合宿で夜這いをかけてきたブサデブ君に処女を奪われて中出しされた・・・・・

閲覧数: 2,859 PV

※この体験談は約 2 分で読めます。

ある日私の入っている駅伝部で、2泊3日の合宿をすることになりました。
宿泊先は、ちょっとボロい民宿で、部屋には鍵もありませんでした。
私は女子1人だったので、他の人たちは3人で1つの部屋を使っていたけど、私は1人で部屋を使うことになりました。

夜、顧問が「寝る時間だー。早く寝ろー。他の部屋とか行くなよー。明日は4時半起床だからなー」と言い回っていたので、私も布団を敷いて寝ていました。
すると30分ぐらい経った頃、部屋のドアが キキィ……と開きました。

その民宿はボロすぎて、廊下に電気がなかったので、誰が来たのか分かりませんでした。
もしかしたら顧問かもしれないと思ったので、私はとっさに寝たふりをしました。
すると、ドアを開けた人が私の枕元まで来て、「1人で寂しくない?」と囁きました。

私はとっさにIくんだと分かって「寂しすぎるよぉ。I、一緒に寝てぇ」と、冗談を言いました。
するとIくんが「いいよ」と言って私の布団に入って来ました。
予想外の展開に私は混乱してました。

するとIくんは私の方を向き、抱きしめてきました。
「俺、前からS(私の名字)のことが好きだったんだ。付き合ってくれませんか?」と言われました。
私はとても悩みました。
今まで彼氏なんていなかったし、丁度彼氏が欲しいな~と思っていたからです。

でもIくんはちょっと太ってて、顔も不細工でした。
もし付き合ってることがみんなにバレたら、ドン引きされるだろうなぁ……とか思ってましたが、Iくんは本気みたいだし、性格はとてもいい奴だったのでOKしました。

するといきなり彼が私にディープキスをしてきました。
私はとりあえず受け入れました。
するとIくんはジャージの上から私のおっぱいを揉んできました。
そしてIくんは私のジャージを脱がし、生で私のおっぱいを揉んできました。

例え相手が不細工なIくんでも、おっぱいを揉まれたのは初めてだったので、とても感じて思わず喘いでしまいました。
するとIくんが立ち上がり、服を脱ぎ始めました。
気が付くと、Iくんは全裸になっていました。

私はどうしていいか分からず、硬直していました。
すると彼が私のズボンとパンティーを下げてきました。
そして私の上に乗っかってきました。
そして、そのまま挿入されて、暫くのピストンの後、中出しされちゃいました。

私は濡れまくりでした。
こうして初体験は中出しで終わりました。
その後、Iくんとはなんだかんだですぐ別れちゃいました。
初めてがIくんでちょっぴり残念だったけど、その日からセックスが大好きになって今はすっかり出会い系で気の合う男性をつかまえてはセックスしまくってます^^

明日は15歳年上のサラリーマンと会う予定♪
気持ちよくしてくれたらいいな~

コメントを書く