ライブで逆ナンしてきたロック系女子に公園で膣内にぶちまけた・・・・・

閲覧数: 1,361 PV

※この体験談は約 4 分で読めます。

オレが若いころはバンドのコンサートによく言っていた。
人気のバンドマンが来たときには友人とチケットを取って、盛り上がっていたものである。
その時に、会場で席が隣の女二人組に逆ナンされたことがあった。
年齢的には彼女らの方がちょっと上だった。
それもあってオレ達みたいな男は声がかけやすかったのだろう。

二人の女たちは共に24歳で、いかにもバンドが好きというような格好をしている。
得にオレに食いつきが良かった方は、ナミと言って胸の谷間もバッチリ見えるしスカートもミニった。
とりあえずバンドのコンサートが終わると、四人で適応な居酒屋で飲むことに。
イケイケな女二人組は結構な勢いで飲んでいて、良い感じで酔っているように思えた。

もちろんオレ達も楽しい時間だったので、それなりにビールを飲んでいたものである。
おかげでトイレが近い。
その居酒屋でオレが5回目くらいのトイレに行った帰りだった。
たまたま女子トイレからもナミが出てくる。

「結構飲んでるね、ちょっと風に当たりに行こうよ」
ナミがやや強引にオレの手を引いて外に連れ出した。
友達たちは良いのかと思っていたが、オレも酔っていたのでノリで外に出てしまう。

そこで誰もいないような夜の公園に辿りつくと、ベンチに座ってナミが話しかけてきた。
「せっかく出会ったんだし、ちょっとイイことしよっか…」
静かな空間の中で、ナミは突然オレにキスをしてきた。
完全に酔っているなと思いながらも、同時に股間もまさぐられていたので悪い気はしない。

簡単に勃起をしてしまったオレは、ナミにパンツを下げられて、すぐにペニスを露にしてしまう。
「若いからすぐに固くなっちゃうね…」
そう言いながら、オレの肉棒をおもむろに舐めはじめてフェラが始まった。
オレは完全になすがままの状態で、とにかく股間が著しく気持ちいいという現状だけがある。


さすが、ロックバンドファンの女のフェラもまた激しいものと思いながら、オレは我慢汁を止めることはできずに、とにかく気持ちよくなっていた。
夜の公園にナミの唾液と肉棒による接触の音が流れている。
その音がまたオレを興奮させてしまい、瞬く間に肉棒がうなりを上げてきてしまった。

「良い感じのおチンチンになってきているよ…」
ナミのフェラがさらにパワーアップして、オレの発射のカウントダウンが始まる。
ナミはオレのタマも手で揉みほぐしながら、性感を上げにかかってきた。

そしてオレはそのままナミの口の中に射精してしまったのである。
勢いよく飛び出てきた精子は、ナミの口の中に吸い込まれて行き。
全てが飲みこまれて行った。

「いっぱい出しちゃったね…気持ち良かった…?」
オレは首を縦に振ると、ナミは自分の服をまくりあげて、オレの前に胸を出してくる。
さっきまでは谷間しか見えなかったナミの豊満な胸が、今全貌を表した状態である。

形がキレイでふっくらとしたその胸は、オレが揉んでみると、かなり柔らかい感触で弾かれるような弾力である。
そんな張りのある胸の先端に舌を当てて舐めるオレ。
一瞬体をピクッとさせた後に、淫らな声が出てきた。

「ハァぁん…!あ、あんん…」
さっきまで激しくフェラをしていたナミが、オレの乳首しゃぶりでか弱い女に変わってしまう。
オレは同時にナミのスカートの中に手を忍ばせて、その割れ目を優しく摩っていた。

「はっぁあん…あぁぁ、あはんん…」
ナミの体がクネクネと反応を始める、意外にもかなり敏感な体をしているようだ。
オレは調子に乗ってしまい、ナミのパンティーを強引に脱がせて、ベンチの上で足を広げる。

夜の暗いところでも、電灯があるおかげでナミの恥ずかしいヴァギナやクリトリスが丸見えになっていた。
「ヤァん…そんなに見ないで…恥ずかしい…」
ナミは自分の恥部を隠そうとするが、オレがその手を避けてクリトリスにクンニをする。
乳首を舐めたとき以上の激しい身体の反応が見られた。

「あぁっぁ…!あハァぁん…!ダメェ…やぁぁん…!」
あの勢いのあったナミが、今完全にオレのクンニに体を支配されている。
誰かに聞こえてしまうかもしれない公園の中で、イヤラシイ声で股間を熱くしていた。

愛液が染みだしては股間周りを濡らしていくナミ。
オレはヴァギナの中にも舌を入れるようにねじ込むようなフェラをすると、ナミは今にもベンチから落ちそうになるくらいのよじれを見せてきた。

その姿がまたエロくてオレのペニスを刺激する。
さっきイッタばかりなのに、もう固さが復活してしまった。
クリトリスのクンニを続けていると、ナミは腰を浮かせて来てもう絶頂に向かっていることが分かる。

「ひゃぁぁん…!気持ちいい…アァっぁん…あふん…」
ナミのイヤラシイ喘ぎ声が、オレの肉棒を誘っているように思えた。
そこでクンニをストップして、ガチガチとなってしまったペニスをナミのヴァギナに挿入することに。

かなりほぐされて柔らかくなっていたナミのヴァギナに、ニュルっと言わせながらオレの肉棒が侵入していく。
ナミは声がもっと出てしまいそうなのを分かっていたのだろう。
自分で口を押えながらオレのピストンを受けてしまっていた。

「ハァァぁ…あん、あんん…!ハァぁあ…!んん…」
ナミはもうただただオレの肉棒に支配されて、絶頂へと向かうしかない。
声を我慢することはもう不可能に近いだろう。

がっちりとペニスを咥えこんだヴァギナは、もうオレを放すことは無い。
そのせいで、オレのピストンを受けまくってしまい、ナミは絶頂に達してしまった。
「はあっぁぁん…!イク…!イッちゃう…!!」
ナミの体が完全に燃焼してしまった。
そしてオレもまたナミの中に二度目の射精をしてしまうことに。

その後は公園で抱き合っていたが、居酒屋に戻ると、ナミの友人の方はニヤニヤとしていたのである。
隙あらばそのつもりだったのだろう。
オレの友人はトイレから戻らないオレ達に不信感を募ってはいるが。

コメントを書く