【ビッチ】入院先で看護師に溜まってると言ったら・・・・・

閲覧数: 5,272 PV

※この体験談は約 2 分で読めます。

これは5年前に足の骨折で入院した時の事。
足の骨折以外悪いところは無かったので、溜まって溜まってどうしようか悩んでいた。

ちょうど当時同い年で仲良くなった看護婦A美が部屋の見回りに来て、「何か困ってることはない?」って聞いてきたので、「溜まってしょうがない!」とふざけて言うと、「じゃあ今夜、エッチな本を持ってきてあげるね」と言って部屋を出て行った。

夜も深まり12時を過ぎた頃、Aが車椅子を持って現れた。
「夜のお散歩に行きましょう」
そう言って、俺を車椅子に乗せて部屋から連れ出した!

着いた先はみんなの部屋から離れた空き室だった。
部屋に入りベッドに俺を移すとA美は、「ココなら思う存分抜けるでしょ?」と言いながら俺のズボンを下ろし始めた。

俺「エロ本は?」
A美「あたしじゃ、ダメ?」
そう言って、いきなりフェラチオを始めた。

A美のフェラがあまりにも気持ちいいのと、溜まっているせいで、すぐに射精感に襲われた。
俺「ごめん、もう出そう」
A美「口にいっぱい出していいよ」
そのまま口内発射してしまった。


A美は俺の精液を飲み干すと、「私のも舐めて」と言ってショーツを脱ぎ、俺の顔に跨がってきた!
A美のオマンコはすでに濡れていて、俺が舐め始めると、「あんっ、気持ちいい!」と言いながらまた俺のチンポを咥え始めた。

しばらくするとA美が、「入れるね!」と言って俺のチンポをオマンコに押し当て、ゆっくりとオマンコの中に咥え始めた。
完全に入りきると自分から腰を動かして、「気持ちいい!奥まで入ってる!」と言いながら感じているようだった。

A美のオマンコはとても締りがよく、俺のチンポにまとわりついてきた。
2回目なのに、またすぐにイキそうになった。
我慢できそうになかったので、「A美、俺また出ちゃうよ」と言うと、A美は「一緒にいこう」と言いながら腰の動きを激しくしてきた。

俺「ゴム、つけてないよ」
A美「中でいいよ!中にいっぱい出して!」
A美がイクのと同時にA美のオマンコに精液を送り込んだ。

出しきった後、A美は俺のチンポを綺麗に舐めてくれた。
A美の舐め方がとても気持ちよくて、また勃起してしまったら、「もう一回しようよ!」と言ってきた。

今度こそ俺が主導権を取りたかったが、ギブスのせいで正常位は無理。
だから立ちバックにすることにした。
A美を後ろから突き始めると、また違った締め付け感があり、またすぐに精液を放出してしまった。

俺はまだまだやりたかったので、「もう一回ダメ?」と聞くと、「いいよ、もっとして!」と言う。
A美をベッド端に横に寝させ、俺は立ったままでオマンコに入れることにした。

A美の足を俺の肩にかけて腰を動かし始めると、その体位がA美はメチャ感じるらしく、途中で何度もイッていた。
俺も3度目の射精を終え、チンポを抜いてA美のオマンコを眺めていると、3回分の精液が割れ目から溢れ出してきた。

A美「出てきちゃった!おちんちんで栓をして!」
言われるまま、俺はチンポで栓をした。
もちろんこの後は、言うまでもなく4回戦、5回戦と続いた。

気がつけば外は結構明るくなっていて、ナースステーションでは居なくなった俺を探し始める寸前だった。
A美とは退院した今でも中出しセックスを楽しんでいます。

コメントを書く