コスプレイヤーの服屋の店員に撮影を頼まれて・・・・・

閲覧数: 1,352 PV

※この体験談は約 4 分で読めます。

オレのちょっとした友人の中に、小さな服屋の店員がいる。
カナというその女は25歳と若いながらにして自分の店を持っていた。
その服屋はいわばコスプレ衣装を売っているところで、若い女の子たちがこぞって買いに来ている。

オレはそんな趣味もないのだが、暇そうにしているときに顔を出すくらいはしていた。
カナはコスプレイヤーとしてはこの近隣で少々顔を広げているらしい。
オレは全く気にもしていなかったが、確かにコスプレをしているカナは可愛いしややエロい。

そんなカナの店に行くと、開いているはずと思っていたのにクローズになっている。
窓からのぞくと、カナは段ボールから商品の衣装を見ていた。
そこで覗いていたオレに気づく。
オレは手を振ると、カナもまた手を振って扉を開けてくれた。

「ちょうどいいところにー!」
カナはオレを迎え入れるように店に入れてくれた。
どうやら今日はオープン時間を遅らせて、新しく来た衣装の試着をするらしい。

「SNSに載せるから、撮ってほしいんだけど…」
カナがオレにちょうどいいところにと言ったのは、これを頼みたかったかららしい。
オレも時間はあるし、撮影に協力することにした。

カナは店のカーテンを閉めて、撮影の準備に入る。
背景をオシャレなリビング風にして、いかにもナチュラルな感じにしていた。
しかし更衣室から出てきたカナの姿は、まさかのミニスカナースの格好。
コスプレイヤーはこういう服が好きなのだろうが、なぜじゃあリビング風?と思うオレ。

ソファーに座ってポーズをとるカナ。
その姿は男のオレにとってはちょっとエロい。
太ももは完全にバッチリ見えているし、正直パンティーも見えていた。

薄いピンクの見せても良いやつなのかもしれないが、結局はオレのペニスを固くしていくことになる。
カナのスマホで何枚かとった後、カナはまた試着室で着替えてくる。
今度はゲームのキャラなのか、何とも露出の高いチャイナドレス姿。

スリットのある隙間からは、太ももどころかお尻も半分出ている状態である。
さらにピンクのパンティーはさらにオレの目に大胆に映っていた。
しかも胸は谷間をバッチリと出して肩を出し、いつでもポロリしそうな状態である。

またソファーに座ってポーズをとるカナ。
これがまたセクシーな格好をするものだから、オレは写真を取りながら完全に興奮状態になってしまった。

チャイナドレスもカナの納得のいくショットが取れると、今日はここで終わりにするらしい。
「じゃあ、着替えてくるね」
そう言うと、オレは衝動でカナの手を取って無理やりソファーに戻した。
驚きながらオレを見つめるカナ。

オレはそんなカナのドレスをずらして、胸を露にした。
そしてブラをしていないその無防備でキレイな胸を、オレは揉みながら乳首を吸う。
「ハァぁん…!こ、こら…ふざけないで…!」
カナはもがきながらオレの体を放そうとする。
しかしオレはソファーに強引に寝かせたカナの、薄ピンクのパンティーの上からマンスジを愛撫した。

カナは顔を赤くしながらオレの手を押さえる。
しかしオレはその手をパンティーの中へと侵入させていった。
「ハァァァん…!ダメ…そんなぁぁ…!!」
カナはオレの指がクリトリスを優しく撫でていることに気づく。
そして同時に体を反応させて、体を熱くしていった。

乳首を舌で転がされながらのクリトリス愛撫。
カナは声を我慢できずについ喘ぎをオレに聞かせてしまう。
「ハァァァ、あぁぁん…やめぇて…あぁぁっぁ…!」
カナは足を閉じようとしても、オレの足が太ももに絡んでいるためにどうしても閉じれない。
カナの恥ずかしいスポットはがら空きとなっており、オレの指に良いようにされていた。

さらにオレは乳首を舐めていた舌を、クリトリスに持っていく。
クンニを始めると、もうカナは羞恥の渦にまきこまれて、体を反らすほどに感じまくっていた。
ヴァギナはこれ以上ないくらいに濡れてしまい、もう感度もマックスになっているところにGスポットも責める。
腰を浮かせながら吐息を乱すカナは、そのまま絶頂を迎えることになった。

「やぁぁぁん…!!も、もうやめ…!!あ、ハァっぁあん…イッちゃう…!」
カナは激しい喘ぎと共に、オレのクンニでクリトリスを快楽の先端まで持っていかれる。
乱れた呼吸でソファーに横たわるカナ。

淫らなチャイナドレス姿で、カーテンで周りには見られていないことを良いことに、胸と恥部を露にしていた。
ここでオレのペニスが黙っているわけがない。
パンツを脱いでガッチガチの肉棒を表に出すと、オレはカナのクリトリスをいじりながら口の目の前に持っていく。

カナはクリトリスがまだ敏感になっているので、再び悶えてしまう。
「ダメェぇ…まだ、…!!あぁぁ!」
「じゃあ、フェラして」
「はぁぁあん…!わ、分かったからぁぁ…!」

カナはオレのクリトリスイジメに降伏し、オレの肉棒を咥えてフェラをした。
エロい姿のカナがこんなにイヤラシくオレのペニスをしゃぶっている。
それを見ているだけでも、肉棒はさらにたぎって青筋を立ててきた。

「んん…なんかさっきよりも固い…」
オレの肉棒は強度を増して、カナの口の中で唾液絡まれている。
その感触はオレの理性をも飛ばしてしまった。レはフェラが気持ちいいところからの、さらに背徳感と支配欲により、カナのヴァギナに肉棒を挿入する。

「あ、アッぁぁ…!ダメ…あハァァぁん…!」
カナはオレの肉棒を完全に中に挿れられてしまうと、もうオレに体を委ねてしまう。
胸を揺らしながらオレの肉棒を味わって、正にオンナの艶っぽいエロさをオレに見せていた。

ペニスは興奮度を上昇させて、もう昇天は近いところにある。
カナもまた、イッタばかりなのに再び絶頂を目の前にしていた。
「ハァぁん…!イ、イッちゃう…ア、アァぁぁ…またイク…!」
そう言いながら、カナはオレに二度目の昇天をさせられてしまった。
そしてオレもまた、躍動した精子を中に放出する。

お互いに吐息を乱してソファーで抱き合っていた。
カナもコスプレでのエッチにハマったのか、時にオレを店に呼び出すようになる。

コメントを書く