後悔しかない彼女との初エッチ未遂・・・・・

閲覧数: 2,509 PV

※この体験談は約 2 分で読めます。

当時おれ二十歳 彼女二十歳(スペック上の下、坂井真紀をちっちゃく可愛くした感じ。
胸はおれとほとんど変わらないくらい…兵庫出身だが親元を離れ祖父母宅のある九州南部の短大へきていた)

友達の紹介で付き合い出し5ヶ月くらいたった冬の日、初めてのお泊まりだった。
初めての彼女でもちろん経験もなかったおれだったがこの日にそういう関係になるだろうと何となく予感はしていた。

うちには布団は1セットしか無く自然と一緒に寝ることになり、そりゃ二十歳の若いカップルです。
一度チューをすると止まらなくなっちゃうわけです。
浅いのから深いのまで、時には耳やら首やら童貞なりに本能のままに攻めてみるとくすぐったがりながらも反応しだしました。

胸に手を伸ばし服の上から揉んでみると !?
いつもと違う感触が!なんと彼女はノーブラでした。
彼女もやる気満々だったんだと、女性への気遣いの出来なかった当時の僕はストレートに聞いてしまいました。

『痛いから寝るときはいつもつけてへんねん…』本当かどうかはわかりませんが恥じらいながら答える彼女に興奮は高まります。
大きさは僕と変わらないもののやはり柔らかく心地いい感触だ。

Tシャツを脱がし乳首を攻め始める。童貞の為緩急をつけるという事はもちろん知らずとにかく激しく舐め続ける。
おれの執拗な攻めに時折体にグッと力が入りだし、『ンッ』と声も漏れ出した。
このままでもいっちゃうんじゃ と思うくらいの興奮状態のおれ。

童貞でビデオなんかもあまり見たこともなく、エッチの流れも知らない。
処女相手なら本当ならこっから指を入れ、穴を慣らして濡れ具合を確認し、挿入すればスムーズな流れなんだろうが、当時のおれには知識も余裕もなかった。

『入れていい?』と聞くと『…うん』と恥ずかしそうに答えてくれた。
お互い裸になり正常位の体勢になる。
ついに挿入かと思いきや、穴がよくわからない…
『…どこにいれればいいの?』と聞くと顔を隠しながら泣きそうな声で『えーわからへん…』と答える。

多分ここだろうなとうっすらと湿った小さな割れ目を指で確認し、息子を押し当てる。
いよいよ卒業かぁと考えながらグッと腰を前に動かした瞬間
『…いたぁい』と更に泣きそうな声で言う彼女。
『大丈夫?』と声を掛け入口付近で一旦動きを止める。

『…あかん、すっごい痛いねん…』
かなり苦痛のようなので、ここは紳士的に頭をなでながら横に寝っ転がる。
『大丈夫?今日はやめとこっか?』と話すと、『ごめんなぁ』と泣き出す彼女。
ま、まだ先は長いしとその時はそこまでで寝ることに。

そのまま裸で寝ていたが、夜中に目が覚め、隣で寝てる彼女を見るとすっごく可愛く感じ、チューをした。彼女も目が覚めたのか応えてくる。

再びスイッチが入り、息子も臨戦態勢に。
ここで再び挿入を試みるがやはり痛さのあまり先っぽしか入れることが出来ず。
その日の出来事が原因かはわからないがクリスマス前に別れ、二度とそういう機会は訪れなかった…

あの時、変に紳士ぶらずに痛いの最初だけだから!我慢してねとズブリと入れとけば可愛い彼女の最初を頂けたのに…アンアン言う顔、見たかったなぁ…

コメントを書く