフクラハギに舌を這わせました。

裏腿から尻に向かって舐め続けます。Kが「うぅん」と声を出しました。
目を閉じたままですが、さっきの苦しそうな声とは明らかに違っています。

「変態モード確変」に突入です。
「ぁん・ぁん」と喘ぐ声を聞きながらKの生脚を舐めまくりました。

そしてKを仰向けにしようと腰を持ち上げようとした時、Kは目を閉じたまま自分からクルリと回り、仰向けになりました。心の中でガッツポーズです。
もうとまりません。

Kの上半身を裸にします。小ぶりだけど丸くて形の良い胸が現れます。
左脚を抱えあげ、片M字の体制にし、舌で胸を、指でパンティ越しにKの大事な部分を攻め続けます。

パンティ1枚のあられもない姿のKは、「あぁんぁん」と声をあげ始めます。
時間を掛けて体中を嘗め回すと、Kの感度は超良好・・更に声をあげ体をよじり悶えています。

オレもカチコチとなり準備万端トツニューーーとKのパンティに手を掛けます。
Kは「・・待って・・ぁん・・そこは・・ぅん・・ダメ」と言って、必死になってオレの手を押さえ抵抗します。恥ずかしがっているのかな・・・

オレは一端Kから体を離し、もう一度パンティの上からKの大事なところを攻め始めました。
押しては引いて、触れるか触れないかギリギリのところでゆっくり息を吹き掛け、焦らしながら攻め続けます。
ジュァンと音が聞こえるくらいKのパンティにシミが広がります。

もうKのガマンも限界です。
「・・ぁ、灯り・・・ぅん・・ケシテクダサイ」消え入る様な小声で囁きました。

そして真っ暗な部屋の中で一気にぶち込みました。
Kの中はきつく、粗末なオレのチンコが生暖かく包み込まれています。
正常位で腰を動かすとその度にトントンと先っちょが奥にあたります。

奥に当たるたび、カリの部分が締め付けられます。
それが段々きつくなってくるのです・・トントントントン・・キュ・キュッ・ギュ・ギュッという具合です。

こんな感覚は初めてで、オレはすぐにいきそうになり、一度抜こうとしました。
しかしKが許してくれません。
綺麗な脚でオレの腰を締め付け「・・モット・・ヤメナイデ・・」とささやきます。

その太ももがまたエロく、オレは抜くのを止めて興奮しながらスピードを緩めゆっくり腰を動かします。
今度はギュゥンといった感じでカリが締め付けられます。

Kは腰の動きに合わせ「あぁん・・うぅん・・」と声を出しています。
一回腰を動かすごとに、チンコが奥へ奥へと吸い込まれて行くようです。
もう我慢の限界でした。

抜こうと思ったその時「・・・イ・・イク・・・」Kの体から力が抜けました。
その瞬間Kの中が波うち、カリが上下左右から押しつぶされるような快感に襲われ、オレはKの中にぶちまけていました。

ぶちまけるというよりも、二回三回と締め付けられ、絞り尽くされたような感覚です。
体を離しグッタリしている綺麗なKの体を見ているうち、無性にいとおしくなりました。

「中出し・・やっちゃった」と思いましたが、この瞬間生まれたかもしれない新たな命を想像し、オレはすべて引受ける決心をしました。
「Kとなら出来ちゃった結婚もいいかも・・」

Kを抱き寄せキスをしようと顔を近づけます。
Kは顔を横に向けます。
舐め回した後のキスだからちょっとひいているのかなあ、などとノンキな事を考えていると「キスは彼氏以外とはしません」
Kがいいました。

これはKなりのけじめに違いない、そう解釈したオレは「わかった。今からオレがKの彼氏だよ」と言ってもう一度キスしようとすると
「・・違うんです・・いるんです・・カレ・・」
「ヘ????◎◆??!!」
高いビルの屋上から突き落とされた気分でした。

冷静に考えると白石美帆似のかわいい美脚娘がフリーであるはずがなかったのです。
「でもこんなに感じたのは初めてデス。キス以外は何でもOKです。今日は中でも安全だし・・」と言うとKは小さくなっていたオレのチンコをパクリとくわえました。

それから二人で一緒にシャワーを浴びました。
狭い風呂場のバスタブにKを座らせ、対面座位で2回戦開始です。

どんな格好でやっても、Kのあそこは魔法の様にオレのチンコを締め付けてきます。
少し前にいってばかりなのに、あっというまにKの奥深くに搾り取られてしまいました。

KはKでオレのチンコガ奥に当たるのがえらく感じるようで、面白いようにいってしまいます。
その後は、さすがにチンコもすぐには元気になりません。

シャワーを浴びてきれいになったKの体を、オレは隅から隅まで舐めまくりました。
Kはオレの舌技にはまってしまい、耳の穴からアナル、足の指の間まで舐められよがりまくりました。

そして最後に舌でクリに少し触れるだけでKはいってしまうのです。
しまいにはさんざん舐めた後に、クリに息を吹き掛けただけでKはいってしまいました。

恐ろしい程の感度です。
結局その日は一睡もせず、もう一度中に絞り出しました。
次の日まったく仕事にならなかったのは言うまでもありません。

コメントを書く