【逆レイプ】中学時代に女バスケ部の先輩二人に童貞を奪われました・・・・・

閲覧数: 2,286 PV

※この体験談は約 3 分で読めます。

投稿者:そーた(仮)さん(男性・10代)

あれは中学生1年生の時の話です。
僕は入学してバスケ部に入りました。
バスケ部の練習では男子と女子が同じ体育館で練習をしています。

ある日、練習をしていると女バスの方からとても視線を感じました。
視線の先には僕がレイアップした時に見えるお腹でした。
僕は気にせずに部活を続けました。

練習が終わり道具などを片付けていて着替えるのが遅くなり、1人で部室にいました。
そしたら部室のドアが勢いよく開きました。
そこには女バスのA先輩とB先輩が立っていました。

僕は「どうかしましたか?」と尋ねると「今空いてる?」と言われ、特にすることも無かったので「空いてますよ」と答えました。
そしたら中に入ってきて鍵を閉めました。

初めはなんか大事な話でもあるのかなと思っていました。
しかし先輩はシャツをめくってお腹をジロジロと見てきました。
「いきなりなんですか」とシャツを直しました。

そこからです。。。A先輩がいきなりキスをしてきたのです。
僕はビックリして突き飛ばしました。
僕は身長が大きいわけでもないし力はあまりありませんでした。
そしたらB先輩が「女の子に暴力なんて最低」と言いながら下半身の股間部分を触ってきたのです。

僕はその時ビックリして声も出せませんでした。
そして、A先輩が立ち上がり「暴力した借り返させてもらうよ?」と笑っていました。
僕は何をされるか大体見当がつきました。

不幸なことにその部室の鍵は僕が所持していて顧問が締めに来るわけでもなく、誰もたすけにきてくれないのです。
服を脱がされていたので逃げるのも無理。
なのでもう言われる通りに従いました。

A先輩が「股開け」と言ってきて、さすがに恥ずかしくて首を横に振りました。
そしたら半ば強引に開かされ股間部分を触ってきたのです。
僕はそうゆう事もまだした事がなく、初めてでした。

皮を剥かれて「痛い」と言ったら「痛いの?」と言いながら舐めてきました。
僕はそこで少し感じてしまい「ん…///」と声を出してしまいました。
そしたらB先輩が「A、そうた感じてるよ」と言い、A先輩が「もっと激しくしちゃおっか」と言って押し倒してきました。

B先輩が手を抑えて顔の上にB先輩の下半身を擦り付けて来ました。
一方A先輩はずっと股間部分を咥えて上下に動かしていました。
僕は「んん…///」と言い、部活終わりで疲れていたのもあり抵抗してませんでした。

そしたら先輩達は「もっとして欲しいの?」と勘違いして動きはとても激しくなりました。
A先輩が僕のモノを咥えるのを辞めて服を脱ぎました。
そしたら僕のモノをA先輩の股間部分に入れたのです。

A先輩も声を我慢できなくなったのでしょう。
「あぁん、気持ちぃこれ」と言い、激しく動き始めました。
B先輩はそれを見ながら自分のモノを弄っているのです。

僕は何かが出てしまいそうになり、A先輩に「おしっこ出ます」と言いました。
そしたらA先輩は抜いて、手で動かし始めました。
そしたら白い液体が出てきました。

A先輩は「おしっこじゃなくてこれ精子」と言いました。
B先輩は出た精子を舐め始めました。
僕は恥ずかしさに耐えられず、無理矢理体を起こして「そろそろ帰ります」と伝え、着替え始めました。

B先輩が「まだ帰らせないよ」と言い放つと、着替えを奪いました。
僕の身長ではそこに届かずに、もう諦めるしかありませんでした。
A先輩がまた上に乗って入れ始めました。

A先輩は2分位経った時、「イク」と言い動きを止めました。
A先輩が「Bもしてみなよ」と言い次はB先輩が同じことをしてきました。
大体それが1時間続き僕は疲れて寝てしまいました。

起きると先輩達はいなくて、着替えが頭のところに置いてありました。
着替えて帰ると先輩達からインスタでメッセージが来ていました。
「またしようね」と来ていて、僕はなんて返事すればいいか分からずにその日は未読スルーしました。

次の日に「もうしたくありません」と連絡すると既読スルーされ、その日からは特に何もありませんでした。

コメントを書く