カフェで堂々とエロ画像を見てた大学生男子を逆ナンパして・・・・・

閲覧数: 1,248 PV

※この体験談は約 3 分で読めます。

仕事帰りにカフェによった。
隣の席で、大学生くらいのかわいい男の子がスマートフォンをいじっている。
あまりに真剣に画面を見つめているので、なにを見ているのか気になった。

で、のぞいてみた。エッチな画像だった。
かわいい顔して、こんなところで裸のオンナを見ているなんて大胆だ。
ついつい、股間を確認してしまった。
ジーンズをはいているが、膨れていて、オチンチンが勃っているのが分かる。

「ねぇ、お姉さんと遊びに行かない」

自然と声をかけてしまった。
20代も後半になったとはいえ、容姿にはそれなりに自信がある。
大人の色気も出てきているはずだ。

「は、はい……」

どきまぎしながらも、男の子はうなずいた。
ちょっとキョドっているところが、またかわいい。2人で店を出た。

「さっき、エッチなやつ見てたよね」
歩きながら耳元でそう告げると、男の子は顔を真っ赤にした。

「恥ずかしがらなくていいよ。男の子だもんね」
手を握って誘導し、近くにあるラブホテルに入った。
男の子はうつむいて恥ずかしそうにしながらも、素直についてきた。

部屋に入ると、男の子は緊張からかカラダを硬直させていた。
「名前は?」
「純也です」
「じゃあ、純也くん。私のオマンコ舐めて」

私が自分でスカートをまくり上げると、純也くんは震える手でパンティをおろしてくれた。
そして、股間に顔を近づける。舌を出す。舌がオマンコに触れた瞬間、

「あぁんっ」と私はいきなり声をもらしてしまった。
実は私だって、こんな急な展開に興奮しているのだ。
アソコがすでに濡れているのも、自覚している。

「純也くん、激しくやって」
純也くんはクリトリスを、ジュルッジュルッと吸った。
「やぁっ、はぁっ」と激しく感じた私は、ヒザの力が抜け、くずれ落ちそうになった。

純也くんは、私を優しくベッドに移動させ、仰向けに寝かせてくれた。
ベッドで股を広げた私は、純也くんの愛撫に感じまくった。
いじったり吸ったり、オマンコを集中的に刺激され、息つく暇もないほど喘いだ。

「お姉さん、僕のも舐めて」
純也くんがペニスを出した。
私はフェラが好きではない。
でも、私を見つめる純也くんの懇願するような顔と、意外に大きいペニスを見て、私はすぐにくわえた。

顔を上下に動かし始めると、「気持ちいいです」と純也くんは小さな声で言った。
挿れほしくて挿れてほしくて、しかたなかった。
フェラを5分ほどした後、「ねぇ、オチンチンちょうだい」と自分でも恥ずかしくなる卑猥なことを言ってしまった。

純也くんはコンドームを着けようとした。
私はそれを止めて「生でして」と言い、純也くんを仰向けにした。
上にまたがり、ぎんぎんに勃起したペニスをオマンコに導いた。

「はぁんっ、すごいっ、おっきいよっ」
「お姉さんの中も気持ちいい」と言って、純也くんは目をつむった。

くねくねと、前後に腰を動かした。
もっと気持ちよくなりたい、もっと、もっと、と次第に腰を動かすスピードを速めた。
こんなに私は激しく動けるのか、こんなにもイヤらしいオンナになれるのか、と自分で驚いた。

感じている純也くんの顔がかわいかった。腰の動きをいったん止め、キスをする。激しく応じてくる純也くんのペニスが、膣の中でピクピク動いている。

「今度は僕が上になりたい」
とキスを終えると純也くんは言った。
正常位になったときの純也くんはケモノだった。
今まで体験したことのないスピードとパワーで私の膣の奥を着き続けた。

「あっ、はっ、あぁっ、やばいっ」
と私は昇天しっぱなしだった。乱れに乱れた。
このまま一生セックスしていたいと思った。

私の中で射精した純也くんは、ぐったりとしながらも私を抱きしめた。
「中に出さないでよ……」と思いつつ、私は純也くんにキスをねだった。

コメントを書く