飲み会の翌日、起きたら穴までワカメまみれの女が隣で寝てた・・・・・

閲覧数: 3,253 PV

※この体験談は約 2 分で読めます。

会社の皆と飲み会。
翌朝、俺の横には事務の娘が全裸で寝てた。
俺も全裸だった。

そんな事よりもだ、それ以上に問題点があった。
大量の乾燥ワカメが、水で戻した状態で2人の全身に張り付いてた。
事務の娘の穴(2ヶ所)には大量のワカメが入ってた。
俺の後ろの穴にもワカメが・・・。

ケツが痛い。
とりあえず、俺達は何をしたんだ?
昨夜の記憶が無い。
うわぁぁ!まずいぞコレ!!
何故にワカメまみれのウンコが出るんだ?

俺が問題視してんのはだ。
水に戻したワカメを彼女が俺の穴に入れたのか?
俺が自分で入れたのか?
水に戻してから入れたのか?
このワカメはどっから持って来たんだ?
問題山積みじゃねーかぁ!

1.朝起きたら隣に事務の娘が全裸で寝ていた。
2.二人ともワカメまみれだった。
3.娘の両方の穴はおろか、俺の後ろの穴もワカメまみれだった。
こんな状況。

お互い記憶はなかったので状況が掴めなかったけど、やることはやってたみたいなんで、結局付き合うことにした。
その日の夜も、一緒にワカメを掃除しながらやりまくったし、意外にいい子だった。


んで、付き合って1ヶ月ちょい。
クリスマスイブの日、俺の部屋で過ごしたんだけど、色々話しているうちにワカメ事件の事が話題にあがった。

俺「まさかお前とイブを過ごすなんて、2ヶ月前は考えられなかったなw」
娘「そうだね」
俺「まぁあんな事件あったしなw」
娘「ワカメがキューピットなんてねw」

俺「それにしても未だに信じられないな」
娘「ビックリしたよ。しかも全部入れるなんて」
俺「・・・?全部入れる?」
娘「・・・」

問い詰めるとすぐに白状した。
娘は元々、俺に好意を抱いていたみたい。
それで飲み会の時に計画を練った。

まず、俺に飲ませまくる→俺泥酔→娘が介抱ついでにお持ち帰られ→既成事実、というありきたりなもの。
んでアッサリ成功。

そして問題のワカメ事件の全貌なんだが。
1.計画通りに俺泥酔。
2.娘、介抱ついでに一緒に帰る。
3.途中のコンビニで飲み物+増えるワカメ購入。
(※娘は朝ご飯にワカメの味噌汁を作る予定だったらしい)
4.計画通りに俺、娘を襲う。
5.やった後、風呂に入ろうとする。

そこで俺、あるもの発見。
6.あるものとはもちろん、増えるワカメ。
7.俺、「入浴剤~」と言いながらワカメを全て浴槽に投入。
8.お湯の為、物凄い勢いで増えるワカメ。
9.驚いて浴槽から取り出そうとする娘。

しかしそこには俺の魔の手が・・・。
10.俺、ワカメプレイを散々楽しんだ後、風呂から出て勝手に爆睡。
11.娘、頭にきて俺のアナルにワカメを詰め込む悪戯を実行。
12.しかし、あまりに詰め過ぎて焦る。
13.翌朝、俺が記憶が無いのをいいことに自分も記憶ないことに・・・。
だった。

ちなみにワカメプレイは、娘の身体に貼り付けて一枚ずつ剥いでいくとか、「でっかい陰毛!」とかだったみたい。
泣きながら白状する娘に俺は、(よく嫌いにならなかったな)と逆に思った。
結局、そのまま付き合ってる。

コメントを書く